じゅん☆ブログ

ドーミーイン帯広 2012.10.18
ツインルーム
帯広市(おびひろし)にある「天然温泉 白樺の湯 ドーミーイン帯広」へ行ってきました。JR帯広駅から徒歩3分ほどのところにあるシティーホテルです。今回はいろいろと探索した後だったので、ちょっと遅い時間にチェックインしました。写真は本日宿泊するツインルームです。室内には液晶テレビ(アダルト放送あり)加湿空気清浄機が設置されていました。
こちらは洗面台です。各種アメニティー類ドライヤーお茶セットフリーの冷蔵庫が備え付けられていました。背後には水洗トイレとシャワーブースがあります。館内着やタオルセット清潔なスリッパなども用意されていました。
夕食は済ませてあったのですが、21時半から23時まで「夜鳴きそば」のサービスがあるとのコトなので、ラウンジへやってきました。このブログでも何度か系列ホテルを紹介しているのですが、もうお馴染みのサービスですね。北見苫小牧のドーミーインでも同様のサービスを体験済みです。美味しくいただきました。
就寝♪
あれっ? いきなり寝ちゃうのかと思うかもしれませんが、もちろんココへ泊まったのは温泉があるからなのです。チェックイン後に大浴場へ行ってみましたが、ココの大浴場は混んでいるコトが多くて撮影するのはなかなか大変な感じと思われました。幸い夜通し入浴可能なので少し眠ってから深夜の大浴場へ行ってみましょう・・・。
時刻は午前4時20分、ようやく大浴場へとやってきました。実は午前3時に起きて大浴場へ行ってみたのですが、その時間でも入浴している人が居たのです。しかも、そんな時刻に3人も・・・。で、いったん部屋へ戻って出直してきたのでした(疲) 脱衣所にはドレッサールームやコインランドリーがあります。それではスッポンポンになって浴室へ入ってみましょう。
内湯(白樺の湯)
さすがにこの時刻だと誰も居ないですね。午前5時を過ぎると早起きな人が朝風呂を楽しみにやってきますから、さっさと撮影してしまいましょう。写真は内湯の湯舟です。浴槽が2つあって、左側の大きい方が温泉浴槽、右側の小さい湯船が水風呂となっていました。サウナもあるのですが、午前1時から5時までは休止となっています。
半露天風呂
こちらは露天風呂です。露天と言ってもほとんど壁と屋根で覆われていますが、内湯よりも撮影しやすいので助かりました。露天風呂のお湯は残念ながら温泉ではないのですが、よく見ると湯船に何か黄色いモノが浮かんでいますね。アヒルかな?(笑)
朝の果実湯(ゆず湯)
浮かんでいるモノの正体は「柚子」でした。ドーミーイン帯広では朝風呂にレモンや柚子といった果実を入れて、入浴客を楽しませているようです。う~ん、良い香りがしますねぇ~。
入浴♪
さっそく入浴してみました。温泉ではないお湯へ入浴している画像は貴重かもしれませんね(笑) しかし、このゆず湯はなかなか良い感じでしたよ。ヘタな塩素消毒温泉よりは遥かに心地良いでしょう。柑橘系な香りを楽しみながら朝風呂を楽しませていただきました。
温泉分析書
脱衣所に掲示してある温泉分析書です。共立メンテナンスグループの温泉ホテルではお馴染みの温泉分析書ですね。この温泉分析書やボクがワザワザ札幌の公共機関へ赴いて入手した資料によると、こちらの温泉(No.242-051)は成分総計1,105ミリグラムの含重曹食塩泉で、音更町(おとふけちょう)にある「健康ハウス木野温泉」からの運搬湯となっているようでした。運搬湯ですから当然、循環ろ過加温塩素消毒のお湯なのですが、嫌悪感を催すようなお湯ではないので安心して利用できると思います。桶にお湯を汲んでみると茶色い感じの、いわゆるモール泉でした。
朝食♪
翌朝の朝食です。朝食はバイキング形式となっていました。帯広らしく、豚丼のメニューもありました。朝から豚丼は効きますね(笑) さて、ドーミーイン帯広ですが、帯広駅からも近く繁華街も近いので、利便性の高いホテルだと思います。ただし、クルマで行く場合はちょっと注意が必要かもしれません。ココの隣に駐車場があったので、何の疑いも無しに入庫したら、ぜんぜん関係の無い駐車場でした。ドーミーイン帯広の駐車場は裏通りにあるので確認してからの入庫がオススメですね。混雑時は市営駐車場を案内されるので、ちょっと遠い感じでした。

★ドーミーイン帯広(どーみーいんおびひろ)
 場所 : 北海道帯広市西2条南9丁目11の1
 電話 : 0155-21-5489
 料金 : 日帰り入浴なし
 休業 : 年中無休
 宿泊 : 15:00-11:00
 泉質 : 含重曹食塩泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
 成分 : 成分総計1,105ミリグラム
 泉源 : No.242-051(木野村商事(株)温泉井)
 備考 : シャンプー等あり・ドライヤーあり・サウナあり
 感想 : ★★★☆☆
  

Comment
馬鹿な女子高生の質問に答えて、下さって超感激です☆☆☆
ありがとうございます♪
でも正直言うと、じゅんさんの紹介されてる温泉は、どこも素敵すぎで、今回のラーメンも
柚風呂も。
じゅんさんのおかげで、すっかり元気になりました。痴漢も熊と思っちゃいます(笑)。
あっ!すみません。熊の方が怖いですよね。

3日連続で、痴漢被害にあったので、死にました(涙)。じゅんさんならガン見するのに(涙)

世界史もじゅんさんのブログも基礎からしっかり勉強して、北海道ライフを、楽しみたいです♪
ケント | 2012/10/18 21:16
じゅんさんこんばんは~
おおドーミーイン帯広ですね!
あれあれ?ガーデンズとの連泊ですか?
じゅんさんが探索した所が気になりますね~(笑)

温泉でないお湯に浸かっているのって初めて見たかも・・・
この辺のホテルの温泉っていろんな所から運搬されていて
それぞれ源泉が違うのが面白いですね!

大浴場も露天風呂も広い感じでビックリです!
入ってみたいけどお泊まりしないと無理なんですね・・・
TOP画像のゆず湯はここだったんだ~(笑)
mio | 2012/10/18 23:07
「スッポンポン」のところリンクが無い!!(涙)
ぺり子 | 2012/10/19 00:01
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2012/10/19 12:29
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2012/10/19 15:21
★ケントさん
女子高生って響きがイイですよね~(謎)
今回のドーミーインはついでに泊まった感じだったのですが
思っていたよりも温泉が良かったような気がします
駐車場へ間違って入ってしまって100円取られたのですが
ネタ的にはオモシロかったと思います
あの駐車場は間違って入ってしまう人が結構いるのではと思いました
 
痴漢被害って痴漢されたの!?
それはもう捕まえた方がイイですよ
許せんなぁ~
 
北海道ライフというコトは北海道へ来るコトに決めたのかな?
北海道はもう雪の気配がしてきましたよ
日に日に寒くなっていく感じがします
そんな時は温かい温泉ですね~♪
じゅん☆ | 2012/10/19 19:55
★mioさん
こんばんは~♪
帯広だと銭湯ネタとか紹介したいところなのですが
帯広の銭湯は撮影が簡単じゃなさそうです・・・
今回は連泊では無くて何回かに分けて訪問しております
今度、帯広の温泉を紹介する時は運搬ではないお湯を紹介しますね!
 
ゆず湯は温泉では無かったのですが
妙に気に入ってしまいました
TOP画像のゆず湯はココだったんですね~
じゅん☆ | 2012/10/19 19:55
★ぺり子さん
さすがぺり子さんですね!
リンクするの忘れていました(笑)
微妙な「スッポンポン」ポーズ・・・
http://blog-imgs-56.fc2.com/5/0/5/505060/1210191919.jpg
お詫びにTOP画像を増やしておきました♪
じゅん☆ | 2012/10/19 19:55
★非公開(2012/10/19 12:29)さん
こんばんは~♪
急に寒くなりましたよねー
ちょっと体調がおかしいです・・・
根室の穴場ですか?
温根沼の辺りをウロウロしましたが無さそうですね
ただ、時々あの辺りで硫化水素臭がするのは気のせいかな?
昔は根室温泉というのがあったそうです
じゅん☆ | 2012/10/19 19:56
★非公開(2012/10/19 15:21)さん
こんばんは~♪
はい、コメントお疲れ様でーす
ボクはご苦労しましたなぁ~
ゆず湯の成分分析するとどんな感じなのでしょうね
まぁ、調べるのもご苦労様というかお疲れ様です(謎)
ボクはぶっちゃけ、ぜんぜん食べないですねー
でないと40キログラム代の体重なんて維持できません
毎日がカロリー計算・・・
カロリー摂らなければ絶対に太りません
お腹空いたら漬け物食べています・・・(泣)
理想的なのは適度なカロリー摂取と運動なのですよ
じゅん☆ | 2012/10/19 19:56
スッポンポン画像ありがとうございます♪
トップ画像見るために何百回も更新してます★
ぺり子 | 2012/10/21 13:39
★ぺり子さん
実際はスッポンポン画像だらけらしいのですが
こうして公開できるのは、そのごく一部とのコトです
TOP画像はおみくじみたいなモノなので
何百回も更新するとご利益が薄れるらしいですよ(笑)
じゅん☆ | 2012/10/21 16:00
コメントの投稿 (Japanese text only)
 Secret : 

Trackback
Trackback URL : http://505060.blog12.fc2.com/tb.php/1009-2a41e439
-
管理人の承認後に表示されます... ≫More
| 2012/10/23 06:34