じゅん☆ブログ

白湯山自然探勝路 2007.08.11
白湯展望台登山記帳所
釧路市阿寒町(くしろしあかんちょう)にある白湯山自然探勝路(はくとうさんしぜんたんしょうろ)へ行ってきました。この日の天候はくもりで湿度がとても高く蒸し暑い感じです。国設阿寒湖畔スキー場から白湯展望台へと向かって行きました。
スキー場と阿寒湖
探勝路へ入るにはスキー場の斜面を登って行かなければならないようです。スキーコースなので斜度がありナカナカ大変です。登り始めてスグに汗だくとなりました・・・(汗) ホントにこの道でイイのかなぁと思いましたが、コースの途中に案内看板があるので間違いないようです。
白湯山自然探勝路入口
ハァハァ言いながら15分ほど登ると白湯山自然探勝路(雌阿寒岳登山線歩道)と書かれた大きな看板があり、展望台までの地図が描かれていました。ココがやっと入口のようです。展望台までは約1.3キロメートルで標高差が180メートル、所要時間は片道約60分とのコトです。ヤル気が出てきたのでココからは上半身裸で進みます(謎)
探勝路へ
森の奥へ自然探勝路が続いています。比較的整備されている道なのですが、ところどころ崩落していたりして危険な部分もあるので用心しながら歩きましょう。道中には展望台までの距離が記された看板があるので目安にできます。
湯の沢
スタート地点から約30分で温泉の流れる川へ到着しました。案内板によると上流のボッケ地帯から湧き出した温泉が流れてきていて、この川の温度は約47℃とのコトです。もちろん入浴しましたが、その様子次回の記事で紹介しようと思います。
ボッケ地帯
温泉の流れる川の上流へ行くと最初のボッケ(泥火山)地帯がありました。周囲には硫化水素臭がたちこめていて噴気も見えます。ボッケとはアイヌ語で「煮え立つ」という意味なのだそうで、この周辺はあちこちに泥沼があってボコボコと高温の温泉が湧き出していました。
立入禁止!
地獄を見たコトはまだありませんが、まるで地獄のような光景です。ボッケの温度は100℃近くあるので万が一ボッケに足を取られると大火傷してホントに地獄を見ます。危険が危ないので近づかないようにしましょう。
その先にもボッケ地帯が
さらに先にもいくつかのボッケ地帯があるのですが、一番見応えがあるのは最初のボッケ地帯でした。探勝路の途中には休憩用のベンチがあるので時々休憩しながら進みましょう。
阿寒湖を一望!
スタート地点から約60分ほどで森を抜け視界が開けました。やはり山の上からの景色は良いですね。阿寒湖や阿寒湖温泉街、雄阿寒岳を一望できます。こうやって阿寒湖を一望するのは生まれて初めてです。先の方に白湯山展望台があるので行ってみましょう。
白湯山展望台
ココがゴール地点の白湯山展望台(標高788メートル)です。道中はとても暑くて疲れましたが良い景色を見られて満足でした。もう少し天気が良ければもっとキレイなのでしょうね。
地熱地帯
この辺り一帯は地熱が高くて冬でも雪が積もらないのだそうです。暖かい所に適したコケやシダ植物が多く生育しています。探勝路はココで終点なのですが道はさらに白湯山(標高950メートル)へと続いているようでした。雷がひどくなってきたのでそろそろ引き返します。雷注意報が出ている時にこんな場所へ来てはいけません。
虹だぁ♪
下山を始めると同時に雨が降ってきました。ハダカだったので気持ち良かったのですが後日、風邪をひいたようです・・・。スキー場へ着く頃には雨も上がって雄阿寒岳の方角にキレイな虹が出ていました。帰りはほとんど下りで楽なのですが、酷使した膝が悲鳴をあげて大変でした。   

Comment
お知らせ♪
今日はリベンジの沢探索です(謎)
次回予告↓
http://blog-imgs-29.fc2.com/5/0/5/505060/0708120100.jpg
久しぶりに野湯入浴シーンの登場です(笑)
じゅん☆ | 2007/08/12 01:12
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2011/10/11 00:21
★非公開(2011/10/11 00:21)さん
ココはずっと下までお湯が流れているので
探せば適温な場所があるのかもしれませんね
火山活動が活発化しているのかな?
じゅん☆ | 2011/10/11 19:01
コメントの投稿 (Japanese text only)
 Secret :