じゅん☆ブログ

2009年10月の記事一覧
2009/10/04
日の出林道の入渓ポイント
斜里町(しゃりちょう)のオショバオマブ川流域に温泉が湧いているとの情報を入手し、何度か現地へ赴いたり机上で調べたりしていたのですが、このほど何とかまとめるコトができたので記事として紹介したいと思います。資料によるとその温泉は
オショバオマブ川の河口から上流へ4キロメートルほど行ったところにあるらしいです。今回は一番入渓が容易と思われる写真の場所から探索してみるコトにしました。
いきなり滝が・・・!
先ほどの場所から藪を下って行くとオショバオマブ川の支流があります。数メートル進むといきなり落差3メートルほどの小滝がありました。ちょっとダイレクトに降りるのは危険が危ないとのコトなので、かなり高巻いて滝をかわしました。この先に何が待っているのか心配ですね・・・。
続く小滝
その後も小さな落ち込みが何ヶ所かあるのですが、横からかわすコトができました。水量の少ない川なので長靴でも大丈夫な感じなのですが、この川床はずいぶんとツルツルして滑ります。転倒すると精神的ダメージが大きいので慎重に進んで行きました。
合流地点
約1キロメートルほど進むとオショバオマブ川本流との合流地点へ到着しました。左奥の沢が先ほど通ってきたところです。ココは河口から約3キロメートルの地点なので、右奥にある本流の上流へと進んで行きました。スローペースなのでココまで50分ほどかかっています。
謎の湯流れ
本流へ入るとかなり歩きやすくなりました。先ほどの合流部から30分ほど進むと右岸にある丘の上から何やら怪しい流れが・・・。触ってみるとぬるい感じです。そして何やら微妙に硫化水素臭が漂ってきているような・・・。これは当たりだな♪
右岸岩壁の湧出孔
先ほどの湯流れは後に取っておいて、さらに川を遡ると右岸岩壁から白いモノが湧き出していました。触ってみるとやはりぬるい感じです。これはもう間違いなく温泉ですね。
木の根の湧出孔
その横にある木の根の下からも白い温泉が湧き出していました。よく観察してみると白だけではなく緑やピンクになっている部分もあります。先ほどの湯流れの元を探索するためにこの丘の上へ登ってみるコトにしました。
謎の広場
丘の上へ頑張って登ってみると、その部分だけ何故か藪の茂っていない広場のような一角がありました。奥に小さい池のようなモノがあってそこから湯流れが続いています。この光景は何だかとても神秘的で驚きました! 周囲の硫化水素臭も一層強くなっています。
河岸段丘の湧出孔
こちらが源泉湧出孔です。やはり自然湧出している温泉というのは見ていてワクワクしますね。どうしてこんな場所で温泉が湧いているのでしょう?
湯温計測
湧出部分を観察していると、時折ブクブクと温泉が湧き出してきています。その部分で湯温を計ってみると38℃となっていました。先ほどの岩壁から湧出している温泉よりも湯温が高い感じです。泉質はおそらく食塩硫化水素泉で、資料によるとpH値8.0の弱アルカリ性な泉質とのコトでした。湯中の白いユラユラが特徴的ですね。
入浴♪
源泉湧出孔部分は池状になっているのですが、極めて浅いので本格的に入浴するとなると工夫が必要なようです。現状では入浴に適さない感じでしたが、ボクは湯流れ部分で尻湯をしてみました。実際はほとんど浸かっていない感じなのですが、ボクはもう、これをやらないと気が済まないのです(笑) 時期的に虫が少なくて良かったのですが、ちょっと寒かったかもしれません。

●斜里町オタモイ温泉(しゃりちょうおたもいおんせん)
  場所 : 北海道斜里郡斜里町日の出 【地図】 【閲覧】
  料金 : 無料
  営業 : 24時間
  休み : 年中無休
  泉質 : 食塩硫化水素泉(弱アルカリ性低張性温泉)
  備考 : ヒグマ出没注意!
  感想 : ★★★☆☆

2009/10/02
ホテル ノーザンロッジ
上川町層雲峡(かみかわちょうそううんきょう)にある
「ホテル ノーザンロッジ」へ行ってきました。ココは層雲峡温泉街の一角にある洒落た民営国民宿舎です。建物内部は山小屋風な雰囲気で良い感じでした。
和室
今回は宿泊での利用です。建物の外観からすると洋室の方が合いそうですが、ボクは和室が好きなのでこちらの部屋にしてみました。テーブルの上に置いてあったお菓子と干し梅が美味しかったです。室内にはトイレ付きユニットバスの他、冷蔵庫やテレビ、扇風機といったモノが一通り揃っていました。なお、日帰り入浴はやっていないようなので日帰り入浴を希望の方は隣にある「黒岳の湯」を利用すると良いでしょう。
窓からの眺め
部屋の窓からの眺めもなかなかなモノで層雲峡の谷間にいるコトを実感できました。窓際に椅子があるのでゆったりと景色を見るコトができますね。このホテルでは自転車の貸し出しも行っているので、自転車を借りて滝などを散策しに行くのもオモシロそうです。黒岳ロープウェイもスグ近くにありました。
浴室
ボクはさっそくお風呂へとやってきました。浴室手前にはコインランドリーもあります。脱衣所で服を脱いで浴室へ入ると写真のような感じになっていました。キレイな浴室ですね。桶と椅子も整然と並んでいますが、これはボクが撮影のために並べたモノです(笑) 浴室へ入った途端、ほんのりと硫化水素臭が漂っていて気持ちの良い感じでした。
湯船
こちらが湯船です。奥に湯口があって湯中に直接源泉が注がれるようになっていました。入浴してみるとやわらかい感じの硫黄泉でとても落ち着く感じです。もちろん源泉かけ流しで脱衣所に掲示されていた温泉分析書によると、成分総計614ミリグラムの単純泉でpH値は6.5、源泉温度は48℃とのコトでした。お風呂は夜中でも入浴するコトができます。
夕食♪
お風呂へ入ってスッキリした後は夕食です。温泉も楽しみですが、やっぱり温泉宿に泊まって楽しみなのは夕食ですね。和食と洋食を選択できるのですがボクはやっぱり和食です。愛別産のきのこ鍋を中心としたお料理で、刺身サラダズワイガニの足など美味しそうなお料理が並べられました。食前酒をキューっと飲んでからこれらお料理をいただきます。ボクはキノコってちょっと苦手だったのですが、ココのきのこ鍋はとても美味しかったです。後からアンガス牛角切ステーキジャガバターも運ばれてきて、デザートにはボクの大好きなメロンも登場しました。
就寝♪
お腹もいっぱいになったので部屋へ戻ると布団が敷かれていました。さっそく一眠りさせていただきます。ココは夜中もお風呂に入るコトができるので、深夜に温泉でボーっとするコトができました。う~ん、布団が気持ちイイ~♪
朝食♪
翌朝の朝食です。朝食も和食か洋食を選択できるのですが、ボクはやはり和食です。シンプルな和食で美味しくいただきました。次回泊まる時はチーズフォンデュがメインの洋食コースにしてみたいです。

★ホテル ノーザンロッジ(ほてる のーざんろっじ)
 場所 : 北海道上川郡上川町層雲峡公園まち
 電話 : 01658-5-3231
 料金 : 日帰り入浴なし
 休業 : 年中無休
 宿泊 : 15:00-10:00
 泉質 : 単純泉(中性低張性高温泉)
 成分 : 成分総計615ミリグラム(Na-HCO3・SO4・Cl)
 泉源 : 自然湧出(白鳥の湯)
 備考 : シャンプー等あり・ドライヤーあり・貸自転車あり
 感想 : ★★★★☆