じゅん☆ブログ

2014年06月の記事一覧
2014/06/20
東モコト温泉 楠目温泉民宿
大空町東藻琴(おおぞらちょうひがしもこと)にある「くすめ温泉民宿」へ行ってきました。ココは町外れのちょっと分かりづらそうな場所にあります。中へ入ると
受付があるので入浴料金300円を支払って脱衣所へと向かいました。
脱衣所(その1)
こちらは男湯の脱衣所です。壁には料金表や温泉分析書が掲示されていました。窓の外には源泉施設が見えます。オモシロいのは手前の天井に設置されている水銀灯ですね。
脱衣所(その2)
強力な水銀灯が間接的に浴室を照らしていて、浴室内の照明を兼ねていました。浴室内には照明が無いのですが、この間接照明がなかなか良い味を出しています。それではスッポンポンになって浴室へ入ってみましょう。
浴室全景
浴室へ入りました。写真ではスッキリしていますが、実際は湯気が凄くて大変な撮影です。思っていたよりも広い浴室で先ほどの水銀灯により浴室内は微妙な明るさとなっていました。左右に洗い場があるのですが、シャンプー等は設置されていません。
豊富な湧出量
湯船から溢れ出たお湯がドバドバと床へ流れ出していました。この光景は見事ですね! 脱衣所に掲示されている温泉分析書によると、その湧出量は1分間に1000リットル(動力揚湯)にも及ぶとのコトでした。なかなか凄い湯量ですね!
入浴♪(その1)
さっそく入浴してみました。大きな湯船は湯温が43℃~45℃ほどとなっています。泉質は成分総計1,962ミリグラムの弱食塩泉でpH値は7.6となっていました。源泉温度は54.2℃ありますが、上手く湯温調節されているようです。湯船端にある岩の間から温泉が注がれていました。
入浴♪(その2)
こちらは小さい湯船です。大きい湯船から溢れてきた温泉が注がれるようになっていて、その湯温は38℃ほどとなっていました。ボクはこの湯船が気に入りましたね。ぬるめなのでのんびりとお湯を楽しむコトができました。
休憩所
あぁ、なかなか良いお湯でしたね。この辺りのお湯は結構興味深い感じがします。入浴後は休憩スペースがあるので、ジュースを飲みながらゆったりするコトができました。こんな場所にこんなに湯量豊富な温泉があるとは驚きでしたね。東藻琴にはちょうど6月中旬が見頃な芝桜公園があります。キレイな芝桜を見た後で温泉へ立ち寄るのも良いかもしれません。
ここからは追記となりますが、休業中で心配していた「くすめ温泉民宿」が廃業していたコトが判明しました。一年前の6月に入浴したのが最後となってしまい非常に残念です。また一つ良い温泉が静かに廃業してしまいました・・・。

★東藻琴温泉 くすめ温泉民宿(ひがしもことおんせん くすめおんせんみんしゅく)
 場所 : 北海道網走郡大空町東藻琴西区
 電話 : 0152-66-3800
 料金 : 300円
 営業 : 10:00-20:00
 休業 : 年中無休
 宿泊 : 不明
 泉質 : 弱食塩泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
 成分 : 成分総計1,962ミリグラム(Na-Cl)
 泉源 : No.138-001(源泉名記載無し)
 備考 : 平成25年11月28日をもって廃業
 感想 : ★★★★☆

2014/06/03
瀬石温泉(セセキ温泉)
羅臼町(らうすちょう)にある「セセキ温泉」へ久しぶりに行ってきました。セセキ温泉は羅臼町市街地から24キロメートルほどの場所にある野天風呂で、明治32年に堀内市太郎さんが発見したと言われています。
セセキ温泉の湯船A
セセキ温泉の湯船Aです。岩礁の中から涌き出した温泉が湯船に溜まっていました。スグ目の前に海が広がっていて、その先には北方領土が見えます。
セセキ温泉の湯船B
こちらはもう一つの湯船Bです。残念ながらゲロゲロ状態となっていて、ちょっと入浴は控えたい感じですね。満潮時は水没してしまう温泉なので、湯船の状態もその時々で変化します。
湯船Aと素晴らしい景色
今回は湯船Aへ入浴してみるコトにしました。セセキ温泉には脱衣所とか気の効いたモノは無いので、適当な場所でスッポンポンになって入浴します。風で脱いだ服が飛んでいってしまわないように注意しましょう。
湯温計測
入浴前に湯船の湯温を計ってみると40℃となっていました。セセキ温泉の源泉温度は71℃もあるそうです。
入浴♪(その1)
さっそく入浴してみました。この日は天気の良い日だったので気分が良いですね。泉質は成分総計5,291ミリグラムほどある食塩泉で、pH値は6.6ほどとのコトです。湯船とは別な源泉湧出孔のお湯を舐めてみたところ、微弱な塩味と鉄味を感じました。
スッポンポン♪
カラダが温まったら潮風に当たるのも良いかもしれません。ただし、この場所は駐車場から丸見えです。ときどき観光客が見物に来るので注意しましょう。
入浴♪(その2)
セセキ温泉には何度か入っていますが、今回が一番良い感じでした。知床は国立公園に指定されてから6月1日で50周年を迎えたのだそうです。この素晴らしい自然はいつまでも守っていかないといけませんね。

★瀬石温泉(せせきおんせん)
 場所 : 北海道目梨郡羅臼町瀬石
 料金 : 無料
 営業 : 干潮時
 休業 : 年中無休
 泉質 : 食塩泉(中性低張性高温泉)
 成分 : 成分総計5,291ミリグラム(Na-Cl)
 泉源 : 自然湧出
 備考 : 混浴・脱衣所無し・私有地
 感想 : ★★★★☆