じゅん☆ブログ

ふるさと銀河線・薫別駅(廃) 2006.10.07
あれから半年・・・
あれからもう少しで半年・・・ 北海道ちほく高原鉄道・ふるさと銀河線の廃線跡を旅してきました。まだ線路は残っていて、今にも遠くから列車の警笛が聞こえてきそうな感じですが、よく見るとその線路は赤く錆び始め、ちらほらと軌道上に草が生え始めていました。
旧薫別駅ホーム
ホーム床の隙間からポツンと草が芽を出していました。駅名標やスズラン型のランプは取り外され、その支柱だけが寂しそうに残っています。徐々に自然に帰ろうとしているような雰囲気が漂っていました。
撤去された踏切
踏切は撤去されアスファルトで整地されていました。線路側に真新しいクルマ止めが設置されていて廃線になったコトを実感できました。そして薫別駅の待合室は・・・
あっ!まだ残っているようですね。
旧薫別駅待合室
もうこの待合室を見るコトはないかなぁと思っていたので、再び見るコトができてうれしかったです。あの木のベンチはどうなったのでしょう?
廃線後の薫別駅待合室内部
うわぁ~、まだ残っていましたよ。しかも、待合室の内部がなんだかキレイになっています。棚や額縁が設置され、割れていた窓ガラスも修繕されていました。
手作りの棚
棚や額縁はこの地で酪農業を営んでいる大西さんという方が、この待合室を大切に残していきたいという思いから設置し、割れていた窓ガラスも修繕してくれたのだそうです。
思い出の駅ノート
駅ノートがキレイに保存されていました。運行最終日である4月20日のページを見てみると、廃線を惜しむ沢山の人の思いが綴られていました。
忘れられた時間が流れている
この待合室は40年以上も前に地元の人々によって建てられたのだそうです。もし、ココの近くを通るコトがあったなら、ちょっと立ち寄ってこのベンチに座ってみてください。この待合室には忘れられた時間が流れています。   

Comment
いゃー安心しました。うれしいですね、大西さんありがとうですね。3月に訪れた駅なので今回の旅行で行きたかったのですが・・・。女満別から鹿の子荘へ行く途中で西富駅に立ち寄りました。薫別駅同様にこちらも待合所にノートが残っており、廃線後の線路を歩いた感想などが書かれてました。近所の庭先?に踏み切りが移設されこちらも地区の方に守られているようです。薫別のベンチまた座りたいなー。
なんなん | 2006/10/08 00:51
★なんなんさん
このベンチがどうなっちゃうのかと思っていたのですが安心しました♪
こういった地域の方がいるというのはイイものですね
じゅん☆ | 2006/10/08 02:11
いや~嬉しいですね。是非近くに行きましたら行ってみます。今回初めて積丹に行きました。神居岬からの夕日はすごくきれいでした。
くろひょう | 2006/10/11 00:25
★くろひょうさん
こういうのはホント嬉しいですよね♪
今度、川上駅も見に行ってきます
積丹の海はキレイですよね
来年の夏は積丹岬と神威岬へ行きたいです
じゅん☆ | 2006/10/11 01:29
じゅんさんは、北海道ちほく高原鉄道・ふるさと銀河線の廃線跡の旅をされたのですね。
しかたがないことなのでしょうが、廃線になるのは寂しいですね。
手づくりの木のベンチ、なんともいい味がしてステキです。
待合室を大事にされている方がいらっしゃるということを聞くと、ほっとして心が和みます。
機会があったら、訪ねたいです。
ユウ | 2006/10/19 20:25
★ユウさん
もう、オンラインの地図からはこの路線が消えていてビックリでした
地図から消えたコトで薫別駅はホントに秘境駅になったような感じがします
この待合室は封鎖されていないコトから
北海道ちほく高原鉄道株式会社の資産ではないのかもしれません
機会があったら是非訪れてみてください♪
じゅん☆ | 2006/10/19 23:00
コメントの投稿 (Japanese text only)
 Secret :

Trackback
Trackback URL : http://505060.blog12.fc2.com/tb.php/277-43a78526
薫別駅
ちほく高原鉄道ふるさと銀河線薫別駅前、大誉地寄りにある踏切です。薫別は人家も殆どない畑の中の無人駅で、同線有数の乗降客の少なさです。この踏切も施設は立派ですが、交通量は非常に少ないです。残念ながら2006年4月20日をもって ... ≫More
踏切旅行 -- 日本全国踏切紀行 | 2006/11/06 05:45