じゅん☆ブログ

養老牛温泉 湯宿だいいち 2008.11.16
養老牛温泉 湯宿だいいち
中標津町養老牛(なかしべつちょうようろううし)にある「養老牛温泉 湯宿だいいち」へ行ってきました。この辺りへはよく訪れているのですが、宿泊するというのは今回が初めてだったりします。湯宿だいいちは評判の良い温泉宿なので期待が高まりますね。さっそく中へ入ってみましょう。
湯宿だいいちエントランス
中へ入ると写真のような感じになっています。湯宿だいいちは日本秘湯を守る会の会員宿となっていて、入口には日本秘湯を守る会の提灯が吊されていました。(※湯宿だいいちは平成22年に日本秘湯を守る会から脱会しています)
囲炉裏
チェックインするとまずフロント横の囲炉裏のある場所へ通されます。女性は沢山ある浴衣の中から好きなモノを借りて着るコトができる浴衣サービスというのがあるそうです。ズルいですね~(笑) ソファーへ腰掛けて宿帳へ記帳しているとお茶とお菓子が運ばれてきました。ふと目の前を見るとソファーの上で気持ち良さそうに眠っている先客が・・・。
看板犬のイチ
あまりにカワイイのでドアップで撮影してみました。ちょうどソファーの肘掛けを枕代わりにして眠っています。このハスキー犬は湯宿だいいちの看板犬なのだそうです。目を開けるとなかなか迫力のある顔付きをしていましたが、とても大人しい老犬で吠えたりするコトはありませんでした。ちなみに湯宿だいいちは小型犬や猫と一緒に宿泊するコトもできるようです。ご希望の方は事前に問い合わせてみてください。
多彩な客室
湯宿だいいちは多彩な客室があるコトでも有名です。それぞれの部屋が個性的な造りとなっていてリピーターが多いのも頷けます。部屋の鍵が2つ用意されているので便利です。この旅館にはスリッパが無いのですが、素足が気になる方の為に足袋が用意されていました。
ロフト
部屋は和室や洋室、ロフト付きの部屋や客室露天風呂付きの部屋まであります。ロフト部分は天井が低く隠れ家的な雰囲気でワクワクしました。さて、そろそろお風呂へ行ってみましょう。
檜造りの内風呂
こちらが湯宿だいいちの内湯「ひのきのお風呂」です。浴室へ入るとヒノキの良い香りが漂っていてとてもリラックスできる感じでした。床も木造で雰囲気の良い浴室となっています。
かぶり湯
内湯で目を惹くのがこの「かぶり湯」でしょう。上からピンポイントで照明が当てられていて、良い雰囲気を演出していました。浴室へ入ったらまずこのかぶり湯をかぶってカラダを慣らします。洗い場はそれぞれのスペースが板で仕切られているので、隣の人に水がかかってしまう心配をするコトなく利用できて良い感じでした。
露天岩風呂
ヒノキの香りが漂う内湯も良いのですが、ココの目玉はやはり多彩な露天風呂でしょう。内湯から外へ出るとまず、この岩風呂があります。この岩風呂だけでも満足な感じですが、他にもまだまだあるというのですから驚きです。朝方、この岩風呂に浸かっていると、目の前に何だか白いモノが現れました。何かと思ったらそれはエゾクロテンでした。スグに逃げて行ってしまったので写真に収めるコトは出来なかったのですが、とてもカワイイ顔をしていてビックリしました。
混浴大露天岩風呂
先ほどの岩風呂の下にも岩風呂がありました。こちらは目の前にモシベツ川が流れていて素晴らしいですね。そしてこの岩風呂は混浴となっています。さっそく入浴してみましたが、他には誰も入っていなくて独占状態でした。
源泉さうな
奥の方へ行くと途中に小屋があります。ココは源泉サウナとなっていて、中はミストでモウモウとなっていました。その横にはドリンクの自動販売機が設置されていたりします。露天風呂の自動販売機ってありそうでなかなか無いですよね。
丸太風呂(その1)
さらに奥へ進むと丸太風呂がありました。寝湯みたいな感じで浸かると心地良さそうですね。その横には休憩テラスがあって、スッポンポンでボーっとできそうな感じとなっていました。
丸太風呂(その2)
丸太風呂の横には違うタイプの丸太風呂がありました。この丸太は見事ですね。その横には細長い湯船があるのですが、浅いので寝湯なのだと思います。
せせらぎ湯
こちらは休憩テラスの下にある露天風呂です。デッキ部分が屋根になっているので、雨が降っていたりしても露天風呂を楽しむコトができますね。ココも目の前が川となっていて、川遊びもできそうな感じでした。(こんな所で川遊びをしてはいけません)
夕食
温泉を楽しんだ後は夕食です。湯宿だいいちは食事の評判も良いのですが、今回の食事もボリューム満点です。宿の方が鍋の火を点けてくれるので具材を鍋の中に入れておきます。これ以外にも刺身天ぷら魚の煮付けサラダなど盛り沢山です。そうこうしているうちに鍋料理ができあがりました。仕上げはビールを飲みながら毛ガニをいただきます。やはり温泉宿は温泉も重要ですが食事も重要ですね。大変満足するコトができました。デザートのアイスクリームも美味しかったです。
就寝♪
温泉にも入ってお腹も一杯になったので寝るコトにしました。ボクはやはりちょっと狭いロフトの部屋がお気に入りです。もちろん夜中に起きてお風呂へ行ってみましたが、薄暗い露天風呂もなかなか趣のある感じでした。薄暗い中で物思いにふけるのも良いかもしれません。
朝食
翌朝は何やら「ポッコンポッコン」という音で目が覚めました。何の音なのかなぁと思ってロビーの方へ行ってみると、餅つきをやっていたのです! 湯宿だいいちでは毎朝おもちつきをやっているようで、その後の朝食にてつきたての餅を入れたお雑煮がふるまわれました。こういうサービスはユニークですね。きっと宿泊客の良い思い出になるのではないでしょうか。朝食はバイキング形式で好きなモノを選んで食べるコトができます。ウワサ通り、湯宿だいいちは素晴らしい温泉宿でした。今度は露天風呂付きの客室に宿泊してみたいなぁと思います。

★養老牛温泉 湯宿だいいち(ようろううしおんせん ゆやどだいいち)
 場所 : 北海道中標津町養老牛温泉518
 電話 : 0153-78-2131
 料金 : 600円(自衛隊員は500円)
 営業 : 13:00-15:00/19:00-21:00
 休業 : 年中無休
 宿泊 : 15:00-10:00
 泉質 : 含石膏食塩泉(中性低張性高温泉)
 成分 : 成分総計1,637ミリグラム(Na・Ca-Cl・SO4)
 泉源 : 自然湧出(養老牛温泉1~6号井の混合)
 備考 : 鍵付きロッカーあり・ドライヤーあり・家族風呂あり・一部混浴
 感想 : ★★★★☆
  

Comment
★お知らせ♪
久しぶりの温泉旅館宿泊記です♪
今回はそのおもてなしが評判の湯宿だいいちを紹介しました!
訪問から一年以上経過しているため
若干変わっている部分もあると思うのでご注意ください
今回、この記事を作成するにあたりいろいろ調べたところ
記事中でも紹介した看板犬のイチが
この訪問の一ヶ月後に他界したとのコトでした・・・
楽しい思い出をありがとうです♪
http://blog-imgs-24.fc2.com/5/0/5/505060/0811162222.jpg
↑朝、チェックアウトしたお客さんを見送るイチ
お知らせ♪ | 2008/11/16 22:25
こんばんは。いつもブログの記事、楽しみに読んでます。

じゅんさんの紹介される温泉は、ラブホとか野外の温泉などメジャー所を外したところが多いので、
こういう有名宿の紹介は意外でちょっとびっくりです。

とはいえ、自分も9月に湯宿だいいちさんを予約できたので行って来ましたが、
本当に良い宿ですよね、ここ。
食事も美味しいし、風呂も野趣にあふれてるし。
札幌から近かったら、年1ぐらいでも行きたい宿です。
セイントフォー | 2008/11/16 23:03
こっちの方だったのですか、
予告ではてっきり某の方だと思いました。

ここは私はまだ入ったことがなかったのですが、
同僚が大変絶賛していたところなので、
一度はいってみたいなあと思っていました。
たしかにすばらしそうですね。
今回の画像は、夜中に物思いにふける画像が、
一番のお気に入りですね。
ではでは。
kaz | 2008/11/16 23:22
じゅんさん 初めまして いつも記事UP楽しみにしてます。
立ち寄りは経験してるのですが、なかなか泊まれません。

看板犬が亡くなられたこと知り残念です。 が訪れた温泉好きの記憶の中には
何時までも残っているでしょうね 上の方から「こっちにも良い温泉あるよ」と
お誘いがあれば、じゅんさんなら行きそうですね。

これからもブログ楽しみにしてます。
いわ | 2008/11/16 23:32
じゅん☆さま♪
やはり、だいいちさんだったのですね♪
ご宿泊とはうらやましいです!
露天風呂、思い出すだけでも幸せな気持ちになりました~♪
河原に近いお風呂に降りる勇気は出ませんでした(笑)。
イチさんをはじめ、お宿全体の暖かい雰囲気が大好きでした♪
しばらく道東に行っていないので恋しくなりました。

サラダについてきていたお味噌(かな?)が魅力的でした!

なり | 2008/11/17 17:09
水量が増えると水没するような湯船ってとっても魅力的です。
これは利用者の勝手な意見で設置者にとっては大変なことなんだろうけど。
ここも増水するとすぐに水没しそうですね。
川と同化するような温かい温泉の張られた湯船、贅沢ですね~
nana | 2008/11/17 21:06
★セイントフォーさん
こんばんは!
コメントありがとうです♪
ボクは野外の温泉の方が好きなのですが
たまにはこういう有名どころの温泉も良いですよね(笑)
こういうところは写真枚数が多くなりがちなので大変です
でも、今後はこういう温泉宿めぐりの記事が多くなっていくような気もします
美味しい料理を食べて温泉を満喫するのは最高ですよね!
じゅん☆ | 2008/11/17 21:19
★kazさん
はい、こっちの方でした(笑)
ココは日帰りで行ってみようかと思っていたところなのですが
宿泊する機会があって温泉を満喫するコトができました♪
夜中の露天風呂もイイですよね~
じゅん☆ | 2008/11/17 21:25
温泉犬に反応しました。
おやっと思いましたが無くなったワンコなんですね。そこに詳しい東京の人の情報に寄れば近くにお墓があるとの事。会長も時間有ればお参りに行かねばと思います。
ここも確かに風格有る感じでしたね。
会長 | 2008/11/17 21:26
★いわさん
はじめまして!
コメントありがとうです♪
ココは日帰り入浴時間が微妙ですよね
温泉犬のイチは昨年の6月に亡くなったようです・・・
ソファーのあの場所がお気に入りだったようですね
きっと天国から見守っているコトでしょう
じゅん☆ | 2008/11/17 21:30
★なりさん
昨年、宿泊する機会に恵まれました
いつか紹介しようと思っているうちに1年以上経ってしまいましたよ(笑)
ココはおもてなしが良い宿ですよね♪
サラダの味噌からは秘伝を感じました(謎)
今度は露天風呂付き客室を狙っています
じゅん☆ | 2008/11/17 21:34
★nanaさん
ココはギリギリ水没しないように造っているようですね
雪が積もると風情のある露天風呂になるような気がします
この辺りでは希少な混浴風呂もポイント高いですね♪
じゅん☆ | 2008/11/17 21:53
★会長さん
きっと会長さんがやってくるのではないかと思っていました(笑)
この写真の一ヶ月後に亡くなってしまったというのは何だかショックでした・・・
先代のダイとこのイチとで「ダイイチ」となる名前だったようですね
看板犬の後継ぎはいるのでしょうか?
じゅん☆ | 2008/11/17 21:57
じゅん☆さま♪
1年以上経ったとは思えないくらい、素敵なお写真がいっぱい。
道東が恋しくなりつつ、だいいちさんの大好きなお風呂の事を思い出すことができて癒されました♪
露天風呂付き客室ですか!
わくわくします!
いつか拝見できたら嬉しいです♪

やはり秘伝のお味噌でしたか(謎)。
お布団が2組だと、いろいろ想像が、妄想です(謎)。
なり | 2008/11/17 22:12
★なりさん
一年間熟成させていた写真がやっと日の目を見ました!
一年前の写真を今こうして見ると露天風呂の写真がヘタクソですね~
今ならこういう風に撮るのになぁとか思ってちょっと悔しいかもです(笑)
あと、朝食の取り合わせがシンプル過ぎます
実際は品数も豊富でとても豪華な朝食バイキングです
料理関係は見ただけでお腹一杯になる性格なので苦手かも・・・(笑)
お布団二組はさすが目の付けどころが違いますね!
今回はなんと!
 
家族旅行でした~
うしゃしゃしゃ♪
じゅん☆ | 2008/11/17 23:03
★お知らせ♪
こういう温泉宿の記事はコメントが沢山付いて楽しいですね(笑)
現在3ヶ所ほど温泉宿宿泊記事のストックがあるので
おって紹介していきたいと思っています
次回はどうしようかなぁ、順番的にはココ↓かなぁ~(謎)
http://blog-imgs-24.fc2.com/5/0/5/505060/0811132005.jpg
関係無いのですが薫別温泉対岸の湯の記事↓に動画を追加しました!
http://505060.blog12.fc2.com/blog-entry-596.html
やはり動画だと臨場感がありますね
お知らせ♪ | 2008/11/17 23:22
じゅんさんの家族って、気になりますねえ~!
奥さんですか?
うーん、…
kaz | 2008/11/17 23:40
はじめまして。
いつも拝見させていただいております。そして毎回感嘆しております!
偶然このBlogを知って依頼すっかりファンになってしまいました。
時間が出来たらBlogで紹介されている温泉を訪れてみたいのですが、目下なかなか暇が無く実行できていません。

私は普段川で遊ぶPlauboat(Kayakの1種)を趣味(仕事?)としており、山間の河川に行く機会は多いのですが最近は新しいPlaySpotを開拓してません。

じゅん様のBlogは温泉とともに魅力ある川の様相が一緒にUPされていることも多くその点もすごく気になっています。

今後も楽しみに拝見させていただきます。
何卒よろしくお願いいたします。

KOB | 2008/11/18 12:35
★kazさん
えっ! 気になりますか?
パパんとママんですが・・・
うーん、(笑)
じゅん☆ | 2008/11/18 19:46
★KOBさん
はじめまして!
いつも見てくれてありがとうです♪
趣味が仕事とは素晴らしいですね!
カヤックとかで知床岬へ行ってみたです(笑)
和琴半島辺りだとカヤックで温泉めぐりができてオモシロいかもしれませんね
今後もよろしくです♪
じゅん☆ | 2008/11/18 19:52
こちらの宿に泊まってみたいと思っていたので色々と見ることが出来てうれしぃです☆
参考になります!!日帰りの入浴も難しいのですよね、こちら。
餅つき、本当に毎日やっているんですね~
餅つきだけに、冬限定?!と勝手に思っていました!!楽しそう~♪
じゅんさん、今回はお一人ではなかったのですね?!(笑)珍しいですね~
じゅんさんや猫ちゃん?!たまにワンちゃんも出演されていましたが・・・
でも一人で行くよりこう言う温泉宿は奥さん?!や家族みんなで行ってワイワイして
来た方が楽しくていいですよね~♪
たまにはお一人様もいいですけどね・・・(笑)
はっく | 2008/11/18 23:10
★はっくさん
湯宿だいいちは日帰り入浴時間が限られているので
日帰りで行くのはちょっと難しいかもしれませんね
その分、宿泊すると快適に過ごすコトができるようになっているのですが
餅つきはある程度、宿泊客が居ないと行われないようですが
ココは人気宿なのでほぼ毎日やっているのではないでしょうか
温泉宿一人旅というのもボクは好きなのですが
みんなでワイワイ行くのも別な楽しみがありますね♪
一人では泊まるコトのできない温泉宿もありますし
じゅん☆ | 2008/11/18 23:58
今度入りにゆきますヽ(´▽`)/
おげる | 2009/06/04 05:02
★おげるさん
湯宿だいいちは日本秘湯を守る会の会員宿なので
宿泊してスタンプを集めてみるのもオモシロいかと思います♪
http://www.hitou.or.jp/
じゅん☆ | 2009/06/05 17:21
行ってきましたヽ(´▽`)/☆
ホウコク

261号室でした。
じゅんさんが泊まったお部屋と似た感じだと思います。ただこっちはロフトなどありません☆
ちょうど露天風呂の真上の位置にあるらしく、ベランダになってるところから外を見ると湯気がもうもうでした。

客室露天風呂は一組45分で、申し出れば今は無料で貸してくれるということです。悩みましたが木のお風呂をたのしみたいのでやめました☆

大浴場は、深夜に入ったら誰もいなかったので、混浴風呂を渡って男性風呂のあの屋根のお風呂に入りました~。朝2~5時くらいで誰もこなかったんで大丈夫でした。なんと川も入りました。足だけでも凍りつきそうに冷たかったですが、体までつかりました、痛くなるほどのすさまじい寒さだし、石がぬるぬしてお風呂にもどるのも大変でした。お湯に生還できたら体が痛かったです☆

女性風呂の岩盤浴がよかったです。あっという間に時間がたしました。
女性ブロの寝湯があつすぎて熱湯コマーシャルなみでした。びっくりしました。

「今年はすごく出る」、と言われたんですが、夜と朝はあのフロントのガラスのところにエゾクロテンが出まくりでした。でもみんなテンより「シマフクロウ」が獲物らしく、カメラを三脚でかまえて、夜中あそこにいる方もいました。
 
 朝は日本野鳥の会の方々が泊まりに来てたくらい、すごく野鳥がきてました。特にミヤマカケスってやるがめっちゃ群れてました。パンの耳が与えられていて、交互でエサ場を見張りながら食べてました。
 それを見ながら朝ごはんを食べれたのが最高でした。ほんとの意味でバードウォッチカフェでした。
ただ、残酷なことにその野鳥をテンが狙っていて弱肉強食な場面でもありました。でもテンは鳥を1匹もつかまえられずパンの耳ばかりくやしそうに頬張ってました。

晩ご飯はすごいボリューミーでしたね。大腸が腸内革命をおこして大変だったくらいの量でした(謎)
わたしんときは毛がにじゃなくてタラバガニの味噌焼きでした。でもじゅんさんみたいに毛がにのほうがよかったな~。あとはほぼ似てますが、そばとイクラ丼がでました☆

 もちつきやりました。餅つき手伝うと手ぬぐいもらえました。しかも写真撮影して帰りに会計でくれました。わたしは前髪が長いので貞子がもちをついてるようなワンショットになっておりました。☆もらうのをためらいました…

観光ガイドのおねえさんが行ってたんですが、ここの朝ごはんはじゃらんで人気No.1になったのだとか。すごい品数でびっくりしましたよね、胃もたれしてたんでおいしいと言われたかぼちゃグラタンを食べられずに残念でした。

日本秘湯の会のスタンプをこの日から集めよう、と最後に頼んだら、「旅行会社で予約したら押してあげられないんだよね」と拒否されました☆なぜかわかりませんが、残念です。

ということでまた行かねばヽ(´▽`)/♡

従業員の対応や気遣い、サービスなどほんと満点な宿でした~。

おみ | 2010/02/26 01:29
★おみさん
御報告ありがとうです♪
客室露天風呂も貸切にできるのですか!
あれ入ってみたいなぁと思っていたのです
深夜の露天風呂ってイイですよね♪
ボクは朝方入っていた時に露天風呂脇をクロテンが横切って驚きました!
エゾクロテンってヒョコヒョコしていてカワイイですよね
料理も餅つきも楽しんでこられたようで良かったです♪
秘湯の会のスタンプ帳もらえなかったのは残念でしたね・・・
旅行会社で予約しても貰えるように裏から圧力かけておきます(嘘)
じゅん☆ | 2010/02/26 20:42
さすが、プル様、温泉貴公子に頼まれればうんと言ってくれるかもしれません。旅行会社通したほうが、安い宿もいっぱいありましたから、スタンプスタンプ♪

そうそうテン、風呂場にもでました、でも一瞬で走り去っていったのでわたしはかすかにしか見れませんでした。じゅんさんはまともに生で見ることができたんですね~いいな。ガラス越しに見るのとはまた違いそうですよね。わたしは小さい頃、オコジョが一番好きな動物だったんです。
 
 しかし、あそこまで肉食だと思いませんでした。宿の人は鳥を食べるのを見ているようなので、テンはけっこう人気を落としているようでした。宿に侵入してきて大変なことになったとも言ってました。かわいい顔してカブキ者ですよね。

 客室露天風呂は宿泊するお客さんは今は誰でも借りられるようです。部屋に案内されたとき、すぐに「予約しますか?」ときかれます。込み具合にもよるそうですが、たいていは借りられるようです。撮影のためにはぜひじゅんさんに行ってもらいたいですね。



おみ | 2010/02/27 00:40
★おみさん
怪しい情報網を駆使して保健所とかいろいろアレしちゃいますからねぇ~(謎)
クロテンは夜中、露天風呂に入っていた時に突然出現しました
何だ!?って思ったらピョピョピョピョ~って露天を走り去って行きました
一瞬、目と目が合ってオモシロかったです♪
撮影している時だったら良かったのになぁ~
客室露天風呂だと写真撮り放題ですよね(笑)
じゅん☆ | 2010/02/27 19:20
養老牛温泉を検索してたら湯宿だいいちのHPに遭遇しました
日本秘湯を守る会の会員宿にもなっている有名な宿のようですね
ヒノキの内湯もよさそうですが
なんたって川原にある混浴露天風呂がいいなぁ~
ボクだと川に入っちゃうと思いますよ(笑)
上にある女性用の露天風呂からココが見えそうです
いわゆる仇討ちの湯ってやつですかね(笑)
丸太風呂で体を伸ばしてボーっと浸かってるのも気持ちいいでしょうね
料理もなかなか美味しそうだし
是非泊まってみたい宿です♪
新之助 | 2010/05/14 15:37
★新之助さん
ココへ行ったのは3年前のコトでした
お風呂も多彩で飽きないですし
お料理やおもてなしも素晴らしいので
ぜひ泊まってみてください♪
じゅん☆ | 2010/05/14 22:38
明日から13名の添乗で湯宿だいいちに1年振りに伺ってきます♪
あらためて、じゅん☆さんのブログを拝見しながらわくわくしてきました♪♪
しまふくろうにも会いたいなぁ~。
からまつの湯にも行けたらな~と思っています☆
いつも楽しいブログ、ありがとうございますm(..)m
たいやき | 2010/06/27 17:09
★たいやきさん
最近疲れ気味なので温泉宿へ行ってボーっとしたいです(笑)
しまふくろうは最近見てないなぁ~
夜、突然居たらビックリしますよ
目が大きいですからね!
じゅん☆ | 2010/06/28 00:20
しまふくろう、2日来てないんだけど・・。でも、ボーボーと声は聞こえるのですが・・・。
との事だったので今夜も無理かなぁ~と諦めていたら21時過ぎの早い時間に現れてくれました☆
広げた翼は大きくて、じゅん☆さんのおっしゃるとおり大きなお目々でした☆
同行者も喜んで頂けて、ホッとしました☆ふくろうさん、有難う☆

じゅん☆さん、お疲れなのですか?
大丈夫ですか?
お時間が取れて、ゆっくり出来るといいですね☆
ご自愛下さいね☆
たいやき | 2010/07/01 21:02
★たいやきさん
おぉー、シマフクロウが現れたのですね!
ボクが行った時はエゾクロテンが露天風呂に現れて驚きましたよ
2週連続で休日はハードスケジュールだったので
今週末は温泉ラブホに籠もって静養しておりました(笑)
じゅん☆ | 2010/07/04 21:10
宿泊したいと思い宿に連絡したところ
昨年の七月に秘湯の会を脱会したとのことでした
なのでスタンプは押せないと…。
残念ですね
秘湯と呼ばれるには人気が出すぎてしまったのでしょうか?
湯駒荘かだいいちかと悩んで宿泊をきめたのでちょっぴり残念
mio | 2011/09/11 18:33
★mioさん
おぉー、秘湯を守る会を抜けたのですね
これで北海道は8ヶ所なのかな?
あの提灯って返却するのだろうか?
ほしいなぁ~(笑)
じゅん☆ | 2011/09/11 19:50
こんばんわ よく泊まれましたね ここは通常一人では泊めない
主義でして よほど 暇な時で社長の機嫌が良い時でないと予約
出来ないんですがね 最近新館が出来まして様子が変わりました
温泉犬は初めて行った頃は元気でしたがその後は従業員の宿舎の
方にしばらく居ましたが此処最近見ないと思ったら死んじゃいま
したか まあ 歳ですし 私も泊まりで行ってみたいのですが何
時も日帰りなんですよ まあ 車で3分なんですがね 偶にはゆ
っくりしたいです でも従業員の女の子達に顔を覚えられて居る
ので泊まったら変な顔されそうです。
渡りからす | 2011/10/26 17:52
★渡りからすさん
そうなのですかー
今度、一人で泊まってみたいと思っていたのですが
どうやらダメっぽいですね
一人泊できない宿ってボクはあまり好きじゃないのです
 
湯宿だいいちで一番印象に残ったのが
ソファーで気持ち良さそうに眠る温泉犬のイチでした
このイチの写真も貴重なモノとなってしまいましたね・・・
じゅん☆ | 2011/10/26 18:36
はじめまして 湯宿だいいちを検索してたらこちらに辿り着きました。楽しい湯巡りを拝見させていただきました。私も以前は北海道大好き野郎でして、あちらこちらと湯巡りをしていましたが、爺ぃになって落ち着いてきたことや、だいいちさんに巡り合ってしまったので、今では北海道に行ったらゆったりまったりのだいいち連泊派です。 過去コメントにありましたが、一人宿泊は可能です。オフシーズン(11月~4月?)の平日は追加金無しのはず。1万4、5千円で泊まれると思います。オンシーズンでも、二人料金の一人分の食事料金を引いた額、約3万3、4千円で泊まれます。シーズン時期や土曜日料金は記憶が定かではないので要確認です。私は名古屋在住ですが毎年、避暑がてら7月末にワンコを連れて一人で泊まってますもん。あと他の方が「客室露天風呂は宿泊者ならいつでも借りられる」とのコメントもありましたが「貸切家族風呂」の間違いだと思われます。以前、囲炉裏や客室露天のある特別室に泊まった事もありますが、あの素晴らしい檜の内風呂と野趣溢れる露天風呂があるのに勿体無さすぎ、と感じ一度も客室露天に入りませんでした。まぁ貸切家族風呂もですがカップルや小さな子供連れには便利で良いのでしょうね。イチのお墓は、敷地入ってお客様駐車場の入り口左手、大きな木の下にありますよ~。ついでに余談ですが、露天風呂の前に流れている川に入って足を冷やしていたり水を飲んでいるのを見かけたらそれが私です(^w^)!ではこれからも楽しみ読ませていただきます。
くまさん | 2012/09/08 13:51
★くまさんさん
初めまして!
コメントありがとうです♪
湯宿だいいちはなかなか評判イイですよねー
ボクも最近、連泊に目覚めたのですが
温泉宿の連泊というのは贅沢で良いなぁと思っております
 
湯宿だいいちは最近リニューアルしたそうで気になっていたのです
詳細な情報をいただき参考になりました
養老牛温泉郷はなかなか良いですよね♪
秋になったら「旅館藤や」へ行ってみようと思っています
じゅん☆ | 2012/09/09 23:23
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2015/10/08 14:24
★非公開(2015/10/08 14:24)さん
突然のメッセージ、ありがとうです
相互リンクは面倒なのでやっていませんが
勝手にリンクするのは構いません
じゅん☆ | 2015/10/13 20:08
コメントの投稿 (Japanese text only)
 Secret :