じゅん☆ブログ

スポンサーサイト --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  

仁伏温泉 クアハウス屈斜路 2008.03.02
クアハウス屈斜路
弟子屈町(てしかがちょう)の仁伏温泉(にぶしおんせん)にある「クアハウス屈斜路」へ行ってきました。屈斜路湖畔(くっしゃろこはん)にあるこの温泉は町有の健康保養施設で、温泉学に基づいた健康づくりを楽しむコトができます。
クアハウス屈斜路の受付
中へ入ると横に靴箱があるので靴を置いて受付で入浴料金を支払います。料金は500円ですが、会員になると割引になるようです。受付の横ではフリーマーケットが開催されていました。
男湯の脱衣所
こちらは脱衣所です。鍵付きのロッカーがあって1回100円かかります。なお、入れた100円は戻ってきません。洗面台にはドライヤーも用意されていて、こちらは無料で利用できました。
かぶり湯
さっそく浴室へ入りました。入るとすぐにかけ湯コーナーがあります。それぞれ湯温が異なるので、入浴前のウォーミングアップに良いですね。
浴室全景
こちらは浴室全体の様子です。沢山の湯船などがあるのでいろいろと楽しめそうです。このクアハウス屈斜路では入浴プログラムというコトで、オススメの入浴方法を記したボードがあり、そのプログラムに沿って入浴するコトで、総合的な健康づくりができるように考えられているのでした。
入浴♪(その1)
ボクは時間を計りながら入浴したりするのが面倒なので適当に入ってしまいました。写真は寝湯の様子です。この寝湯はちょっと頭を置く位置が高いと思いましたが、湯温がぬるめで長時間寝湯を楽しむコトができました。脱衣所に掲示されている温泉分析書によると、こちらの温泉(No.160-066)は、成分総計681ミリグラムの単純泉で、源泉温度は43.1℃、pH値は7.7となっています。無色透明なお湯で源泉かけ流しとなっていました。
入浴♪(その2)
こちらはユニークな箱蒸しという設備です。スチームサウナみたいなモノなのですが、箱にカラダを納めて頭だけ出して入浴します。箱の中には70℃ほどの蒸気が充満していてじっとりと汗が出てきます。木の心地良い香りがして、ボクはこの箱蒸しがかなり気に入りました。
入浴♪(その3)
こちらは運動浴槽と呼ばれる湯船です。水深が120センチメートルもあって、プールみたいな感じでした。思わず泳いでしまいそうだったのですが、泳がないで下さいとの注意書きがきちんとあります。湯温が低いので箱蒸しの後に入ると気持ち良い感じでした。手前の方には圧注浴という噴流発生装置があって、ジェットバスのようにマッサージ効果を楽しむコトができるようになっています。
歩行浴
他に変わったところでは歩行浴というのがありました。お湯と水に分かれた細長い浴槽の中に小石が敷きつめられていて、その上を歩くコトによって足の裏を刺激し、血行を良くする効果があるのだそうです。打たせ湯気泡湯などもありました。
飲泉場
この施設は湯上がり後も楽しいのです。こちらは休憩所にある飲泉場なのですが、1回に100から200ミリリットルを食前に飲んで下さいと書いてありました。便秘や糖尿病に効果があるようです。試しに飲んでみたところ無味な感じでした。
マッサージコーナー
こちらはマッサージコーナーです。なんとこれらの機械は無料で利用するコトができます。最近ちょっとマッサージチェアにハマっているので存分に揉んでもらってきました(笑) 足裏マッサージ器も使ってみましたが、くすぐったい感じですね。
トレーニングルーム
トレーニングルームもありました。こちらの機器の利用も無料です。いろいろな機械が置いてあって、体力づくりやリハビリテーションに利用できそうですね。毎日やっていたらバキバキになりそうな感じでした。
温泉卓球
卓球台もありました。家族や友達同士で来たら温泉卓球で盛り上がれそうですね。500円でこれだけいろいろ楽しめるとは驚きました。ゴロ寝できる場所まであるので、至れり尽くせりといった感じです。
休館のお知らせ
今回、初めての訪問でしたが、温泉を楽しむいろいろな工夫が見られてとても良い温泉施設でした。大変気に入ったので時々訪問したいと思ったのですが、残念なコトにこのクアハウス屈斜路は今月いっぱいで休館となってしまうのだそうです。施設や設備の老朽化がその理由とのコトなのですがもったいない感じですね・・・。

★仁伏温泉 クアハウス屈斜路(にぶしおんせん くあはうすくっしゃろ)
 場所 : 北海道川上郡弟子屈町屈斜路湖畔仁伏温泉
 電話 : 015-483-2446
 料金 : 500円
 営業 : 10:00-20:00
 休業 : 火曜日
 泉質 : 単純泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
 成分 : 成分総計681ミリグラム(Na-Cl・HCO3)
 泉源 : No.160-066(成井農林井)
 備考 : 平成20年3月31日をもって廃業
 感想 : ★★★★☆
  

Comment
クアハウス屈斜路が今月いっぱいで休館との情報を聞きつけ
急遽、弟子屈町へ行ってきました
仁伏温泉郷は今年の夏にでも探索しようかなと思っていたので
危うく間に合わないところでした
情報を提供してくださった「道東の秘者」さん
どうもありがとうです♪
お知らせ♪ | 2008/03/02 22:30
今、函館から帰りました。今朝、湯の川の根崎湯に入ってきました。浜の湯よりも「楽」に入れました。前日はHOで啄木亭に行き露天から飛行機見ましたよ。滑走路が見えるんですね。
なんなん | 2008/03/02 22:52
★なんなんさん
函館ですかぁ~!
イイなぁ~♪
根崎湯はまだ未入湯なので行ってみたいです
前回の函館めぐりではカメラの設定を誤り散々な写真だらけだったので
他の銭湯も再訪したいなぁと思っています
啄木亭から見る飛行機は圧巻ですよね
真上を飛んで行きますから(笑)
じゅん☆ | 2008/03/02 23:06
これだけの設備があるにもかかわらず、休館になってしまうとは もったいないですね…卓球台もあったり、無料の健康器具も取りそろえていて楽しめる施設なのにねぇ    じゅんさんの箱蒸しの画像 途中でフタがパカッと空いて またまた娘に大ウケです  今朝起きたら、何だか日差しが…昨日までとはちょっと違う様な気がしました ゆっくりゆっくり春が近づいていますね    
あべちょ | 2008/03/03 07:40
★あべちょさん
ホントにもったいないですよね
北海道の町はどこも財政状態が逼迫していますから
仕方の無いところなのでしょうか・・・
箱蒸し画像の仕掛けに気付いていただけてよかったです♪
浴室内に湯煙が充満していて撮影するのが大変だったのです
道路脇の雪も徐々に融けだして春が近づいてきていますね♪
じゅん☆ | 2008/03/03 19:13
じゅん☆さま、こんばんは♪

この施設、子供の頃父によく連れて行ってもらいました。
じゅん☆さんの箱蒸しの写真をみて、当時の記憶がぶわぁっとよみがえりました。
お正月に実家に行った時に、妹とこの箱蒸しの話しになって、どこの温泉だったか思い出せなかったので嬉しいです。
思い出の場所が休館になってしまうのはさみしいですが、こうやって思い出すことができただけでも嬉しいです。
ありがとうございました。

私、小学校4年生くらいまで、男湯に入っていたのですよね~。
今のご時世だと考えられませんね。
なり | 2008/03/03 20:52
行って来たんですかぁ。本当にもったいないですね。儲かるんなら譲って欲しいですね。
町有で、指定管理者に任せた営業形態だったようですね。古き良き物ばかり消えていきますね。
温泉版レッドデータブックが必要な時代ですね。三香温泉も営業中のようですが、売りに出ていますね。
道東の秘者 | 2008/03/03 22:09
皆さん仰るとおりもったいない話ですね。
これからどんどん地方の自治体では税収不足が加速し、こういったサービスの打ち切りが出てくるのでしょう。
箱蒸しは秋田の後生掛温泉で体験しました。
残念ながら私には少し熱すぎ、10秒程で退散してしまいましたよ。
nana | 2008/03/03 22:42
箱蒸しのしかけがあったんですか!
まったく気付きませんでした。
面白いですねえ。
今度はタオルにも仕掛けを作ってみてはいかがでしょうか。(笑)
kaz | 2008/03/03 22:53
★なりさん
ココは家族で楽しむのに良い施設ですよね
箱蒸しを思い出していただけて良かったです♪
ボクもこの箱蒸しがとても印象に残りましたから
今の子は何歳くらいまで親と一緒にお風呂に入るのでしょう?
じゅん☆ | 2008/03/03 23:07
★道東の秘者さん
はい、行ってきました♪
道東の秘者さんの情報が無ければ入りそびれるところでした
どうもありがとうです♪
弟子屈町のHPを見たところ指定管理者による運営ですね
後ほど記事の一部を修正しておきます
建物の老朽化は当初から予想できたコトでしょうから
あまり運営が上手く行っていなかったのか
最初からやれるところまでやる計画だったのか・・・
良い施設なのにもったいないなぁと思いました
三香温泉もチラッと見てきましたが営業していましたね
買い手がつくまで頑張るのかもしれません
じゅん☆ | 2008/03/03 23:14
★nanaさん
こういうホッとできる施設は残してもらいたいですよね
時には無駄も必要だとボクは思っています
まぁ、維持していくにはお金がかかりますから
昨今の地方自治体の危機的財政状態ではどうしようもないのでしょうね
箱蒸しは珍しいので体験できなくなってしまうのが心残りです
じゅん☆ | 2008/03/03 23:19
★kazさん
仕掛け、気付きませんでしたか?
ときどき仕掛けているので気を付けてください(笑)
タオルの仕掛けもオモシロそうですね♪
一体何が出てくるのでしょうか(謎)
じゅん☆ | 2008/03/03 23:22
★お知らせ♪
次回予告↓
http://blog-imgs-29.fc2.com/5/0/5/505060/0803040015.jpg
次回からは「じゅん☆ブログ」冬の風物詩
和琴半島特集を予定しています
今までこのブログに登場していなかったあの温泉も
登場するかもしれませんのでお楽しみに♪
お知らせ♪ | 2008/03/04 00:18
じゅん☆さま、こんばんは♪
家と外では違うと思いますが、私の周りの女の子の親は、温泉などで男湯に入浴させないそうです。
今週末は虎杖浜温泉に宿泊してきます♪
なり | 2008/03/04 23:13
じゅん☆さんの記事を見ていたら、閉鎖する前に行かなきゃいけない気持ちになりました(笑)
連休はないので札幌から日帰りになりますが、阿寒湖くらいまでなら何度も日帰りしてますし‥何とかなるだろうと思ってます^^;
ついでに何件か立ち寄りたいですね。

今後どうなるか分かりませんが、こういう温泉文化財的な場所は残っていてほしいですね。
実にもったいないです。

今週末は多分白老にいます^^
のん | 2008/03/05 12:02
★なりさん
まぁ、親の方々にもいろいろな方針がありますからね(笑)
週末は虎杖浜ですかぁ~
ボクもゆっくりと白老探索をしたいのですが
時間が有るようで無くて行ったり来たりしています
じゅん☆ | 2008/03/05 20:25
★のんさん
札幌から日帰りですか~!?
気合いが入っていますね(笑)
ココは何人かで行って温泉にのんびり浸かって
卓球で遊んだり腹筋したりして過ごすのが楽しそうです♪
でも、もう少しでそんなコトもできなくなってしまうのですが・・・
のんさんも週末に白老ですか~
みなさん白老へ行けて羨ましいです
じゅん☆ | 2008/03/05 20:37
久しぶりのコメントですーw
なんだか、また面白く記事を仕上げましたね♪w
銭湯っぽいところもおもしろいですね!!
うに | 2008/03/06 01:17
★うにさん
お久しぶりです♪
今回の記事にもちょっと仕掛けをしました(笑)
ココはとても良い温泉なのですが
もうすぐ無くなってしまうので残念です・・・
じゅん☆ | 2008/03/06 19:46
コメントの投稿 (Japanese text only)
 Secret : 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。