じゅん☆ブログ

阿寒川コオロギの湯 2009.05.08
阿寒川の上流へ
今回向かうのは阿寒川の上流にある「コオロギの湯」という野湯です。一応、川沿いに獣道のような細い道が続いているのですが、倒木等で歩きづらくなっている場所や崩落している場所もあるので注意しながら森の奥へと歩いて行きます。
コオロギの湯を発見!
途中には沢山の湯流れがあったりしますが、あまり気を取られないようにして進んで行くと、写真のような場所が見えてきました。川岸に湯船のような場所があり、湯煙が立ち昇っています。ココが今回の目的地である「コオロギの湯」です。
コオロギの湯全景
上からだとよく分からないので、川の方から撮影してみました。噴泉塔のようになっている場所の上部がえぐれていて、そこへ温泉が溜まり湯船のようになっています。
噴泉塔
見事な自然の造形美ですね。このようになるまでどれくらいの時間がかかっているのでしょう? 上部のえぐれている部分は自然にできたモノなのでしょうか? 自然にできたのだとすれば凄い天然湯船ですね。
湯温計測
この場所へは過去の阿寒川探索時にも訪問しているのですが、その時は湯船の湯温が65℃もあり入浴できませんでした。今回は少し湯温が低下しているようですが、それでも53℃もあります。このままでは熱すぎて入浴どころではありませんね。
裸になって何が悪い!
そんなコトもあろうかと思って、今回はマイバケツを持参していました。さっそく素っ裸になって加水作業を開始します。別に素っ裸になる必要は無いのかもしれませんが、気合いを入れて加水作業を行うので服なんか着ているとベチャベチャになってしまうのです。
入浴♪(その1)
なんとか入浴できそうな湯温になったので入浴してみました。思っていたよりも深さのある湯船で全身浴も可能です。しかし、湯船の底から高温の温泉がドバドバと湧き出してくるのでアッと言う間に熱くなってきます。底に沈んでいる葉っぱが熱を持って凄く熱くなっていました。かなり加水したのにスグ熱くなってくるというコトは相当な温泉湧出量なのでしょう。
入浴♪(その2)
目の前に阿寒川が流れていてロケーションは抜群です。写真では気持ち良く入浴しているように見えるかもしれませんが、実際はこんなにのんびりと浸かっていられないでしょう。とにかくアッと言う間に底の方が熱くなってくるのです。湯温調節が上手くできれば最高の露天風呂になるのですが・・・。湯船の中には枯れ葉などが沢山埋もれているので、湯船から上がると下腹部が大変なコトになったりもします。しかし、この湯船は初入浴というコトもありとても満足できました。

●阿寒川 コオロギの湯(あかんがわ こおろぎのゆ)
  場所 : 北海道釧路市阿寒町シュリコマベツ 【地図】 【閲覧】
  料金 : 無料
  営業 : 24時間
  休み : 年中無休
  泉質 : 単純泉
  備考 : 混浴・要加水装備・ヒグマ出没注意!
  感想 : ★★★☆☆

  

Comment
★お知らせ♪
阿寒川野湯群特集はいかがでしょうか?
まだまだ続きますのでお楽しみに~♪
http://blog-imgs-24.fc2.com/5/0/5/505060/0905072208.jpg
これ↑は記事用に準備した写真なのですが話の流れ的に使わなかったモノです
素っ裸で一体何をしているのかというと
入浴後、カラダに付いた藻や枯れ葉を洗い流している図だったりします
野湯ではバケツがあるとかなり便利です♪
お知らせ♪ | 2009/05/08 23:35
最高ですね!

何が最高だって言うと、
「裸になって何が悪い!」
という画像のコメントです

実に面白いですね

できれば、この水くみも動画であれば、
楽しかったかもです

いやー、私も水くんで入りたいなあと
思った温泉でした

また、楽しみにしています!
kaz | 2009/05/08 23:40
お知らせの画像も最高ですね

風呂上がった後、風呂の汚れを流すとは、
野湯ならではです
kaz | 2009/05/08 23:43
★kazさん
「裸になって何が悪い!」は今年の流行語になるかもしれません
水汲みの動画は・・・
静止画では見えない謎の物体が見えちゃったりするのでボツです(謎)
お知らせ画像は苦労の片鱗といった感じでしょうか?
ドロドロの野湯へ入ったコトのある人なら分かると思うのですが
お湯から上がると股間が一大事になっちゃうんですよ~(笑)
kazさんもぜひ体験してみてください♪
じゅん☆ | 2009/05/08 23:54
↑のKazさんのコメントに同じく!「裸になって何が悪い!」良いコメントですね~笑
プッーと吹き出してしまいました!
やはり野湯巡りをしているじゅんさん☆イイかもね~♪楽しそうです!
「水を得た魚」>゜))))彡の様です(笑)←イキイキしていると言うことです☆
ちなみに失礼ですが、最近少し太りましたか?!鍛えているからかな?
後姿が以前よりもイイ感じです☆やはり男の人はこうでなくちゃ~(笑)

はっく | 2009/05/08 23:57
きっと、今日もどこかで
「裸になって何が悪い!」
画像を撮っているのでしょうか。
期待してますよ!
kaz | 2009/05/10 12:48
★はっくさん
野湯めぐりは悲惨なコトも多いのですが
そういうコトもひっくるめてやっぱり楽しいですね♪
後ろ姿ヤバいですか?
そうなんです最近ちょっと太ったんですよー
この時で50キロくらいでしょうか
今は野湯めぐりで減量に成功し48キロくらいになっています
そろそろ引退かと思っていたのですが
あと1年くらいは頑張らせてください♪(笑)
じゅん☆ | 2009/05/10 23:32
★kazさん
今日はもうクタクタだったのでハダカ画像は撮影しませんでしたが
昨日はとんでもないところで撮影していましたよ!
ちょっと風邪をひいちゃったかもしれません・・・
じゅん☆ | 2009/05/10 23:32
あはは~♪
裸になって何が悪い…わかる~
私一応女ですが、お風呂は裸で入るものなのでたとえ男性がいようとタオル一枚(一応は隠すフリ)でズカズカ入って行ってしまいますがそれを端から見た人の方がてれるみたい。それを見て最近は私はその照れてるのを見たくてズカズカと入って行く意地悪な自分を発見してたのしんでいます。

然別峡のペニチカの湯破壊してました(泣)
ゆぅ☆ | 2009/05/11 22:15
★ゆぅ☆さん
ボクも野湯と間違えてタオル無しで入っちゃうコトもあるのですが
これはちょっと困っちゃいます・・・(笑)
チニカの湯は川水流れ込みまくりになっていますね
春先はいつもあんな感じのような気もしますが
そのうち野湯職人の方がしっかりと直してくれると思います
じゅん☆ | 2009/05/11 23:22
先日KOBANさんがココのコトつぶやいてましたよ
阿寒川の野湯群でもかなり奥のほうにあるみたいですね
すっげ~いいロケーション!
湯船もちょうどいい感じですね~
春先なんかは動物の死骸とかもあったりしてちょっと怖い感じもしますが・・・
水汲み写真オモシロイですね~
じゅん☆ブログならではの写真でしょう(笑)
「裸になってなにが悪い!」
あれっ!クサナギクンと一緒だ(笑)
ホントじゅん☆さんには野湯が似合うよなぁ~
あっ!ラブホも似合うけどさ(笑)
和友 | 2010/10/23 08:46
★和友さん
この辺は初心者向けではないですからね~
ボクのように初心者に毛が生えた人向けです(謎)
この辺りって何か怖いんですよぉ
金花湯への道中より怖いです・・・
じゅん☆ | 2010/10/23 23:46
コメントの投稿 (Japanese text only)
 Secret :