じゅん☆ブログ

春の秘境知床探索(後編) 2009.05.11
雪世界へ
前回に引き続き春の秘境知床探索です。羅臼岳登山道へ入ってからおよそ一時間半が経過した時点で辺りは雪世界と化しました。まさかこんな積雪があるとは思ってもいなかったので軽装で来たコトを後悔しました。そしてココで思わぬ誤算が・・・。何と積雪のため登山道がどこなのか分からなくなってしまっています。せっかく苦労して登って来たのにココまでかぁ・・・。しかし、よーく見ると何者かの足跡が上へと続いているではないですか!
素晴らしい景色
もう、その足跡だけを頼りに進んで行くコトにしました。ただ、上りの足跡だけ残っているというのがちょっと気がかりなのですが・・・。それにしても雪景色と緑のコントラストが美しいですね。前回来た時、こんな眺めの良い場所を通ったかなぁ? そう思っているとどこからともなく鈴の音が聞こえてきました。その方向を見ると何と人間が下りてくるではないですか!
見覚えのある並木道
その人は朝早くから羅臼岳へ登っていたのだそうです。今日は素晴らしい景色だったそうで、少しお話をして別れました。その後もその人の足跡を頼りに進んで行きます。何度か足跡を見失い迷いそうになったのですが、何とか足跡を見つけ出して見覚えのある場所へ到着しました。左下の沢から水の流れる音が聞こえてきて、よく見ると遙か下に滝のようなモノが見えます。
弥三吉水到着
この辺りが弥三吉水(やさきちみず)のある場所だと思うのですがよく分からないので、ココから沢の方へと下りてみるコトにしました。正面には羅臼岳が迫っていて、先ほどから頼りにしていた足跡がいつしか山スキーの跡に変わり遙か向こうへと続いていました。
谷へ下りる
結構急峻な雪の坂を下りて行きます。もし誤って尻餅でもつこうモノなら、そのまま滑落してどこかにぶつかって大変なコトになる可能性が高いので慎重に下りて行きました。
巨大な穴が!
谷間の雪渓のようになっている場所に巨大な穴が開いていました。その穴の中からザーっと水の流れる音が聞こえてきます。そして何やら硫黄のニオイが漂ってきました。この場所には雪が何メートルも積もっているようですが、この雪の上を歩いても大丈夫かな・・・?
穴の中を覗く・・・
一歩一歩慎重に雪の上を歩いて行きます。もし、この穴の中に温泉が流れているのだとしたら、下に空洞ができていて雪が崩れ落ちるかもしれません。これだけの雪が一気に崩れ落ちたらタダでは済まないでしょう。穴の開口部極限まで近づくとそこには神秘的な白い滝がありました。ココが今回の冒険の目的地である「湯の滝」です。しかし、この穴の底までは6メートル以上ありそうな感じで、どこからも降りられそうにありません・・・。
湯の滝
まさか、この場所がこんな雪の谷になっているとは想像もしていませんでした。せっかくの温泉を目の前にして手も足も出ないとは・・・。もし、ロープがあったとしても、この断崖のような場所を降下するのは危険な感じでしょう。いつこの巨大な雪渓状の雪が崩落してもおかしくないような感じです。仕方ないので上からズームで湯の滝を撮影しておきました。こんなスグ目の前にあるのにぃ~。何だか一気に疲れが込み上げてくる感じがしました・・・(泣)
雪渓のような谷
上から見た時、下流側にオレンジ色の部分を確認していたので、気を取り直してそちらを見に行ってみるコトにしました。積もっている大雪の途切れた場所にそのオレンジ色の部分があります。それにしても凄い雪の量ですね。これでもだいぶ融けた方なのだと思いますが・・・。
源泉湧出孔
こちらがそのオレンジ色の部分です。もう見て分かるとおり源泉湧出孔ですね。先ほどの湯の滝は硫黄泉っぽかったのですが、こちらは明らかに違う感じです。湯温を計ろうと思って近づくと周りがグチャグチャにぬかるんでいて驚きました。まるで底無し沼のような感じです。
湯温計測
何とか頑張って湯温を計ってみました。油断していると長靴がズボズボ埋まっていくので大変です。湯温は19℃と低めな感じでした。泉質は不明ですが重曹泉系な泉質でしょうか?
また暖かくなったら湯の滝にチャレンジしよう。そう思って帰ろうとしたその時、 あっ!何だこの穴は! まさかこの穴は先ほどの湯の滝へ続いていたりするのでしょうか? ポタポタと雫を垂らす雪の隧道の奥にボクは何やら光を見たのでした。ボクは穴があったら入りたくなってしまう性格なのです。次回へ続くかな・・・?

  

Comment
この先が楽しみでなりません!!!
雪洞っていうんでしょうかね、ワクワクしちゃいます☆
それにしてもかなり危険があぶないところまでいってきたんですね、
これからも無理をしないよう気をつけて探検しちゃってください!
そうそう、新しいフンベへ行ってきましたよぉ♪
うさぎ | 2009/05/11 23:47
★うさぎさん
隧道ってコトバを使いたかったので
あえて雪の隧道とさせていただきました(笑)
かなり疲れましたが収穫もあったので良かったです♪
フンベ情報ありがとうでした!
じゅん☆ | 2009/05/11 23:59
こんにちは!なかなかハードボイルドですね!今回の山探索は体力的にどうでしたか?僕も山探索に備えて体力造りに励みます!続きをよろしくお願いします!
カロリーゼロ | 2009/05/12 15:46
熊…ドキドキしますよね(汗)しかし、じゅんさんは転んでもタダでは起きませんな(笑)一度は諦めた温泉の入り口を偶然見つけちゃうんだもの♪もちろん雪の髄道は入ったでしょう?続き次回やって下さいネ

楽しみです(*´∀`*)
札幌の尾崎 | 2009/05/12 20:08
やはり今年は雪が多く残っていますね。
GWに知床峠を通過しましたが道路脇で、
山スキーをしている人がいたりして驚きました。
木隠れの滝付近も去年より雪が多かったです。
露天風呂マニア | 2009/05/12 20:49
★カロリーゼロさん
今回の冒険はボクにしてみるとかなりハードでした
何しろボクはひ弱なモノですから・・・(笑)
体力的にはまだ大丈夫な感じなのですが
ボクはちょっと足の関節がおかしくて関節がダメになってしまいます
長時間の冒険はちょっとキツいですね~
じゅん☆ | 2009/05/13 00:18
★札幌の尾崎さん
もうしばらくはココへ行かないと思っていたのですが
先日、突然思いついて行っちゃいました(笑)
今回の雪の隧道は嬉しい誤算でしたね♪
じゅん☆ | 2009/05/13 00:18
★露天風呂マニアさん
ボクは2ヶ月ほど前に登山道を散策したのですが
その後、何回か雪が降って気温も低かったので
雪が残っていたのでしょうね
知床峠駐車場手前でスキーをやる人は毎年いますね
雪崩とか発生しないのか心配です
http://505060.blog12.fc2.com/blog-entry-653.html
じゅん☆ | 2009/05/13 00:19
コメントの投稿 (Japanese text only)
 Secret :