じゅん☆ブログ

新得町湯の滝 下部露天風呂 2008.07.06
シートカチ林道
今回紹介するのは新得町(しんとくちょう)の山奥にある秘湯「湯の滝温泉」です。トムラウシ温泉とヌプントムラウシ温泉の分岐点である曙橋の近くにシートカチ林道の入口があります。ココから林道へ入り秘奥の滝方面へ向かって行きます。
奥十勝橋
途中、通行止の箇所があり遠回りするコトになりましたが、なんとか入渓ポイントである「奥十勝橋」へ到着しました。カーナビゲーションに橋の名称まで表示されていたので、ココまでは余裕で到達できました。近くにクルマを停め、いよいよ沢遡行開始です。
シイ十勝川下流へ
まず、奥十勝橋の下を流れるシイ十勝川へ入り下流へと進みます。この辺りは十勝川の源流部にかなり近い感じですね。長靴装備で大丈夫かと思っていたのですが、意外と深いので端の方を慎重に進んで行きます。
カバの沢川
100メートルほど進むと左側から小さな沢が合流していました。この小さな沢が今回の目的地へと続く「カバの沢川」です。岩がゴロゴロしていてなかなか歩きづらそうな沢のようですね。
あちこちに温泉兆候が
予想ではナメ床が多くて楽勝かな?なんて思っていたのですが、思っていたよりも歩きづらくて何度もへこたれそうになります。ココは完全防水仕様で来るべきでした。しかし、すぐに温泉兆候らしき冷泉の湧出があちこちに現れてきてワクワクしてきました。また、時々現れる歩きやすいナメ床でホッとしたりしながら、さらにカバの沢川上流を目指します。
標高680メートル地点
もうそろそろ着くかなぁと思っていたら目の前に大きな岩が出現しました。この岩は目印になる岩なのですが、何の目印かというと中間地点の目印なのです。あぁ、まだやっと半分かぁ・・・ この後は黙々と進んだので写真はありません(笑)
湯の滝温泉へ到着!
入渓してから1時間ほどで目的地である湯の滝温泉へ到着しました。中央奥に見える滝が奥十勝滝、その左側の崖にはオレンジ色の温泉湧出があって、いくつもの筋状の流れとなっていました。左上部の急斜面上にも温泉湧出孔(泉源C)が確認できオレンジ色の湯流れができていました。この一帯の雰囲気は圧巻で凄いの一言ですね。
源泉湧出孔
対岸に凄い場所があるので渡ってみました。周囲が温泉成分によってオレンジ色になっていて湯気が立ち昇っています。これは凄そうですね! さっそく探索を開始しました。
湯温計測
まず流れている温泉の温度を計ってみるコトにしました。結果は41℃とかなり良い感じの湯温です。横にある斜面上には源泉温度39℃の泉源Bがあって、木の枝に誰かが残していったと思われるブルーシートが掛けられていました。
入浴♪(その1)
まず、下段で見つけた湯溜まりで入浴してみました。ちょっとぬるめでドロドロした感じの湯船なのですが、ココからの眺めが見事です。目の前にナメ状の緩やかな流れが見られてとても満足できました。今回の目的はココの上段にある露天風呂なので、ハダカのままそちらへ行ってみるコトにしましょう。
湯の滝温泉 下部露天風呂
こちらが今回の目的である「湯の滝温泉 下部露天風呂」です。そのただならぬ雰囲気に初めて訪れた人は唖然とするコトでしょう。
湯船(その1)
上部にある泉源Aから湧き出した大量の温泉が下にある湯船へと注がれています。ちょっと高いところから注がれているので打たせ湯とかして遊べそうな感じですね。
湯船(その2)
この見事な湯船は誰が造ってくれたモノなのでしょうね? 時の経過によりかなり浅くなってきているようですが、普通ならどろどろになってしまう野湯を快適なモノにしてくれています。さっそく服をぬいで・・・ あっ、もう脱いでいました(笑)
入浴♪(その2)
さっそく入浴しました。ご覧のようにかなり浅い感じなのですが、打たせ湯のようにして浴びていると、もう永遠にこうしていたいくらい心地の良いお湯です。寝転がったりもできますが、ちょっとムリがあります(笑) 泉質は芒硝重曹泉で舐めてみると甘い感じがしました。しっかりと全身浴できるワケではないのですが、かなり好印象な温泉となりました。次回は上部露天風呂を紹介しようと思います。

●新得町湯の滝 下部露天風呂(しんとくちょうゆのたき かぶろてんぶろ)
  場所 : 北海道上川郡新得町屈足トムラウシ 【地図】 【閲覧】
  料金 : 無料
  営業 : 24時間
  休み : 年中無休
  泉質 : 芒硝重曹泉
  備考 : 混浴
  感想 : ★★★★★

  

Comment
素晴らしいです。
打たせ湯もよいですが、
無理ある寝湯も最高です。
ああ、うらやましいなあ
kaz | 2008/07/06 01:22
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2008/07/06 01:27
★kazさん
昔はもっと深さのある湯船だったらしいのですが
木製なので徐々に壊れて現在の形になっているようです
寝湯もなかなか気持ち良かったですよ
入浴シーンの動画も撮影したのですが
今回は不適切なモノが映っているとのコトでボツとなりました(笑)
じゅん☆ | 2008/07/06 10:25
★非公開(2008/07/06 01:27)さん
今週は地元温泉で休養しています(笑)
今回のトムラウシ訪問で新得町の温泉データも充実してきました♪
片道1時間もかかる場所(プロは30分で着くらしい)ですが
こんな素晴らしい温泉が待っていたので行った甲斐がありました!
じゅん☆ブログの三年間を見ていただきありがとうです♪
最近は温泉ネタが充実しているので
ネコちゃんの登場機会もあまり無いのですが
たまには登場させたいですね
じゅん☆ | 2008/07/06 10:34
やっぱり、入浴シーンの動画もあったんですかァ。
どおりで、平凡な動画だと思いました。
まあ、モザイク入りの動画だと、
さすがにサイトの意味が変わっちゃいますからねえ。(笑)
では
kaz | 2008/07/06 21:43
まさに天然の打たせ湯ですね^^
気持ちよさそう~♪
Pink | 2008/07/06 22:47
★kazさん
そうなのです禁断の入浴動画があったのです!
モザイク入りもオモシロそうなのですが
モザイクの入れ方がわかりません(笑)
まぁ、やり方わかってもやりませんけれどね
じゅん☆エログとかになっちゃいますから・・・
じゅん☆ | 2008/07/06 23:38
★Pinkさん
こんな気持ちの良い打たせ湯はなかなか無いなぁと思いました
湯温が絶妙でいつまでも浴びていたい気分になってしまいます
ホントに気持ちイイですよ~♪
じゅん☆ | 2008/07/06 23:40
湯の滝はどこの湯船も快適な温度でいいですね。
そのうえ滝も迫力があり景色も抜群!
僕も再訪したくなりました。
熊とか動物の変な鳴き声は聞こえませんでしたか?
この辺もクマが出没するらしいので要注意です。

露天風呂マニア | 2008/07/07 17:20
★露天風呂マニアさん
今回は久々に五つ星温泉の登場となりました♪
大雪山麓は鬼門だったのですが
だいぶうまくなってきたようです(謎)
変な鳴き声はかなり聞こえていました
たぶんボクの悲鳴だと思いますが・・・(笑)
じゅん☆ | 2008/07/07 21:08
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2008/07/07 23:37
★非公開(2008/07/07 23:37)さん
あのHOはカメラマンの方が優秀でイイ写真になっていますね
DO!FiT!まで買っていただいてありがとうです♪
ハダカを晒して大丈夫なのか?とのコトですが
今のところ特に不都合もないのでイイのかなと思っています
温泉ラブホ記事が4つほど登場の機会を窺っているので
どうぞお楽しみに(笑)
じゅん☆ | 2008/07/08 18:31
いつも、週明けを楽しみにしてます。新しい野湯の紹介は、自分では踏み込むことの出来ない世界なので、殊更、興味津々です。夏場の野湯は虫がいて大変じゃない?可愛いおしり刺されないでね><
夕張オムスビ屋 | 2008/07/11 01:21
★夕張オムスビ屋さん
こんにちは!
コメントありがとうです♪
野湯めぐりの裏話もオモシロそうですよね
実際はなかなか大変なのですよ
ただ入るだけならまだイイかもしれませんが
カメラを設置して写真撮影となると結構苦労も多いのです
虫も当然いますから刺されるコトも日常茶飯事です
まぁ、マムシに噛まれるよりはマシですけれどね
今月も新しい野湯めぐりを計画しています
無事に帰って来られると良いのですが・・・(笑)
じゅん☆ | 2008/07/11 16:59
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2010/12/28 13:59
★新之助さん
は~い、アンニョンハセヨ~♪
じゅん☆ | 2010/12/29 22:57
コメントの投稿 (Japanese text only)
 Secret :