じゅん☆ブログ

然別峡 ダム下の湯 2008.04.12
然別峡ダム
今回紹介するのは然別峡ダムの横にある「ダム下の湯」です。ボクの愛読書「北海道無料100秘湯」では「名なしの湯」として紹介されていますが、最近は「ダム下の湯」という呼び名が主流になっているようです。
高所から望むダム下の湯
高いところから見るとその位置関係が分かりやすいですね。然別峡ダムの下流側に広場のような場所があって、その中央部にダム下の湯があります。
ダム下の湯A
こちらがダム下の湯です。以前に訪問した時よりも立派になっていて驚きました。ご覧のようにすぐ目の前に然別峡ダムがあって良い眺めを楽しめます。
脱衣所
湯船の横にはこんなモノまでありました。脱いだ服などを掛けておける木の枝と切り株で作った椅子です。器用な人がいるものだなぁと感心してしまいました。
湯船
こちらが湯船です。周りに平らな石が敷き詰められてかなり立派なモノとなっていました。湯船底には排水用のパイプが取り付けられて掃除しやすくなっています。訪問時は排水口からお湯が抜けていたので、近くにあった木の枝で排水口に栓をしてお湯を溜めてみました。
入浴♪(その1)
一時間ほどで入浴できるくらいのお湯が溜まったので入浴してみました。沈んでいた藻が浮かんできたりもしましたが、なかなか快適に入浴するコトができました。
泉源
ダム下の湯のお湯は湯船から1メートルほど離れた岩の間から湧き出してきています。ちょうど写真の足の先に泉源があって、湧出部分がオレンジ色に染まっていました。
湯温計測
源泉湧出部分の湯温を計ってみると52℃もありました。湯船へ注がれるまでにちょうど良い湯温になるようです。お湯は無色透明で泉質は重曹硼酸食塩泉とのコトです。
ダム下の湯B
ダム下の湯の数メートル先にもう一つの源泉湧出場所があります。便宜上「ダム下の湯B」としておきましょう。ココには黄土色のお湯が溜まっているのですが、藻などが浮いていてちょっと入浴するには汚いかなぁといった感じです。
湯温計測
ダム下の湯Bの温度を計ってみたところ31℃とぬるめでした。浮いている藻(葉っぱ)が何とも言えない感じですね。泉質はよく分かりませんが、おそらく最初に紹介したダム下の湯Aと同じかと思われます。お湯は湯船の底から湧き出しているようでした。
入浴♪(その2)
意を決してダム下の湯Bへ入浴してみました。その様子はまるで肥溜めに落ちてしまった可哀想な人みたいです(笑) 浴感は生ぬるいお湯が何とも言えず気持ち悪い感じでした。こちらの湯船はマニアな方以外にはオススメできない感じですね。早々にお湯から上がりました・・・。

●然別峡 ダム下の湯(しかりべつきょう だむしたのゆ)
  場所 : 北海道河東郡鹿追町瓜幕然別峡国有林 【地図】 【閲覧】
  料金 : 無料
  営業 : 24時間
  休み : 年中無休
  泉質 : 重曹硼酸食塩泉
  備考 : 混浴
  感想 : ★★★☆☆
  

Comment
★お知らせ♪
今回はダム下の湯の汚い方に初めて入浴しました!
温泉というよりはドブのようで何とも言えない感じでしたが・・・(笑)
然別峡特集はまだまだ続きますのでお楽しみに♪
おまけ(ダム下の湯C)↓
http://blog-imgs-29.fc2.com/5/0/5/505060/0804120230.jpg
お知らせ♪ | 2008/04/12 02:35
汚い方の湯にも入浴するとは、じゅんさん凄すぎます。
僕は、ちょっと入浴できなかったです。
僕も野湯マニアとしては、修行が足りないですね。(笑)



露天風呂マニア | 2008/04/12 07:29
じゅんさんの、勇気に感動しました。
昔、屈斜路湖半の赤湯の内風呂に入った時の、凄さを思い出しました。
あさこは、浴槽の底に、10センチ以上の泥状の堆積物が溜まっていて、一同冷や汗を掻きながらの短時間入浴で、入られなかった友達も居たのを思い出しました。露天風呂は綺麗ですけどね。
道東の秘者 | 2008/04/12 12:25
とっても、勇気がありますね
ちょっと驚きです

私には真似できません
菜乃葉 | 2008/04/13 11:52
★露天風呂マニアさん
勢いというのは恐ろしいモノですね(笑)
ボクは勢いづくと何をしでかすか分かりません(謎)
皆さんにも肥溜めに落ちた気分を味わっていただけたらなぁと思って
今回の写真掲載となりました(笑)
じゅん☆ | 2008/04/13 15:06
★道東の秘者さん
勇気というか何なんでしょう?
時々、自分でも信じられない行動に出たりします(謎)
赤湯の内風呂はボクも入ってみたいなぁと思っているのですが
鍵がかかっていて入るコトができないでいます
こういうところに入ってしまうのも野湯の醍醐味かなぁと
最近は思うように心がけています(謎)
じゅん☆ | 2008/04/13 15:10
★菜乃葉さん
この色をみたら普通の人は入らないですよね~(笑)
おそらく鹿のウンコとか沢山入っているモノと思われます
菜乃葉さんは絶対マネしない方がイイと思います
じゅん☆ | 2008/04/13 15:12
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2008/04/13 18:11
★非公開(2008/04/13 18:11)さん
えっ!
Loveですか!? e-266
 
ボクの精神年齢は17歳らしいです(笑)
たまに野性っぽい時もあります(謎)
じゅん☆ | 2008/04/13 20:13
★お知らせ♪
次回予告↓
http://blog-imgs-29.fc2.com/5/0/5/505060/0804132130.jpg
次回からユーヤンベツ川を下流へ向かって行きます
次に登場するのはチニカの湯です♪
お知らせ♪ | 2008/04/13 21:30
恐るべし!じゅんさん・・・
あの肥溜め湯船に入湯とわっ 
☆ってば 修行が足りないわね。夏は特に異臭というか腐敗臭というか・・・
薬師のゲロゲロ露天に入ったんだから次回は☆もチャレンジしてみるわね。
ぴかリン | 2008/04/15 02:26
★ぴかリンさん
ブログのネタに!と思い頑張って入浴したのですが
見事なネタになったようですね(笑)
こうやって写真を客観的に見ると
こんなに黄土色だったんだなぁと改めて驚いております
今時期でもドブのような匂いでしたから夏は酷いでしょうね
ぴかリンさんの「肥溜め入浴写真」を楽しみにしております e-283
じゅん☆ | 2008/04/15 18:52
おっ!週末は川湯方面でしたか
休みの日はたいがい温泉探索なのですね
身近にいい温泉がたくさんあっていいなぁ~
道東は温泉の宝庫ですね♪
羨ましいです
ところで「北海道無料100秘湯」をクリックしてたら
この記事に遭遇して最後の写真見てビックリ!
こんな汚いとこにも入っちゃったんですか!
凄いと言うかなんと言うか
とにかく凄過ぎます
誰にも真似はできないでしょう
どこかですぐに体を洗わないと病気になりそうな感じですが・・・
そのあと体調大丈夫でした?
新之助 | 2010/05/31 15:13
★新之助さん
そうですねー
こういうところにも浸かっておかないと
若いモンに示しがつかないでしょ~
じゅん☆ | 2010/06/01 21:05
コメントの投稿 (Japanese text only)
 Secret :