じゅん☆ブログ

仁伏温泉 仁伏保養所 2012.10.22
仁伏保養所
弟子屈町(てしかがちょう)の仁伏温泉(にぶしおんせん)にある「仁伏保養所」へ行ってきました。もともとは弟子屈営林署の保養所だったのですが、十数年ほど前に売却され、現在は民間経営の湯宿となっています。
男湯の脱衣所
日帰り入浴料金は500円なのですが、「道の駅摩周温泉」に置いてあった入浴割引券を持っていくと、割引料金の400円で入浴できます。この割引券は何度でも使えるそうです。受付で入浴料金を支払い脱衣所へとやってきました。
脱衣所からの眺め
いやぁ~、眺めの良い脱衣所ですね。窓の外には屈斜路湖(くっしゃろこ)が広がっていました。窓際にはバーにあるような椅子が並べられています。それではスッポンポンになって浴室へ入ってみましょう。
男子湯
こちらは男湯の浴室です。もともとは混浴の大浴場だったそうなのですが、時代の流れなのでしょうか、最近になってパネルで湯船を仕切って男女に分けたそうです。銀色の仕切りがちょっと興醒めな感じですね。湯船の横には立派な石灯籠がありました。
入浴♪
さっそく入浴してみました。透明度の高いお湯ですね。入浴すると湯船のフチからお湯が溢れ出します。この湯船の風呂枠はイチイの巨木で作られているのだそうです。右側には洗い場があって、シャンプー等が備え付けられていました。浴室からも屈斜路湖を眺めるコトができるのですが、湯けむりで窓が曇っていてボヤーっと見える感じです。
女湯入口
男湯へ入浴した後に向かったのは女湯です。ほぼ全裸のまま、コッソリと女湯へ侵入してみるコトにしました。右側の壁には温泉分析書等が掲示されています。
女湯の脱衣所
こちらは女湯の脱衣所です。実は入館時に女湯へ入ってもイイよと言われていたのでした。許可をもらっているので安心安全ですね。それではスッポンポンのまま禁断の女湯へ入ってみましょう。
小浴槽
扉を開けると写真のような小さい湯船がありました。コンパクトで良い感じの湯舟ですね。手前側には小さな洗い場もあります。入浴してみるとシットリとした浴感でした。温泉分析書によると、成分総計747ミリグラムの単純泉とのコトです。
湯口の析出物
蛇口の先端部分が結晶化していてステキですね。仁伏保養所では2つの源泉(No.160-067・No.160-068)を使用しているようなのですが、どういう湯使いなのかは不明でした。温泉分析書は(No.160-067)のモノと思われますが、おそらくは混合して使用しているモノと思われます。小さな湯船の先に通路があるので、そちらへ行ってみるコトにしましょう。
婦人湯
足元にお湯がドバドバと流れている怪しい通路の先には、仕切られたもう一方の湯舟がありました。木製の湯口から結構な量の温泉が注がれています。う~ん、やはり仕切っていない方がイイなぁ・・・。この湯船は玉砂利の湯と呼ばれていて、湯船の底に沢山の玉砂利が敷いてあります。この玉砂利は屈斜路湖の北東部にある碁石ヶ浜という秘境から運んできたのだそうです。足つぼ刺激効果もあってイイかもしれませんね。仕切りの横にある扉を開けると、あれっ? 先ほどの男湯と繋がっていました。扉は開閉自由な感じなので混浴し放題な気もします。
たそがれのひととき・・・
入浴後は脱衣所でまったりしました。脱衣所には洗面台があって、ドライヤーも備え付けられています。横には洗濯機(1回200円)もありました。快足名人という足つぼ刺激グッズもあります。仁伏温泉ってとても静かな環境なので、ボクはこの辺りが大好きです。何日か連泊してのんびりしてみたいなぁと思いました。

★湖畔の宿 仁伏保養所(こはんのやど にぶしほようじょ)
 場所 : 北海道川上郡弟子屈町サワンチサップ10番地
 電話 : 015-483-3058
 料金 : 500円
 営業 : 08:00-20:00
 休業 : 年中無休
 宿泊 : 15:00-10:00
 泉質 : 単純泉(中性低張性高温泉)
 成分 : 成分総計747ミリグラム
 泉源 : No.160-067・No.160-068(屈斜路湖仁伏保養所)
 備考 : シャンプー等あり・ドライヤーあり
 感想 : ★★★★☆

  

Comment
じゅんさんこんばんは~
ここは春に駐車場に車を止めてさて入るぞ~と思った時に
団体のお客さんが来たので入るのをやめてしまったのです
変わりにニ伏温泉屈斜路湖荘に行ってしまった

こちらの温泉の雰囲気の方が好きな感じです・・・
やっぱりこちらに入れば良かったです
仕切りはともかく湯船の雰囲気は好きですね
それにこれだけ開放感のある脱衣所も凄いですね~
この脱衣所は男性用だけなんですね・・・ちょっとがっかり
じゅんさんまたもや体が入れ替わり女風呂に・・・と思ったら
宿の人のokが出ていたのですね
宿の人はこの人は女風呂に入りたそうだと思ったのでしょうか~(笑)

mio | 2012/10/23 00:23
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2012/10/23 16:54
おぉー味ある建物で好みです!一ヶ月前この付近に来ていたので是非寄ればよかったなぁ!来年いきます☆仕切りは仕方ないにしても、雰囲気の良さそうな浴室ですね。
eg | 2012/10/23 19:16
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2012/10/23 21:25
★mioさん
こんばんは~♪
あれれ、それは残念でしたね
ココは何年も前から記事にしようと思っていたのですが
楽しみは取っておこうと思って
今まで取っておいたのです(笑)
屈斜路湖荘は2月に宿泊していたりするのですが
記事にしよう記事にしようと思っているうちに
もう8ヶ月も過ぎてしまった・・・
どちらも雰囲気があってイイと思います
 
ココの男湯脱衣所は開放感ありますねー
脱衣所自体にも扉が無くて驚きました
今回は女湯にも入っちゃいましたが
きっと入りたそうな雰囲気を察してくれたのでしょうねー
ココの浴室は扉で自由に行き来できるので
女性の方は入浴するのに勇気がいるかもしれません(笑)
じゅん☆ | 2012/10/23 22:26
★非公開(2012/10/23 16:54)さん
こんばんは~♪
仁伏温泉の辺りはよくウロウロしています
あの辺は温泉付きの別荘が何軒かあって興味深いですね
謎の温泉垂れ流しもおちこちにあったり・・・
じゅん☆ | 2012/10/23 22:27
★egさん
なかなか味のある建物ですよね
浴室はちょっとカオスな面?もあり
結構年季入っている感じもあるのですが
まだまだ頑張れると思います
垂れ流しの場所とかもあってオモシロいですよ♪
http://blog-imgs-56.fc2.com/5/0/5/505060/1210232230.jpg
じゅん☆ | 2012/10/23 22:30
★非公開(2012/10/23 21:25)さん
こんばんは~♪
女湯の様子、ちょっと分かりづらかったですかね?
お蔵入りさせた動画があったのですが
ちょっと登場させてみました
これ見ると少し構造が把握できるかと思いますが
行ってみてからのお楽しみが無くなってしまうので
見ない方がイイかもしれませんよ(笑)
 
スッポンポン画像を褒めてくれてありがとうです♪
今度一緒に撮りましょう(裸)
じゅん☆ | 2012/10/23 22:31
ジュンさん、こんばんは。7月にこちらの温泉に寄ってきました。
とってもよいお湯で思い出に残っています。温泉の香りが懐かしい感じで好きでした。
動画まで撮っていただきありがとうございます。けっこう熱めで、汗がだくだく、えがったです。
http://nutti.exblog.jp/pg/blog.asp?dif=m&acv=2012%2D08%2D01&nid=nutti&p=3
さくら | 2012/10/23 22:36
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2012/10/24 17:04
わぁぁ、ここは未歩が去年の夏行ったところです♪
ちょっと勇気が必要だったけど頑張って、女友達と行ったのですよ。
いつもはイタリアンをご一緒する感じなのですが。
そのときは男性のお客がたくさんいらっしゃたので、狭い女湯で我慢したのですよ。

先月ニ伏温泉屈斜路湖荘にも行ったのですが、こちらの方がお気に入りです。
私が行ったところとじゅんさんが行ったところと、重なるので、
嬉しいですね。

未歩もじゅんさんとなら、こんなディープな温泉も楽しめそうです。
でも恥ずかしくて、目が開けられないかも(*^_^*)おばさんなのに、変ですね。


未歩 | 2012/10/24 21:47
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2012/10/24 21:54
じゅん☆さん、おはようございます♪
元営林署等の施設はさすがロケーション最高な所が多いですよね☆
貴重な温泉施設を、民間の方に引き継いで頂けて良かったですね。
湯口からの気持ちいい位の勢いの量のお湯からも素晴らしさが想像出来ました♪
脱衣所からの眺めも最高~!
ど~だ!ポーズしたくなりますね☆
この辺りの温泉付き別荘、私も凄く気になります。
昨日、紅葉&濁り湯満喫旅から帰宅しました♪
思わぬ積雪で、紅葉と雪景色の写真も撮れました☆
じゅん☆さんの様な素敵な写真はまだまだ無理ですが(笑)
たいやき | 2012/10/25 09:49
やだ~☆
今回も可愛いお尻がいっぱいで大満足です!
今度はじゅんさんのカチカチになった立派な石灯籠を見せて下さいね(はぁと)
ぺり子 | 2012/10/25 11:16
おひさしぶりです。
ここはいつか立ち寄ろうと思っているのですが、付近にいい温泉がありすぎて今年も寄れずじまいでした。
なかなかのB級っぷりで、来年行くことがあればぜひ行くよう努力せねば(笑)
のら | 2012/10/25 20:44
★さくらさん
こんばんは~♪
仁伏温泉はなかなか良いですよね
泉質もそうなのですが環境も良いと思います
落ち着く感じがするというか何というか
仁伏保養所は宿泊してから記事にしようかと思っていましたが
宿泊がいつになるのか分からなくなってきたので
このタイミングでの公開となりました
じゅん☆ | 2012/10/26 20:50
★非公開(2012/10/24 17:04)さん
こんばんは~♪
仕切りは残念な感じでしたが
時代の流れなのでしょうね・・・
じゅん☆ | 2012/10/26 20:50
★未歩さん
えっ! 去年行ったのですか!?
ココは結構日帰りの人が来ていますね
 
今、屈斜路湖荘の記事を作っているので
近いうちに登場するのだと思います
雪降っていますけれどね・・・(謎)
 
ボクと一緒に行くと、こんな安心な場所じゃ済まされません(笑)
年齢とか関係ないですよ!
女性はいつまでも女心を忘れてはいけません♪
じゅん☆ | 2012/10/26 20:51
★非公開(2012/10/24 21:54)さん
こんばんは~♪
えっ! 一緒に脱衣所シーンを撮るだけにしておこうと思ったら
入浴まで・・・
入浴後はベルサイユでしょうか?(謎)
 
動画も見ちゃったのですね
白老の赤富士荘も懐かしいなぁ~
http://505060.blog12.fc2.com/blog-entry-475.html
石灯籠は使われていないようでしたが
夜に灯りが灯っていれば完璧ですよね
じゅん☆ | 2012/10/26 20:52
★たいやきさん
こんばんは~♪
営林署の施設は侮れませんからねぇ
民間の方が引き継いでいなければ
取り壊されていたコトでしょう・・・
この辺りの別荘は時々、売りに出ていたりして
あーーー、とか思ったりします(謎)
この前は源泉井(供給義務付き)を売っていたし・・・
 
紅葉の旅、イイですねー
ボクも先週、ちょっと行ってきたのですが
ちょっと早い感じでした
今週末はホテルに缶詰めなので
紅葉も終わっちゃうなぁ・・・
じゅん☆ | 2012/10/26 20:52
★ぺり子さん
やだぁ~
大満足していただけて良かったです♪
ボクのカチカチになった立派な石灯籠ですか!?
ぺり子さんの発想力に脱毛いたしました
あっ、間違った、脱帽でした・・・
じゅん☆ | 2012/10/26 20:53
★のらさん
お久しぶりでしたー
この辺はですね、湖畔を掘ると温泉出ると思います
なにしろ砂湯が近いですからね
温泉別荘でオフ会やりたいなぁとか思ったり・・・
じゅん☆ | 2012/10/26 20:53
またまたお邪魔しています。
女性側から男性側に移動可能なんですね。
屈斜路野湯めぐりの後に立ち寄りたいですね。
ゆり | 2013/04/07 21:21
★ゆりさん
こんばんは~♪
ココは浴室のドアが開閉自在で
男女の浴室を行き来できます
混浴するにはオススメかもしれませんね~
野湯もオモシロいですよ!
じゅん☆ | 2013/04/09 18:35
コメントの投稿 (Japanese text only)
 Secret : 

Trackback
Trackback URL : http://505060.blog12.fc2.com/tb.php/1010-405fe8b6
-
管理人の承認後に表示されます... ≫More
| 2012/10/23 06:34