じゅん☆ブログ

冬の秘湯探検 2007.01.26
通行止を越えて・・・
ある天気の良い冬の朝、ボクは秘湯探検へ出かけました。ココは北海道のとある山の中、このゲートから先は冬期間通行止となっています。スノーシューを装備していよいよ出発です。
探検スタイル
ココで今回の探検スタイルを紹介しましょう。格好は悪いですが、ズボンは2枚重ねで長靴を履きスノーシューを装備しています。ワンショルダーバッグの中にはタオルセット、ドカシー、デジカメ、お茶、熊よけスプレーなどが入っています。熊よけスプレーは大袈裟だと思うかもしれませんが、この時期にヒグマに出遭うコトは稀だとしても、山の中には凶暴者の野犬などがいるかもしれません。ただ、このスプレーは氷点下では噴射できないかもしれないと書いてありました・・・。あと、小型のバケツも装備しています。野湯探検する時はだいたいこんな感じです。
青空が気持ちイイ♪
天気も良くて探検するには最高のコンディションです。ご覧のような雪の上を歩いて行きます。人の足跡はもちろん、鹿の足跡もほとんど無いような場所です。1メートル前後の雪が積もっているような感じでした。
延々と続く雪道
もう、3キロメートルくらい歩いたでしょうか。雪道の3キロがこんなに大変だとは思いませんでした。しかも結構登り坂が多いのです。序盤は天気も良くてイイ気分で歩いていましたが、後半は口が開きっぱなしでハァハァ言いながら歩いていました(笑)
見覚えのある橋が
なんだか見覚えのある橋が見えてきました。目的地まではあと少しのようです。しかし、もうかなり疲れています。帰りに今来た道をまた歩くのかと思うと少し気が滅入りますが、ココまで来たのですから頑張って歩くコトにします。
やっと着いたぁ~
ようやく目的地付近へ到着しました。スタート地点からココまで約4キロメートルで、1時間半かかりました。帰り歩けるかなぁ・・・(笑) クルマの便利さと体力の無さを実感したのでした。これからこの雪の崖を秘湯目指して下って行きます。 さて、どこの秘湯なのでしょう? 次回へ続きます。   

Comment
(!o!)オオ! コレは岩をくりぬいたような湯船の野湯への道ですね(o^^o)ふふっ♪ 
確か、上流に【不濁の湯】と呼ばれるお湯がある場所かと。
入湯レポが楽しみですねo(^-^)o ワクワク

あ、じゅん☆さんが使ってる赤いスノーシューって
2005/2006シーズンの【TUBBS(タブス)】のジュニア用の【ユース】というヤツですよね。
現在発売中の2006/2007モデルでは【グレイシア21】と変わって、赤では無くなりましたが
32~59kgまで対応で、体重が軽い方ならコレが使えるんですよねぇ。

σ(^^)装備入れるとd (>◇< ) アウト!なので羨ましいです。
KOBAN2 | 2007/01/26 01:58
★KOBAN2さん
さすがKOBAN2さん、的中ですね(笑)
今年は一番最初の写真のゲートまで除雪されていて助かりました
入湯レポでは意外なコトが・・・
 
ボクのスノーシューはそのやつですね
価格も手頃で軽くてお気に入りです♪
それにしてもスノーシューって楽しいですね
夏よりも行動範囲が広がっている気がします
じゅん☆ | 2007/01/26 02:34
やっぱスノシュー買うしかないです。
(゚ー゚)(。_。)(゚-゚)(。_。)ウンウン

僕も探検ほどはいけませんけど、散策位は健康のためしたいですね。

ここはもしや・・・

ゲートから歩いたんですか・・・ スッゲー 

真冬もバケツで水を汲まないと熱いんですかねぇー

電柱|ー ̄) 隠れニヤリ

もしかして何か
温泉爆走族 | 2007/01/26 15:55
想像していた場所とは違ったみたい!!
うむ^^;;
あのように装備するんだ~入湯レポでは意外なコトが・・?え?何があったの?
かりん | 2007/01/26 17:50
★温泉爆走族さん
スノーシュー、オモシロいですよ♪
この温泉は雪の崖を下りていくのが大変でした
夏にあったロープが埋まっていて使えなかったのです
でも、なんとか辿り着くコトができました

★かりんさん
想像していた場所はどこだったのでしょう?
冬の探検装備はこんな感じですね
これで雪の斜面を尻滑りしたりもできるんです(笑)

次回予告↓
http://blog-imgs-29.fc2.com/5/0/5/505060/0701212400.jpg
じゅん☆ | 2007/01/26 22:46
コメントの投稿 (Japanese text only)
 Secret : 

Trackback
Trackback URL : http://505060.blog12.fc2.com/tb.php/329-474c9a84
天気
天気天気(てんき)は、ある場所における、ある時刻もしくは一定の期間の大気の状態である。現在、天気の種類は以下の15種類が定められている。*快晴 - 空全体に対して、雲の占める面積が2割未満の状態。*晴れ - 空全体に対して、雲の占める面積が2割以上 ... ≫More
めいの部屋 | 2007/04/06 09:38