じゅん☆ブログ

パウシベツ川の湯(秋) 2008.11.15
パウシベツ川の湯
中標津町養老牛(なかしべつちょうようろううし)にある「パウシベツ川の湯」へ行ってきました。この辺りはちょっと気になっている場所なので、定期的に訪問するようにしています。今回は川原に写真のような湯船ができていました。さっそく探索してみましょう。
排湯孔
パウシベツ川の湯の源はこの場所にあります。ココからは大量の温泉が湧き出していました。近くの貯湯槽に溜められた温泉がココから排出されパウシベツ川へと流れ出しているようです。
湯温計測
その排湯孔付近で湯温を計測してみると66℃もありました。源泉温度は85℃とかなりな高温泉となっています。泉質は弱食塩泉とのコトです。
湯船
こちらは今回造られていた湯船です。この辺りは毎年様子が変化するのですが、今回の湯船はかなり気合いを入れて造られたらしく、深さもある立派なモノとなっていました。
手湯♪
手を入れてみるとなかなか良い湯温となっていました。源泉が流れ込む辺りは非常に高温となっているのですが、石を置いて湯温を調節するコトも可能です。
入浴♪(その1)
さっそく入浴してみました。入浴すると底の泥が舞い上がってきてお湯が濁ってしまいましたが、なかなか良い湯加減です。これだけ大きな湯船を造るのは大変だったコトでしょうね。
入浴♪(その2)
湯温が高めなので入浴していると汗がダラダラ出てきます。湯船には落ち葉も浮いていてなかなか風情のある雰囲気となっていました。
入浴♪(その3)
やはり秋の露天風呂というのは最高ですね! 今回は立派な湯船もありのんびりと楽しませていただくコトができました。今度訪れる時はどんなパウシベツ川の湯になっているのでしょうか? 今から楽しみです。

●養老牛温泉 パウシベツ川の湯(ようろううしおんせん ぱうしべつがわのゆ)
  場所 : 北海道標津郡中標津町養老牛 【地図】 【閲覧】
  料金 : 無料
  営業 : 24時間
  休み : 年中無休
  泉質 : 弱食塩泉
  備考 : 混浴
  感想 : ★★★★☆
  

Comment
★お知らせ♪
今回のパウシベツ川の湯は今までで一番入浴しやすいモノとなっていました
そのうちコッソリと番外編でもやろうかと思っています(謎)
次回はこちら↓の温泉を紹介する予定です
http://blog-imgs-24.fc2.com/5/0/5/505060/0811151605.jpg
写真総枚数40枚という大作記事になりそうです
お楽しみに~♪
お知らせ♪ | 2008/11/15 20:30
じゅん☆さま
お久しぶりです♪
今回も気持ち良さそうなじゅん☆さんのご様子を拝見して癒されました♪
お知らせの次回予告のお写真、私のだぁい好きな温泉です♪
楽しみにしております♪ 

今月末に温泉の成分分析の講座を受けてきます!
なり | 2008/11/16 00:49
★なりさん
お久しぶりでした♪
予告写真だけで分かっちゃいましたか!?
なかなか通ですねぇ~(笑)
次回は女性にも大人気の温泉です!
写真を700枚以上撮影してきたので整理できずにいたのですが
今回やっと紹介できそうです
今、急ピッチで調整中なのですが写真は43枚に増えました
おそらく1つの記事に使う写真枚数としては過去最高かもしれません
 
温泉の成分分析の講座なんてあるのですか!?
それは興味深い講座ですね
北海道立衛生研究所の人とか来るのでしょうか?
ボクは化学とか苦手なので
おそらく聞いても頭の中がハテナマークだらけで
チンプンカンプンになってしまうコトでしょう・・・(笑)
でも、そういう知識を持って温泉へ行くと新しい発見がありそうですね♪
温泉分析書とか見るのも楽しくなりそうな気がします
じゅん☆ | 2008/11/16 09:37
次回のところは、私も大好きな温泉です。
今年の夏も入ろうとしたのですが、
季節と時間が悪かったせいか、
大量の虫が車の周りにまとわりついて離れず、
降りることを断念しました。
じゅんさんの報告を期待しますよ!
kaz | 2008/11/16 12:39
★kazさん
kazさんも予告画像だけで分かっちゃいましたか!
某からまつの湯に似ていますが
からまつの湯じゃないところがポイントです(謎)
じゅん☆ | 2008/11/16 18:14
じゅん☆さま♪
私もハテナマークだらけになるだろうと思っています(笑)。
温泉は肌で楽しむことが一番だと思っています。
でもめったにない機会なので、こういうお話を聞いておくのもいいかなと思い、受講してきます♪
なり | 2008/11/17 17:16
★なりさん
ボクはあまり温泉成分とかにこだわらない方だと思うのですが
こだわる時は徹底的にこだわります(謎)
でも、あまりこだわり過ぎると本末転倒になってしまいそうなので
ブログの記事を作る時に温泉分析書の写しを眺めて
なるほどなぁ~とか思うコトの方が多いかもしれません
なるほどなぁ~とか言うと温泉成分に詳しいのかと思うかもしれませんが
ホントのところはやはりチンプンカンプンです(笑)
じゅん☆ | 2008/11/17 21:47
コメントの投稿 (Japanese text only)
 Secret :