じゅん☆ブログ

幌加温泉 鹿の谷 2006.07.11
幌加温泉 鹿の谷
上士幌町(かみしほろちょう)の山奥にある幌加温泉(ほろかおんせん)へ行ってきました。幌加温泉には二軒の温泉宿があったのですが、もう一軒の「ホロカ温泉旅館」は平成23年1月頃から休館となっています。今回は一番奥にある「鹿の谷(かのや)」へ日帰り入浴で訪問してみました。
館内
入浴料金を支払って浴室へと向かいます。奥の方に男子更衣室と女子更衣室がありました。更衣室は男女別となっていますが、ココの浴室は混浴となっているらしいです。
鹿の谷 内湯
さっそく浴室へと入りました。手前に3つの湯船、奥に打たせ湯の湯船があります。良く見るとお湯の色が湯船によって微妙に異なるのが分かるでしょうか? ココの温泉は湯船毎に泉質が違うのです。手前からナトリウム泉、鉄鉱泉、カルシウム泉となっていました。一番手前の湯船だけパネルで仕切られているのですが、おそらく恥ずかしがり屋の方に配慮してのコトだと思われます。しかし、その湯船の真ん前に男子更衣室の扉があるので何だか意味があるのか良く分からない配置でとなっていました。
桶
浴室の窓側には洗い場があるのですが、その中央に大きなステンレス製の桶があってパイプから温泉が注がれていました。おそらくこのお湯で体を洗ったりするためのモノだと思われます。お湯はもちろんすべて源泉かけ流しです。
鹿の谷 露天風呂
開放感のある露天風呂もありました。ココは泉質が硫黄泉となっていてかなり気持ち良いです。湯船中央の中途半端な仕切りがなんとも良い感じですね。下の方にユーウンナイ川が流れていてダムが見えました。資料によるとあのダムを越えた辺りには昔、露天風呂があったようです。過去の台風で破壊されてからはそのまま放置されているようで、最近入浴したという話は聞いたコトが無いのですが、果たして現在はどうなっているのでしょう? いつか探索してみたいですね。

★幌加温泉 湯元 鹿の谷(ほろかおんせん ゆもと かのや)
 場所 : 北海道河東郡上士幌町幌加番外地
 電話 : 01564-4-2163
 料金 : 500円
 営業 : 09:00-20:00
 休業 : 不定休
 宿泊 : 要問い合わせ
 泉質 : 含硼酸重曹食塩泉(中性低張性高温泉)
 成分 : 成分総計2,509~3,437ミリグラム(Na-Cl・HCO3)
 泉源 : 自然湧出(幌加温泉)
 備考 : 混浴(女性専用浴室あり)
 感想 : ★★★★☆
  

Comment
鹿の谷の露天、気に入ってくれたご様子でオジサンもうれしいですよ。ホントここはのんびり出来ていいですね。混浴なので女性にはどうかなぁー。
なんなん | 2006/07/14 19:14
★なんなんさん
鹿の谷、行ってきましたよ~
写真撮るの大変でした
今度、岩間温泉へ行くので再訪したいと思います
じゅん☆ | 2006/07/15 00:27
オジサンも岩間、大雪高原への拠点として幌加を考えています。よく春と秋は熊が出ると言われてますが、北海道では何月ごろが秋というのかな?ちなみにオジサンのとこは10~11月ごろが秋かな。しかしまぁいつも綺麗に撮れてるね、感心です。菅野・幌加の内風呂で窓いっぱい開けて撮っても曇っていますよ。腕が悪いのかカメラが悪いのか、ちなみにソニーのサイバーショット5.1メガです。
なんなん | 2006/07/15 01:02
★なんなんさん
熊との事故はよくありますから用心ですね
北海道の秋も10~11月頃だと思っています
今時期はかけ流し湯の内湯でもキレイに撮るコとができますね
寒くなってくると大変なのですけど・・・
これらの写真はサイバーショットDSC-L1で撮影しました
コンパクトデジカメ4台を持ち歩いているのですが
ボクはDSC-L1と相性がイイみたいです(笑)
じゅん☆ | 2006/07/16 09:30
完全に混浴なんですね。私(若くない)が行っても、入れるでしょうか。
今日はもう遅いので無理ですが、大丈夫そうなら明日行ってみたいのですが。
さくら | 2008/11/02 15:15
★さくらさん
今日は暇なのでこの記事を編集しなおしてみました♪
鹿の谷へ行ったのは2年前のコトなので記憶も薄らいできています
紅葉時季に行くと見事な露天風呂を楽しむコトができるでしょうね
ココは女性専用浴室とか無いので完全混浴と言って良いでしょう
もちろん誰が行っても入るコトはできると思いますが
こういうところはタイミングによって様子も異なると思うので
混浴が苦手なのであればあまりオススメはできません
隣にあるホロカ温泉旅館をオススメします
でも、鹿の谷の露天は気持ちイイですよ~♪
勇気を出して、さぁ! お尻出しちゃってください!(笑)
じゅん☆ | 2008/11/02 16:25
お忙しいのにありがとうございました。
明日は狩勝峠雨または雪ということで(雨主体)、頑張れば行けるでしょうが、心配もあります。しかし、白老の方も雨であり、距離は幌加温泉の方が30キロ弱近い。
ああ、どうするべきか(笑)とにかく、早朝にスタート出来る様、家風呂に入って寝た方がいいですよね^^
さくら | 2008/11/02 20:53
★さくらさん
ボクはまだタイヤを換えていないので
しばらく遠出を控えています
あぁ、白老と聞くと凄く行きたくなってきます
実は夏の白老ネタがまだまだ残っているので
近い内に白老記事を書こうかと思っていました
この時期の峠は突然雪が降ったりするので気を付けて下さいね
明日の温泉旅行が楽しいものとなるようにお祈りしております♪
じゅん☆ | 2008/11/02 21:13
頑張って行ってきました。いや、凄過ぎる・・・!!
こんなに感動した温泉はありません。男性3名とうまく入れ違いながら1時間ほどお湯を楽しんで参りました。ここは、鹿の子荘と合わせてまた訪れたいです。
じゅんさんの励ましがなかったら、今日は行けなかったと思います。ありがとう!
http://nutti.exblog.jp/10062216/
さくら | 2008/11/03 20:59
★さくらさん
頑張って行ってきたのですね!
鹿の谷の露天風呂はどうでしたか?
ココはいろいろな泉質を楽しむコトができてオモシロいですよね
ボクも再訪問して記憶の修正を行いたいなぁと思っています
鹿の谷には婦人用小浴場があったのですね!
てっきりこの記事で紹介した浴室だけかと思っていました
さっそく備考欄へ追記させていただきました
じゅん☆ | 2008/11/03 21:35
よく写真を見ると、手前のナトリウム泉のところの囲いが、少なくなっています。私の写真と比べてみてください。鉄泉との間につい立があるだけです。これは、どういう効果を考えて立ててあるのか不思議でした(笑)
さくら | 2008/11/04 16:10
★さくらさん
ボクもアレ?っと思っていました
コレの効果はサッパリ不明ですね
このついたての陰にコッソリと隠れて
入ってきた人をいきなり脅かすくらいしか思いつきません(謎)
もう一つ驚いたのが露天風呂の仕切りです
硫黄成分が付着して随分と立派な感じになりましたね
じゅん☆ | 2008/11/04 18:24
今日は峠を越えられそうなので、また行って来ました(笑)
露天が緑色のお湯になっていて、絶対に硫黄泉じゃなかったと思います。管に顔を近づけても、お湯をなめても「塩」の味でした。キツネにつままれたような気がしました。しかし、雪を見ながら体はぽかぽかで、冬の露天は風情があったです^^
http://nutti.exblog.jp/10103296/
さくら | 2008/11/09 23:04
★さくらさん
鹿の谷、気に入りましたか?
露天の写真を拝見しましたが、これはどういうコトなのでしょう?
あの辺りの硫黄泉はちょっと変わっているのですが
硫化水素臭も味もしないとなると
何らかの理由で食塩泉を投入して化学反応を起こしているのかもしれませんね
本来の硫黄泉はどうなっちゃったのでしょう?
じゅん☆ | 2008/11/10 19:46
チョット気になって検索してみたら、エメラルドのお湯の記事がありました。その方は硫黄の香りのことはふれていません。今年9月下旬の記事。(1番目のリンク)

露天の湯口が変わっている、という興味深い記事も。こちらは全て硫黄泉の色。謎は深まるばかり。
http://blogs.yahoo.co.jp/masumi_january7/55193768.html

http://blogs.yahoo.co.jp/hone_a_a_a_bone/53782573.html
http://blogs.yahoo.co.jp/hone_a_a_a_bone/49501990.html
http://blogs.yahoo.co.jp/hone_a_a_a_bone/49479777.html
さくら | 2008/11/11 05:09
★さくらさん
含食塩硫黄泉であればそういう色になるコトもあるのかなぁと思いますが
硫黄泉の色の変化は摩訶不思議なので何とも言えませんね
宿の人に聞いてみるのが一番ハッキリするでしょう(笑)
じゅん☆ | 2008/11/11 19:12
気にしていても仕方ないので宿の人に訊いてみました。「硫黄泉はその日の気温や天候によって影響を受け、緑色に変化することがある。緑色のものは藻である」
「曇っている時や寒い時は発生しずらい」
「日によって硫黄の含有量や温泉の温が変化している」との返答を得ました。確かに、9日の日中は十勝晴れでした。最悪の日に訪問してしまったようです。
温泉の奥の深さ、湯守の人のご苦労にふれた興味深い現象でございました。
さくら | 2008/11/12 01:16
★さくらさん
ほうほう、光合成の影響なのですかぁ~
緑藻が繁殖しているというコトは結構滑る感じなのでしょうか?
この湯船の泉質はきっと含食塩硫黄泉なのではないかと思えてきました
含食塩硫黄泉であれば何が起きても納得がいきます(謎)
この泉質というのはホントに興味深いですから
こういう光景に出逢えてとてもラッキーだったと思いますよ!
じゅん☆ | 2008/11/12 01:50
ご無沙汰です。峠を越えて幌加に行ってきました。
春の温泉始めが幌加です。仕事がごたごたで、しばらく近所の温泉にも行っていませんでした。

今日は天気もよく、男性がわんさかいて緊張しながらお湯を楽しみました^^
お湯は今までの中で一番ぬるくて、まったりできました。露天のお湯は透明で、なめるとにがショッパイ味で、硫黄の味、でも香りはなかったです。光線が強かったので、化学変化を起こしちゃったのかも。露天の硫黄泉は実に不思議です・・・

で、今回はお湯よりも鹿に驚きました。奈良公園かと思うほどの数(笑)
さくら | 2009/04/11 21:34
★さくらさん
鹿の谷へ行ってきたのですね♪
写真を見せていただきましたがホントに凄い鹿の数!
まさに鹿の谷って感じですね
幌加温泉もずいぶん行っていないので
そろそろ行ってみようかな?
ボク的には下の沢を探索してみたいのですが・・・(笑)
じゅん☆ | 2009/04/12 12:45
今日も鹿の谷に行ってきました。露天の変化を観察するためです。
昨日より光線は強くなくて、気温は低いです。入浴した時間は2時半から3時半の間で、昨日と同じです。内湯は、昨日より熱かったです^^

で、露天は・・・黄緑色の藻がふわふわ浮いていました。浴槽の床も黄緑藻がついています。
味は昨日と同じ、温度は若干高めでした。

いや~・・・・温泉って、本当に興味深いですね。4回行って、すべて露天は違うんです(笑)
雨の日にも行って確かめたくなりました。
さくら | 2009/04/12 20:14
★さくらさん
えーっ! また行ってきたのですか!
かなり幌加温泉がお気に入りのようですね♪
硫黄泉っていうのはホントに不思議です
濁ってみたり透明になってみたりオモシロいですよね
通って観察してみるのも興味深いかなと思います
じゅん☆ | 2009/04/12 22:23
めったにない連休を利用して糠平温泉めぐり♪に行ってきました(^□^)/。

じゅんさんのブログにすっかり影響されているのでここと山湖荘には行こうと決めてました~。

湯巡り手形で3軒回ろうとしたんですが、最初にこの鹿の谷にいったら、「湯巡りの温泉には加盟しているが、手形は糠平でしか買えない。」と言われ、泣く泣く現金で払ったら、「まけとくね」と言われ一人250円で入浴させてくれましたw。

 帰りも何やら常連さんをタダで温泉に入れたらしく、お金を受けとってください、というお客さんの声と「いやいや気にしないで」という押し問答が脱衣所まで聞こえてきました。太っ腹ぶりに感銘しました。しかし、経営は大丈夫なんでしょうか…w。ここのおばあちゃんは名物おばあちゃんですね。おばあちゃんのお肌がキレイでたまげました。幌加温泉効果なのでしょう。

 混浴は好きだ、と思っていましたが、こんなにまともに混浴なところははじめてだったので興奮しました。
女性専用の内湯はありましが、ゴミがいっぱい浮いていたのと、あつましくないのでおもいきってまっ裸で入りました。だってそうじゃなきゃ体が洗えないんですもん^^;

シルバーウィークだったのでお客さんがいっぱいいてほぼ男性客だったんですが、やっぱりわたしが入ってくとびっくりしてたみたいです。
体洗うところがよくわからなくて大変でした。泡泡してたら嫌がられるかなと思い、結局メイクも落とせず、頭も洗えず、体だけざーっと洗ってあとはお風呂に入らせてもらいました。

ここのお風呂はほんとによかったですね。内風呂の泉質が違う3つのお風呂に入れるのもとてもよかったです。足の裏でざらざら言うカルシューム泉がインパクトありました。

 移動してるときはてぬぐいで前は覆いますが、入るときはすっぽんぽんです。露天風呂は、さすがに横の若い男性ががん見しているのがわかっておもしろかったですwわたしが横を見ると顔をそらすので。こんな本物の混浴でも20代女性が普通に入るのはめずらしいのかもしれませんね。
 しかし、他にもおばさま2人がいたので心強かったです。男性も常に3人くらいは露天風呂にいて、狭くてもにぎやかな感じでした。

ショッキングなことが…。連れが気付いたんですが、ここに入っていたおじさまの危険があぶない部分…が勃っていてびっくりした、と出た後に言われました~!、うちらを見てそうなったのかはわかりませんが、なにかを意識してしまったんでしょうかね…。
 こんなところにくる人は女性がいたら気詰まりなくらいでこっちが申し訳ない、卑猥なことを考える方はいない…という考えが破壊されました~(-_-)…。これからも混浴いいな~と思ってましたが、軽くトラウマです。。中学生の男の子とかだったらわかるんですけどね。うう、

 出たときに感じのよい中年の女性が一人入ってきて、「内風呂は男性のお客さんいました?」と慣れた感じで訪ねられたのでもしかして↑さくらさん?、とときめきましたwが、網走から来たとおっしゃっていたのでどうやら違う方のようでした…残念。
この日は駐車場がいっぱいなくらいだったんで、いろんなところからお客さん来てたんでしょうね。

混浴のことは置いておいて、お湯はほんとによかったです。そんなに長い時間入ったわけじゃなかったんですが、すごく体がぽかぽかしてとても服が着られませんでした。露天風呂に浮いていた卵の黄身みたいな湯の花も見事でしたね(虫の死骸もすごかったですが)。あそこのお風呂は心が疲れたときにぜひまた行ってみたいです。しかし、じゅんさんのブログで見たとなりのホロカ温泉旅館のすごい堆積物も見てみたいところです☆

ながなが失礼しました~☆
おみ | 2009/09/20 17:03
★おみさん
ぬかびら源泉郷へ行ってきたのですね♪
幌加温泉は糠平からちょっと離れているから手形使えないのかな?
でも、まけてもらえて良かったですね
鹿の谷さんポイント高いなぁ~
若い女性が入って来るコトなんてなかなか無いですから
シルバーウィークで来たいた男性客たちはラッキーでしたね(笑)
カラダは湯船前のスペースで適当に洗う感じです
ボクが鹿の谷へ訪問したのもかなり前になるので
そろそろ再訪問したいなぁと思いました
もう少しすると紅葉が美しいかもしれませんね♪
 
オジさまもおみさんのナイスバディーに圧倒されたのでしょう
なかなかそういう光景を見るコトは無いですから
珍しいモノを見たというコトで一件落着です(謎)
ボクもこの前、函館の温泉で小学生くらいの男の子がピーンっとなっているのを
見かけましたがおそらく朝立ちというやつです
まぁ、よくあるコトなのかもしれませんねぇ~
 
幌加温泉の泉質はかなり良いと思います
今度はホロカ温泉旅館も挑戦してみてくださいね♪
http://505060.blog12.fc2.com/blog-entry-227.html
じゅん☆ | 2009/09/22 00:20
手形は使えるようです☆
でも手形自体が他の9軒の糠平温泉で買えるけど、ここでだけは買えないので、今回のおみのように最初の温泉めぐりを鹿の谷にすると手形が手に入らないのでここだけ現金で払うことになってしまいます~という感じです。

よくあることだったらいいな~。朝でなく午後でしたが(笑)
写真も撮ってきたんですが、わたしはブログとかできないんでお見せできなくて残念ですw。ミクシイなら唯一やってるんですけど、一回じゅんさんを探してみましたがよくわかりませんでしたw。おみのセクシー写真が見たかったらいつかミクシイやってみてくださいね♪(笑)

よし次はホロカ温泉旅館に行こう!雪が降るまえにがんばってきます~~

おみ | 2009/09/22 01:11
★おみさん
ほうほう、そういうコトなのですか
湯めぐり手形は良いアイディアですよね♪
 
あっ、オジさまはすでに朝立ちとか卒業されていると思うので
やはり条件反射のような感じなのでしょう・・・(謎)
 
残念ながらボクはSNSやらない派なので
おみさんのセクシー写真を見られないのが残念です・・・(泣)
じゅん☆ | 2009/09/22 01:22
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2010/04/06 23:46
★非公開(2010/04/06 23:46)さん
おぉー行ってきましたかー!
ドキドキしている非公開さんが目に浮かぶようです(笑)
鹿の谷はやっぱり露天の硫黄泉が素晴らしいですから
がんばって入浴して正解だったと思いますよ♪
今度はホロカ温泉旅館にも挑戦してみてください
それにしても非公開さんのオシリをバッチリ見たとは
何とも羨ましいヤツですね(笑)
じゅん☆ | 2010/04/08 00:11
今年は鹿の谷にも行きたいと思ってます
4つの異なる源泉があるなんて凄いですね
ほとんど混浴みたいですが
素晴らしい温泉は基本的には混浴だと何かの本で読んだコトがありますよ
露天風呂がイイですね
開放的で気持ちよさそう~
確か湯口が堆積物で禁断の形になっているあのホロカ温泉の近くですよね?
砂防ダムのところにごきげんな露天風呂があったようですが・・・
へぇ~温泉に泊り込みで試験勉強ですか!
いいなぁ~
きっと難しい国家試験とかなんでしょうね
これに合格するとビョーンと偉くなってもしかして転勤?
和友 | 2010/07/27 12:43
★和友さん
鹿の谷にもいってらっしゃってくださいぜ!
ボク的には女性専用浴槽へ入ってみたいのですが・・・(笑)
この前、近くまで行ってきたのですが
混んでいる雰囲気だったので幌加冷泉を探索したとかいうオチでした
じゅん☆ | 2010/07/27 21:35
ホロカ温泉旅館のお次はお隣の鹿の谷です
あまりに近いので、タオル巻いたまま行きたかったですよ(笑)
浴室のパネルですがじゅん☆さんが行ったときよりは少なくなっていて
手前と真ん中の湯船の仕切りだけだったです
ますます意味がわかりません(笑)
内湯は湯船毎に泉質が違うのが凄いですね
露天風呂に行ったら若いカップルが写真の撮りっこをしてました
オジャマだったみたいですが気にしないでずっと浸かってました(笑)
ここの露天風呂めっちゃ気持ちいいですね~!
和友 | 2010/09/20 06:06
★和友さん
ココもしばらく入っていないので
また再訪問してみたいですね
泊まってみようかな?
じゅん☆ | 2010/09/20 13:54
初めてレスポンスします。
ホロカ温泉は糠平と比べてどんな感じですか??
あと、塩別つるつる温泉方面から行こうと考えています。
さんた | 2012/07/02 22:07
★さんたさん
初めまして!
コメントありがとうです♪
ホロカ温泉と糠平温泉を比較ですか!?
何を比べたらよいのか迷いますが
ホロカ温泉の方が糠平温泉よりも鄙びているでしょうね
周りには何も無いですから・・・
糠平温泉は外湯めぐりとかできてオモシロいと思いますし
どちらも良い面があると思いますよ
塩別方面から行くのであれば勝北峠に挑戦しないコトをオススメします(謎)
じゅん☆ | 2012/07/02 22:40
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2014/04/11 17:04
★非公開(2014/04/11 17:04)さん
こんばんは~♪
鹿の谷はしばらく入っておりませんが
とても良い温泉ですよねー
いつまでも湯を守っていただきたいです!
じゅん☆ | 2014/04/13 23:18
コメントの投稿 (Japanese text only)
 Secret :