じゅん☆ブログ

望楼NOGUCHI函館(大浴場) 2013.02.25
最上階の展望大浴場
今回は「望楼NOGUCHI函館」の大浴場を紹介したいと思います。エレベーターで最上階の13階へとやってきました。写真は脱衣所の様子です。タオル等は用意されているので手ぶらでOKですね。奥には立派なドレッサールームがありました。それではスッポンポンになって浴室へ入ってみましょう。
窓の外には素晴らしい夜景が
浴室へと入りました。大きな窓があって、その向こう側には函館市内の夜景が広がっていて見事な感じです。大浴場はチェックイン時から翌朝の10時まで夜通し利用できるようになっていました。横にはサウナ洗い場があります。
長大な湯船
湯の川温泉がいつ発見されたのかはハッキリとしていないのですが、相当古い時代から自然湧出する温泉が存在していたようです。もともとこの地の温泉は赤湯系だったそうなのですが、明治時代後半に高温で透明な泉脈が発見されたと言われています。現在の湯の川温泉はこの高温透明な温泉が主となっていますね。
誰も居なくて気分がイイ♪
客室展望風呂の記事でも触れましたが、事前調査によると、こちらの温泉は湯川1丁目A、B,C、D、F号井源泉の混合泉を利用しているような感じでした。しかし、今回利用した際に見た温泉分析書では湯元啄木亭1号井と函館市水道局鮫川井の混合泉となっているではないですか。函館市では平成21年から源泉の集約整備を行っているようなのですが、おそらく最近になって湯使いが変更されたのでしょう。
入浴♪
大浴場の湯舟は循環ろ過塩素消毒式となっているようですが、気になる感じはしませんでした。泉質は成分総計8,699ミリグラムの含塩化土類食塩泉で、湯の川温泉らしい成分豊富な泉質となっています。湯元啄木亭1号井(No.486-009)と函館市水道局鮫川井(No.486-010)の混合泉という湯使いも興味深いですね。
露天風呂
いろいろ調べたところ、鮫川井というのは函館市水道局の湯川1丁目源泉群に所属している歴史のある源泉井(1923年掘削)なのですが、しばらくの間、未利用源泉となっていたようです。どうして復活したのか気になるところなのですが、いろいろと事情があるのでしょう。写真は露天風呂です。この日の夜はかなり風が強くて寒い感じでしたが、なかなか良い眺めでした。昼間はこの方向に函館山が見えます。
スカイサロン「BOUKYOU」
こちらは大浴場と同じ13階にあるスカイサロン「BOUKYOU」です。入浴後はココで函館の夜景を眺めながらクールダウンできるようになっていました。
素晴らしい眺め
なかなか素晴らしいラウンジです。こちらは西側の窓なのですが、正面には以前にちょっとだけ記事にした「湯元 啄木亭」が見えました。ペアの椅子が並んでいるので、デートするのに良さそうですね。
ロマンティックな雰囲気
こちらは北側の窓です。やはり函館の夜景はイイですね。遠くにはライトアップされた「五稜郭タワー」も見えました。ココからベイエリアはちょっと遠いのですが、館内には今回紹介したラウンジや、先日紹介したバーやカフェもあるので、十分に楽しむコトができるでしょう。
夜景とスッポンポン
客室へと戻ってきました。今回は利用しなかったのですが、望楼NOGUCHI函館ではエステや岩盤浴も楽しめるようです。興味のある方は試してみてください。写真は夜景を見ている様子です。部屋の窓から見る夜景もイイ感じですね。
就寝♪
夜も更けてきたので、そろそろ寝るコトにしましょう。夕食中にフカフカの布団が敷かれていました。望楼NOGUCHI函館はベッド仕様の部屋が多いのですが、和室に布団を敷いて眠る方が落ち着きますね。翌朝の朝食は遅い時間にお願いしたので、グッスリと眠るコトができそうです。

★望楼NOGUCHI函館(ぼうろうのぐちはこだて)
 場所 : 北海道函館市湯の川1丁目17の22
 電話 : 0138-59-3556
 営業 : 日帰り入浴なし
 休業 : 年中無休
 宿泊 : 14:00-12:00
 泉質 : 含塩化土類食塩泉(中性等張性高温泉)
 成分 : 成分総計8,699ミリグラム(Na・Ca-Cl)
 泉源 : No.486-009・No.486-010(湯元啄木亭1号井と鮫川井の混合)
 備考 : タオル等あり・シャンプー等あり
 感想 : ★★★★☆
  

Comment
広いお風呂に一人で入るのは、とても贅沢ですね。私も「泳げるお風呂」は大好きです。
北海道大好き | 2013/02/25 20:01
じゅんさんこんばんは~
脱衣所も大浴場もシンプルで高級感がありますね
それに何と言っても窓から見える夜景がキレイです~
サロンからの夜景も最高ですね!
フカフカのお布団いいですよね
温泉と言えばやっぱり和室がいいなぁ
でもなかなかこんなハイクラスなお宿にはお泊まり出来ない(笑)

mioも去年11月に函館に行って来たのですが
函館山に登って夜景を見てきました!
なんだかまた行きたくなりました~
前回は友人3人との旅でほとんど観光だけだったので
今度は1人で何泊かして湯巡りしたいです
mio | 2013/02/26 00:19
★北海道大好きさん
朝にも大浴場へ行ったのですが貸切でした♪
長~い湯船を見ると泳ぎたくなるかもですね(笑)
じゅん☆ | 2013/02/26 18:14
★mioさん
こんばんは~♪
大浴場は飛天時代と大きく変わってはいないようですが
眺めが良くて感動しました
啄木亭の大浴場(男湯)が見えるのもオモシロいです(笑)
道南方面はなかなか行けないので
今回はハイクラスな宿を中心に宿泊してきました
湯の川温泉には他にも温泉宿が沢山あるので
ココへ泊まるのは最初で最後かなぁと思いながら
ジックリと見てきました
函館観光できなかったのが残念だったなぁ・・・
一ヶ月くらい滞在して函館の温泉を制覇したいです(笑)
じゅん☆ | 2013/02/26 18:15
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2013/02/26 20:45
★非公開(2013/02/26 20:45)さん
こんばんは~♪
海側の温泉宿にしようか竹葉にしようか迷ったのですが
客室展望風呂に惹かれてココへ決めたのでした
湯の川の温泉宿は浴場が高所にあるところが多いかもしれませんね
湯温調節というよりは、おそらく大部分が景色のためでしょう
この大浴場も加水加温ありのようですから
 
某ボストンは源泉温度が46℃くらいですから
距離を引っ張ると湯温は下がってしまうでしょうね
温泉の配管や建物自体の影響もあるでしょう
あぁ、ボストンのマンションに住みたい・・・
http://505060.blog12.fc2.com/blog-entry-902.html
じゅん☆ | 2013/02/26 21:13
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2013/02/27 18:01
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2013/02/28 15:50
★非公開(2013/02/27 18:01)さん
こんばんは~♪
お値段はなかなかでしたが
泊まってみて良かったと思っております
客室温泉はアレですか?
アレって何だろ?
この客室温泉は良かったですよ~
こんな熱いお湯に浸かれると思っていませんでしたから
函館はやはり「熱い温泉」ですよね!
じゅん☆ | 2013/02/28 18:53
★非公開(2013/02/28 15:50)さん
啄木亭と似ている大浴場でした
ちょっと天気が悪かったのですが
キレイな夜景も見られたので良かった♪
屈斜路プリンスホテルは冬期間休業となっております
http://505060.blog12.fc2.com/blog-entry-631.html
じゅん☆ | 2013/02/28 18:54
コメントの投稿 (Japanese text only)
 Secret :