じゅん☆ブログ

オーベルジュ 北の暖暖(大浴場) 2013.02.04
オーベルジュ 北の暖暖
前回に引き続き「オーベルジュ 北の暖暖」を紹介します。今回は温泉大浴場へ行ってみましょう。写真は大浴場へ行く途中の通路なのですが、ココも見どころ満載でした。写真の左側に写っているのは北海道最古の人力車なのだそうです。中央にはヒグマがいました。このヒグマはなんとサングラスをかけています。
博物館のような通路
奥の通路です。ココの雰囲気もなかなかなモノですね。通路の両側にいろいろなモノが展示(販売)されていて、まるで博物館のような感じとなっていました。
展示物
展示されている写真はアイヌ民族に関するモノのようです。網走刑務所の刑務作業製品が数多く展示販売されていました。他にタイの石鹸なども販売されていたりします。
↓呼人温泉 客室↑
階段部分です。地下へ行くと「呼人温泉」、二階へ行くと「客室」があるようです。ちょっと二階の客室を見に行ってみましょう。
二階の通路
二階の通路です。この通路は網走監獄をイメージしているとのコトでした。二階には8つの客室があって、左側が湖側、右側が山側となっています。湖側の客室は少し割高になっているようでした。
ツインBタイプの客室
こちらはツインBタイプ湖側の客室です。和風な感じもしてオモシロいですね。浴室は無いのですが、シャワーブースがありました。窓からは網走湖が見えて素晴らしい感じです。さて、寄り道もほどほどにして大浴場へ行ってみましょう。
家族風呂(桧湯)
こちらは大浴場・・・ではありません。また寄り道してしまいましたね。地下へ下りると3つの家族風呂がありました。写真は桧湯(ひのきゆ)で、他に杉湯(すぎゆ)梻湯(たもゆ)というのがあります。空いていたら自由に入浴して良いそうなのですが、ココのお湯も温泉ではないので、今回は見るだけにしておきました。
脱衣所
ようやく大浴場の脱衣所へ到着しました。脱衣所にはタオル類が用意されているので手ぶらでOKです。ドレッサールーム水飲み場(地下水)があって、髭剃りやハブラシ、あかすり手袋なども用意されていました。壁には昔の地図が飾られています。
温泉分析表
そして、ようやく北の暖暖の温泉の謎が分かりました。こちらの温泉は網走市呼人159番地にある「前元温泉(No.137-010)」のお湯を運搬して利用していたのです。成分総計344ミリグラムの単純泉で、pH値は9.0となっていました。源泉温度が28.9℃と低温なため加温されていて、さらに循環加水塩素消毒も行っているとのコトでした。単純泉でこれだけやっているとなると、泉質的にちょっと心配な感じですね。
浴室の様子
大浴場の様子です。背後には洗い場が4つあってシャンプー等が備え付けられていました。壁に木が飾られていてオモシロいですね。これだけでも結構雰囲気が変わるなぁと思いました。お湯が静かに循環しています。
入浴♪
さっそく入浴してみました。お湯からはやはり塩素のニオイがするのですが、ツルツルする浴感で、思っていたほど悪くはない感じです。浴後は肌がスベスベになりました。北の暖暖には温泉露天風呂もあるのですが、それは別な記事で紹介したいと思います。次回の記事ではオーベルジュらしい夕食を紹介しましょう。

★オンリーホーツク オーベルジュ北の暖暖(おーべるじゅきたのだんだん)
 場所 : 北海道網走市大曲39の17
 電話 : 0152-45-5963
 営業 : 日帰り入浴なし
 休業 : 年中無休
 宿泊 : 15:00-11:00
 泉質 : 単純泉(アルカリ性低張性低温泉)
 成分 : 成分総計344ミリグラム
 泉源 : No.137-010(前元温泉)
 備考 : タオル等あり・シャンプー等あり
 感想 : ★★★★☆
  

Comment
建物が凄いのに、温泉が「循環」なのは辛いですね。でも、予算と時間に余裕があれば、一度はお泊りしてみたいですね。
北海道大好き | 2013/02/04 21:53
こんばんは~
さっき、コメントしたらエラー起こしてしまった・・・
ココのクマさん、歌登かどこかの温泉にいた鹿と対張りますね(笑)
展示品も骨董品ぽくってオモシロいです♪
呼人温泉・・・気になる~
PH9.0もあるなんてすごいです
塩素消毒&循環しているのはもったいないですが・・・
次回のお食事に期待します☆
はっく | 2013/02/04 23:28
じゅんさんこんばんは~
温泉は運搬されているのですね
運搬湯だから循環、塩素消毒は仕方が無いにしても
ここに温泉があるのは知らなかった・・・
温泉の露天風呂もあるんですね

奥の通路、陶芸窯のギャラリーのようで気になりますね(笑)
飾られている写真も見たいです
サングラスをかけた熊はワンコのように見えてなんかカワイイ(笑)

じゅんさん地震は大丈夫でしたか?
こちらはかなり揺れて怖かったです
久々にビックリして固まってしまった。色んな物が落ちて来たし~(泣)
mio | 2013/02/05 00:59
★北海道大好きさん
この辺は確か網走国定公園の区域内だったと思うので
掘削とか制限されているのかもしれませんね
天都山に冷泉が湧いているという話も聞いたコトがあるので
掘ったら何か出てきそうな気もします
温泉を使っていなければココへ行くコトも無かったと思うので
循環湯でも仕方ないかな
じゅん☆ | 2013/02/05 18:20
★はっくさん
こんばんは~♪
たまにエラーが出るので
コメント前にコピーしておくコトをオススメします
 
ボクもサングラスの熊を見て朝倉温泉の鹿を思い出しました(笑)
http://505060.blog12.fc2.com/blog-entry-643.html
 
呼人の温泉は「北天の丘」とか「ホテル一休」とかありますが
それらと似たような泉質であると言えますね
http://505060.blog12.fc2.com/blog-entry-783.html
http://505060.blog12.fc2.com/blog-entry-693.html
じゅん☆ | 2013/02/05 18:20
★mioさん
こんばんは~♪
温泉は運搬されていたのですねー
てっきり天都山温泉なのかと思っていましたが
よくよく調べてみると資料にチラっと載っていました
露天風呂は塩素のニオイも気にならなくて良かったです♪
 
ココの通路はまさにギャラリーといった感じで見応えありました
気に入ったモノがあれば購入できるというのもオモシロいですよね
熊もサングラスかけると可愛く見えるのが不思議でした(笑)
 
地震は大したコト無かったのですが
そちらは震源地が近いので揺れたでしょー
怪我はありませんでしたか?
じゅん☆ | 2013/02/05 18:20
この施設は気になってました。料理が特に・・・
呼人温泉といえば、昔のかんぽも同じお湯て考えていいのでしょうか?
昔銭湯代わりに頻繁に入っていたのがかんぽの温泉だったので・・・

かいりゅう | 2013/02/05 22:09
★かいりゅうさん
ボクもずっと気になっていたのです
料理もなかなか良かったですよ!
次回の記事で紹介しますのでお楽しみに♪
 
網走簡易保険保養センター(かんぽの宿)も懐かしいですね!
ボクも一回くらい行ったコトあるような気がします
当時の資料が無いので泉源は不明なのですが
かんぽの宿では「No.137-014」の泉源を使っていたような予感です
昔、ラブホテル街のところに温水プールがありましたよね
今はワイズCorpというスキューバダイビングスクールになっているようなのですが
そこでも温泉を使っていて、おそらくその辺から温泉を引湯していたのかと思われます
じゅん☆ | 2013/02/05 23:00
じゅん☆さん こんにちわ~
最後の写真~ じゅんさんがこっち向くかと思い画像をタッチしてみたのですが…
           変わらないんですね  ちぇっ  笑っ
ひよこ | 2013/02/06 12:56
★ひよこさん
こんばんは~♪
最後の写真ですか?
こっち向いたら興醒めだろうなと思って
微動だにしないでおきました(笑)
じゅん☆ | 2013/02/06 20:22
コメントの投稿 (Japanese text only)
 Secret :