じゅん☆ブログ

弟子屈温泉 神の湯堂 2008.11.13
神の湯堂
弟子屈町(てしかがちょう)にある「神の湯堂」というのを見に行ってきました。この神の湯堂というのは弟子屈町商工会館の一角にある温泉にまつわる祠です。
神の湯堂全景
こちらが神の湯堂です。この付近が弟子屈温泉の発祥地と言われています。弟子屈には和琴半島野湯群や川湯温泉といった温泉地が多いのでよく訪れるのですが、このような温泉の祠が町の中にあるとは最近まで知りませんでした。
弟子屈温泉の歴史
弟子屈温泉は今でこそ摩周温泉と呼ばれていますが、ボクなんかはやはり弟子屈という呼び名の方がしっくりきます。弟子屈温泉の歴史は意外と古く、明治18年に本山七右衛門さん(摩周パークホテルの創始者)が温泉宿を造ったのが始まりと言われています。ココは道東最古の温泉地なのだそうです。町内にはあちこちに温泉井があったりして興味深い町だったりします。
小さな橋を渡る
祠の前には小さな橋があって周りが池のようになっていました。その小さな橋を渡って行くのですが壊れている部分もあるので落ちないように注意しましょう。
温泉池
この池なのですが、よく見ると微妙に湯気が出ていました。触ってみると温かい感じです。どうやらこの池は温泉池のようですね。
湯温計測
湯温を計ってみると29℃でした。弟子屈の温泉にしてはぬるめですが、間違いなく温泉のようです。泉質はおそらく弱食塩泉でしょう。弟子屈町一号源泉から引湯しているモノと思われます。ココで足湯でもしてみようかと思ったのですが、神々しい場所なのでやめておきました。
弟子屈町第一号源泉
少し離れた所の空き地に弟子屈町第一号源泉がありました。横に見えるガラス張りの浴室っぽい建物は、廃業した摩周パークホテルの浴舎です。
弟子屈温泉浴場
その横には廃業した弟子屈温泉浴場の建物が残っていました。ちょっと直せばスグにでも再開できそうな雰囲気でもったいないですね。町内には他にも廃業した温泉ホテルがいくつかあって、ちょっと寂しい感じもしました。

●弟子屈温泉 神の湯堂(てしかがおんせん かみのゆどう)
  場所 : 北海道川上郡弟子屈町中央1丁目5の1 【地図】 【閲覧】
  料金 : 無料
  営業 : 24時間
  休み : 年中無休
  泉質 : 弱食塩泉
  備考 : 入浴不可
  感想 : ★★☆☆☆
  

Comment
★お知らせ♪
今回は弟子屈温泉の歴史にちょっと触れてみました
神の湯堂は町内の温泉を活気づけるために造られたようなのですが
付近には廃業した温泉が見られ閑散とした雰囲気も感じられます
でも、こういう雰囲気の温泉地って嫌いじゃありません
弟子屈温泉浴場が残っていれば完璧な感じなのですが
残念ながら7年前に廃業してしまいました・・・
調べたところこの神の湯堂前の土地↓が売りに出ているようです
http://www.daidou.net/catalogue/no303-0.html
40万円で温泉を引くコトもできるそうですよ
お知らせ♪ | 2008/11/13 10:46
毎日見ていますが、羨ましくてしょうがありません。
浴場も買い取って、じゅんさん好みに改装していつでも無料でご招待、
なんて考えたりします。でも遠いわ。諦めます。

ファミール湯香里、神の湯堂そして羅臼も来年訪ねてみたいと思います。
今からわくわくですわ。
そうそう、季節のいい時に是非羅臼湖を探検、知らせてくださいね。ヨロシク。
あきら | 2008/11/13 17:35
★あきらさん
うわぁ~! 無料でご招待ですか!?
毎日行くかも(笑)
羅臼湖は今年も行きませんでした・・・
そこに温泉でもあればスグにでも行くのですけれどね
来年チャンスがあったら挑戦したいと思います!
じゅん☆ | 2008/11/13 21:06
コメントの投稿 (Japanese text only)
 Secret :