じゅん☆ブログ

かんの温泉 露天風呂 2007.11.26
菅野温泉の露天風呂へ
菅野温泉の湯船紹介も今回でおしまいです。最後に紹介するのは本館の奥にある露天風呂です。廊下を進んで行くと露天風呂への連絡通路がありました。途中には休憩できる大広間もあるので日帰り入浴の際に利用すると良いかもしれません。
露天風呂の脱衣所
こちらは脱衣所です。菅野温泉の脱衣所はそのほとんどが男女共同なので、女性の方は利用しづらいかもしれませんね。以前に紹介した鍵の掛けられる小浴場や女性専用時間帯を上手く利用すると良いかもしれません。
かんの温泉 福禄の湯
こちらが露天風呂です。やはり露天風呂の開放感は最高ですね。露天には湯船が2つあります。まずこちらの大きな円形湯船が「福禄の湯」です。
総イチイ造り
見事な円形の湯船ですよね。この湯船は先代の菅野 祐良さんが、イチイの大木を使って2年がかりで造ったものとのコトです。
入浴♪(その1)
さっそく入浴しました。温泉は横のパイプから注がれています。パイプが2つあるのですが、もう一方は加水用のパイプで沢水が注がれていました。源泉温度が60℃以上と高いため常に沢水で加水しているようです。
菅野温泉の滝
奥の方に小さな滝が見えました。周りの岩がオレンジ色になっていて、こちらへパイプが延びているので滝の付近でも温泉が湧き出しているのだと思います。探検してみたかったのですが、ハダカだといろいろ危ないのでやめておきました(笑)
かんの温泉 観音の湯
こちらは隣にある観音の湯です。福禄の湯から溢れ出たお湯がかけ流されているので、湯温はこちらの方が低めです。それにしてもこのお湯の色、スゴイですねー!
入浴♪(その2)
観音の湯にも入浴です。福禄の湯、観音の湯ともに泉質は含石膏食塩鉄泉で、黄金色のお湯がなんとも心地良かったのですが、これら湯船の写真は昨年のモノだったりします。今回入浴した時はお湯の色が少し違っていました。先日、コメント欄で「泉質が変わってしまったのでしょうか?」というコメントをいただきましたが、なるほど、言われてみるとこの違いは気になりますね。季節や気温によって変化するのかもしれませんがちょっと気がかりでした。

●かんの温泉 福禄の湯・観音の湯(ふくろくのゆ・かんのんのゆ)
  場所 : 北海道河東郡鹿追町然別峡 【地図】 【閲覧】
  料金 : 1,000円
  営業 : 10:00-18:00
  休み : 年中無休
  泉質 : 含石膏食塩鉄泉
  備考 : 混浴
  感想 : ★★★★☆
  

Comment
菅野温泉、これからも秘湯を守ってもらいたいですね。岩風呂残念でしたね、男湯になるのは14時過ぎだもんね確か。オジサンとオジサンJr.(長男のことですよ)入浴中に逆にオバサン軍団に襲われそうになりました。オバサン達、集団になると恥じも外聞もないよ。お姉さんなら襲われたいよね!?
なんなん | 2006/07/09 23:43
★なんなんさん
旧館の雰囲気は最高でしたね
ぜひ宿泊してみたいです
今回は朝早く訪れたためか空いていてラッキーでした
ココは人気があるので写真は撮れないかなぁとか思っていましたから
 
オバサン軍団ですかぁ~
なんだかスゴそうですね(謎)
じゅん☆ | 2006/07/10 00:52
1000円でこんなにたくさんの温泉に入れるのは本当にお得ですね☆
それにしても2年がけでつくっただけあって、立派な湯船ですね。
Mickey | 2006/07/10 02:01
★Mickeyさん
たくさんあるのですけど温泉の「はしご」は健康に良くないと掲示してありました
でも、1,000円払ったらハシゴしちゃいますよね(笑)
露天風呂は開放感があって気持ち良かったです♪
じゅん☆ | 2006/07/10 21:52
かんの温泉も沢山あるのですね。最後の木をくりぬいたのがとても良いですね。
くろひょう | 2006/07/11 22:18
★くろひょうさん
かんの温泉、沢山ありすぎでした(笑)
露天風呂はやっぱりイイですよね
じゅん☆ | 2006/07/12 00:06
★お知らせ♪
菅野温泉の全記事リニューアルが終了しました
今回は夜の露天風呂にも入りましたが↓
http://blog-imgs-29.fc2.com/5/0/5/505060/0711251604.jpg
天気が悪く星空を見ながらというワケには行きませんでした
次回は菅野温泉の食事等を紹介して締め括ろうかと思います
じゅん☆ | 2007/11/26 00:10
温泉座談会、お疲れさまでした。「福禄の湯」の露天風呂での撮影は さすがにのぼせぎみになりました~
鹿肉、おいしかったけれど食べたのが夕方だったから 
夕食は別腹に収めましたよ。(笑)
お見苦しいスタイルで、恥ずかしい混浴でした・・・。
野湯のほうの情報、じゅん☆さんにお尋ねすることもあるかと思いますがよろしくお願いします。
ぴかリン | 2007/11/26 00:30
露天風呂の上と横に張ってあるネットは初めてみたした。昔はなかったと思います何のために張ってあるのでしょうかね?
お湯の色は昔と違うように私も感じています。

道路も完全舗装され多くの方が来られるようになり、浴槽によっては時間制の入浴になってしまいましたね。
小町の湯(現、弁天の湯)以外は全て混浴だった時代が懐かしいです。もちろん日帰り利用に時間制限もありませんでした。

混浴ってある意味お互いの心を暗黙に思いやる事を考えさせてくれる場所だったように思っていましたが・・・・
もうそんな事を期待できない時代になってしまったのでしょうか。
温泉マン | 2007/11/26 07:05
そうです!このお湯の色です。

私が通っていた頃はほとんどのお湯がこの色でした。
一度入ったら白いタオルが黄銅色に変色してしまうので茶色の菅野温泉専用タオルを
用意していたくらいです。

写真にもありますが奥のほうにある小さな滝、私は夏の暑い日には滝で体を冷やしながら
露天風呂に入っていましたよ。

それにしても緑色のネット邪魔ですね。何でしょうかね??
ヤダモン | 2007/11/26 17:19
温泉座談会の露天風呂ですね。あの撮り方も素敵だけどやっぱりじゅんさんブログの方も最高ですね。
かりん | 2007/11/26 18:38
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2007/11/26 18:40
★ぴかリンさん
どうもお疲れさまでした!
露天風呂の撮影は大変でしたが良い写真になって良かったです
あんなに美味い鹿肉は初めて食べましたよ
鹿肉とかトド肉って苦手だったのですが
ちょっと見方が変わりました
ボクは夕食を食べきれなくて残してしまいましたよ・・・
でも朝食はボクにしては珍しく完食しました♪
ボクの思っていたぴかリンさんのイメージって
筋骨隆々でヒグマに出遭ってもやっつけてしまうような
逞しい女性というモノだったのですが(大変失礼)
実際にお会いすると小柄でおしとやかな方だったので
こんな小柄な女性が金花湯に一人で歩いて行って
しかも野宿までしたのかと大変驚きました!
こちらこそ今後も素敵な情報をよろしくお願いいたします♪
じゅん☆ | 2007/11/26 19:38
★温泉マンさん
露天風呂横の緑ネットですが今年は無くなっていました
おそらく鹿が入らないように張ってあるのだと思いますがどうなのでしょうね?
お湯の色がこれだけ違うとちょっと気がかりですね
今の時代、混浴を嫌う女性も居ますから
経営的にはこういう形をとらないとお客が来ないのかもしれませんね
混浴を楽しみたい人はそれなりに楽しむコトができるし
そうでない人は専用浴室でゆったりできるしで
良いのではないかなとボクは思っています
じゅん☆ | 2007/11/26 19:38
★ヤダモンさん
この色、ヤダモンさんに言われてから気付きましたよ
ボクもまだまだですね(笑)
てっきりボクのイメージでは今回もこの色だったのですが
撮影で緊張していたためでしょうか
昨年、この色で感動したのをスッカリ忘れていました・・・
気付いていれば菅野社長に聞いてきたのですけれどね
今度行って黄銅色でなかったら聞いてきます
あの小さな滝の方には温泉湧出孔があるのでしょうか?
現在は鉄パイプの柵みたいなのができて行きづらくなっています
記事中の下から2番目の写真は昨年のモノなのですが
今回訪問した時にはこの緑ネットは無くなっていました
ボクの予想では鹿が入り込んでウンコしないように張ったのかなぁと思っています
じゅん☆ | 2007/11/26 19:38
★かりんさん
今回の撮影では吉田さんというプロの方が写真撮影してくれました♪
やっぱりプロが仕事で撮る写真は違いますよねぇ~
使っているカメラも高そうというか高価なやつでしたぁ
ボクは仕事じゃないのでコンデジでがんばります(笑)
じゅん☆ | 2007/11/26 19:38
★非公開(2007/11/26 18:40)さん
まだ正式に掲載されるかは分かりませんが
来春発売の「DO!Fit!ひがし北海道」に載る予定です
あっ! これは内緒ですからね(笑)
じゅん☆ | 2007/11/26 19:38
あの緑のネットは鹿よけの為ですか。
これからの時期あの辺は鹿だらけになりますもんね。納得です。

小さな滝の辺りに温泉噴出口ですか。どうでしょうか、私は気付きませんでしたが。
でも、あっても不思議ではないですよね。
滝の上流辺りに温泉噴出口があるというのは本だったかテレビの温泉番組だったかで見た記憶はありますが、それが菅野温泉のことだったのか何ともうろ覚えではっきりしません。
お力になれず申し訳ありません。
ヤダモン | 2007/11/27 02:15
実は前からじゅんさんの写真の撮り方が旨いので、密かに「ほ」雑誌の関係者と思っていたんですが(^^
違っていたようですね。
吉田さんの写真撮影は旨いですね。みせる部分と見せたくない部分を旨く使い分けていますね。
かりん | 2007/11/27 18:15
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2007/11/27 18:16
★ヤダモンさん
はい、たぶん鹿避けだと思います
温泉周りの草って美味しいらしいです(謎)
今回、ボクの本領を発揮して
取材中に素っ裸で滝へ行ってみればよかったなぁと思っています
そして即席湯船を造って浸かればウケたでしょうね(笑)
じゅん☆ | 2007/11/27 21:54
★かりんさん
プロは違いますよね
取材後、財界さっぽろの方々は札幌まで帰っていきました
せっかく菅野温泉へ来たのだから
泊まって行けばよいのになぁと思ったのですが
締め切りが迫っていて大変なのだそうです
見ているとホッとする雑誌ですが
作っている方々は締め切りまでホッとする暇は無さそうですね(笑)
じゅん☆ | 2007/11/27 21:55
★非公開(2007/11/27 18:16)さん
アレは非公開さんにしか見えないのですよ
Web2.0ですから(謎)
じゅん☆ | 2007/11/27 21:55
コメントの投稿 (Japanese text only)
 Secret :