じゅん☆ブログ

オーベルジュ 北の暖暖(龍湯) 2013.02.13
今回も「オーベルジュ 北の暖暖」の続きを紹介しましょう。写真は早朝の客室からの眺望です。清々しい感じですね。ちょっと外へ散歩しに行ってみるコトにしましょう。
北の暖暖の周辺には散策路がいくつかありました。写真は山側にある展望台です。木の上へと上って行く階段が造られていてオモシロそうですね。さっそく上ってみるコトにしましょう。
展望台からの眺めです。左下に見えている建物が北の暖暖で、その向こう側には網走湖が見えました。ちょっと寒かったのですが、なかなか良い眺めで感動しましたね。
散歩の後は温泉で温まるコトにしました。朝6時から9時まで温泉浴場を利用できるのですが、この時間帯は女露天と男露天が入れ替わります。ただ、露天風呂の扉はロープで鍵を掛けるコトができるようになっているので、男とか女はあまり関係無いのかもしれませんが、鍵を掛けないで入る人もいると思われますから注意しましょう。
露天風呂の釜湯です。網走湖を眺めるコトができて眺望抜群でした。お湯は循環塩素消毒となっていますが、露天風呂は塩素臭も気にならない感じで良いと思います。
そしてこちらがココの温泉の目玉とも言える龍湯です。大きな樽状の湯舟があって、その樽の深さは1メートル50センチほどあるとのコトでした。これだけの水深がある湯船へ浸かるのは初めてかもしれません。
湯船へ入る部分は段々になっていました。何だかプールへ入るような感じですね。北の暖暖ではこの龍湯の湯船が一番気に入りました。泉質は成分総計344ミリグラムの単純泉で、pH値が9.0となっています。
さっそく入浴してみました。湯船はかなり深い感じとなっています。天井からロープが垂れ下がっていて、このロープに掴まりながら入浴するのが龍湯の入浴スタイルなのでした。腕力に自信のある方はスッポンポンロープ登りに挑戦してみても良いかもしれません。とてもインパクトのある湯船でした。次回は朝食編を紹介したいと思います。

★オンリーホーツク オーベルジュ北の暖暖(おーべるじゅきたのだんだん)
 場所 : 北海道網走市大曲39の17
 電話 : 0152-45-5963
 営業 : 日帰り入浴なし
 休業 : 年中無休
 宿泊 : 15:00-11:00
 泉質 : 単純泉(アルカリ性低張性低温泉)
 成分 : 成分総計344ミリグラム
 泉源 : No.137-010(前元温泉)
 備考 : タオル等あり・シャンプー等あり
 感想 : ★★★★☆

  

Comment
じゅんさん こんにちは!
展望台からの眺めは絶景ですね!
さすが北海道っていう感じです。
北海道は、仕事で札幌市内しか行った事がないので、網走の雄大さに目をみはってしまいます
(((o(*゚▽゚*)o)))
伊豆の下田にもお風呂の深さが胸まである所があるんですよ!
次回の朝食編も楽しみにしてます。
サブロー&マーちゃん | 2013/02/13 13:30
いやはや、童心に帰ること間違いなしのお風呂ですね。私も是非「おバカな写真」を撮影したくなりました。
北海道大好き | 2013/02/13 19:38
じゅんさんこんばんは~
展望台は子供の頃に戻れそう~
こんな感じのツリーハウスが欲しいです

深さ150㎝この龍湯は背伸びしてロープにぶら下がって入らないと
溺れてしまいますね~(笑)
面白い・・・まるで罰ゲームか拷問のようですね(笑)
動画の最後のじゅんさんの姿はまさしく拷問されているよう(笑)
でもmioも入ってみたいです
この樽は網走監獄にある味噌や醤油を作っていた樽と同じなのかな?
話は変わりますが、じゅんさん今日mioは見てはいけない物を見てしまった(-_-;)
mio | 2013/02/13 20:21
★サブロー&マーちゃんさん
こんばんは~♪
展望台からの眺めはなかなかでした
ココで夕陽とか見たら最高でしょうね
道東方面は特に素晴らしい場所が多いと思います
伊豆にも深い温泉があるのですね
じゅん☆ | 2013/02/13 22:31
★北海道大好きさん
この龍湯はオモシロそうでしょー
登って遊ぶのもオモシロいのですが
怪我しないように注意しましょう(笑)
じゅん☆ | 2013/02/13 22:31
★mioさん
こんばんは~♪
展望台は結構な高さがあって、ちょっと怖いかもしれません
龍湯はプールみたいでオモシロかったです
動画の最後の写真はボツ写真だったのですが
オモシロいので動画の方に出してみました
掴まった囚人みたいですよね(笑)
樽は説明書きによると味噌樽とのコトです
http://blog-imgs-37.fc2.com/5/0/5/505060/1302132230.jpg
えっ、いけない物って何だろ・・・?
じゅん☆ | 2013/02/13 22:32
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2013/02/13 23:30
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2013/02/14 00:36
★非公開(2013/02/13 23:30)さん
えぇーっ!
そんなめくるめく光景が繰り広げられていたのですか!?
その決定的な写真は撮らなかったのですか!(笑)
そんな光景は見ようと思っても見られませんよね
氷が融けないと良いのですが・・・
 
えっ、ボクがそこにスッポンポンでいたらぜんぜん違和感ないですか?
ボクのイメージって一体・・・(笑)
じゅん☆ | 2013/02/14 22:34
★非公開(2013/02/14 00:36)さん
こんばんは~♪
龍湯オモシロいでしょー
 
北の暖暖は広大な敷地を有していて
散策路なども造られていました
朝に散歩すると、エゾリスが居て可愛かったです♪
 
美幌峠は過去にTOP画像に出現したりしているのですが
晴れている時は素晴らしい眺めですよね
夕暮れ時も好きかな
じゅん☆ | 2013/02/14 22:34
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2013/02/15 16:23
★非公開(2013/02/15 16:23)さん
こんばんは~♪
オーベルジュという定義がちょっと曖昧なのですが
北海道にはオーベルジュを謳う宿ってあまり無い気がします
オーベルジュですから当然、料理がメインなのですが
北の暖暖は館内の様子や周辺の環境など
料理以外にもいろいろと楽しむコトができました
温泉は運搬湯の循環ですから
大きな期待はオススメできませんが
通常の手段ではココでしか浸かれない源泉ですから貴重でしょう
今回の記事に出てきた龍湯の深さは新鮮でした
ボクはカムイワッカ湯の滝の中部露天風呂を思い出しましたね
じゅん☆ | 2013/02/16 03:54
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2013/02/16 13:32
★非公開(2013/02/16 13:32)さん
カムイワッカは深い場所もありますよね
ボクも溺れそうになりましたから・・・(笑)
じゅん☆ | 2013/02/18 19:57
コメントの投稿 (Japanese text only)
 Secret :