じゅん☆ブログ

然別峡 タミ乃湯 2009.06.09
然別峡 タミ乃湯
鹿追町(しかおいちょう)にある然別峡(しかりべつきょう)へ行ってきました。今回紹介するのは初登場の野湯「タミ乃湯」です。ココは然別峡野湯群の中ではあまり有名ではない野湯なのですが、どんな温泉なのでしょう? キヌプの湯からユーヤンベツ川沿いに歩いて行くと写真のような場所がありました。
タミ乃湯
ココがタミ乃湯です。どういう意味で付けられた名前なのかは不明ですが、おそらくタミさんという名前のお婆さんが見つけた野湯なのだと思います(嘘)
湯船
こちらが湯船です。温泉の湧出量が少ないようで時期によっては湯船が消失したりもします。湯船には葉っぱやワケのわからないモノが沢山浮いていたので取り除いてみました。
湯温計測
温泉の温度を計ってみると36℃でした。う~ん、微妙な湯温ですね。こういう湯温の野湯は湯中で謎の生物が繁殖していたりするので、普通の人は入浴しようなどとは思いません・・・。
入浴♪
そこはやはり普通でない人の特権でしょうか? タミ乃湯初入浴です。ちょっと独特なニオイもしたのですが、この手の野湯としては比較的キレイな部類だと思います。見た感じよりも深い湯船で何が沈んでいるのか分からない感じでした。入浴後はドロドロになった下半身をユーヤンベツ川の冷たい水で洗い流さなければならなく、ちょっと切ない感じなのですが、それもまた野湯探索の醍醐味の一つでしょう。

●然別峡 タミ乃湯(しかりべつきょう たみのゆ)
  場所 : 北海道河東郡鹿追町瓜幕然別峡国有林 【地図】 【閲覧】
  料金 : 無料
  営業 : 24時間
  休み : 年中無休
  泉質 : 重曹硼酸食塩泉
  備考 : マニア向け
  感想 : ★★☆☆☆
  

Comment
じゅんさん、いろんな意味で苦労されているようですね…
それにしても不思議なかんじの野湯ですね~。

かえる | 2009/06/09 02:53
じゅんさん今日は。
いやぁーまた然別峡の野湯巡りですか。

実は風の噂で聞いたんですが、菅野温泉やばいって本当ですか?
なんでも、日本秘湯を守る会からも抜けたって話だし・・・

僕は定額給付金が入ったら、大雪高原山荘に宿泊に行きたいと
思います。
温泉爆走族 | 2009/06/09 12:42
★かえるさん
苦労を楽しむくらいでないと野湯めぐりはやっていられないですね(笑)
後半ではもっと凄まじいのが登場します・・・
じゅん☆ | 2009/06/10 00:13
★温泉爆走族さん
また然別峡ですが
今回はじゅん☆ブログ初登場の場所を紹介していきます♪
動画も結構登場する予定です
菅野温泉は事情通ではないので分かりませんが
どうなっちゃうのでしょうね?
ボクはもう定額給付金使っちゃいました~
じゅん☆ | 2009/06/10 00:13
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2009/06/10 19:59
★非公開(2009/06/10 19:59)さん
そうなんですよ~
この手の野湯は入浴後が大変です
ホントにドロドロになっちゃいますから・・・
特にアソコは大変なコトに・・・(笑)
じゅん☆ | 2009/06/10 21:56
★お知らせ♪
次回予告↓
http://blog-imgs-24.fc2.com/5/0/5/505060/0906102150.jpg
微妙な微温泉です
お知らせ♪ | 2009/06/10 21:57
おむすび屋さんを卒業して、ニャンコの隊長になりました。久しぶりにじゅん君のブログ拝見しました。おやおや?じゅん君は、温泉の中に未知の生物がいることなんて、ゼンゼン、気にしないのかと思ってました。少し、安心したけど、やはり、入るのですね。さすが、裸のインディー・ジョーンズです。いよいよ、野湯のシーズンですね、虫も大変だろうけど。ラブホもいいけど、やはり、男の裸は、太陽の下が似合うのです。がんばれ!!
にゃんころりん | 2009/06/12 01:32
★にゃんころりんさん
こんにちはニャンコ隊長!
こういう透明な温泉って見たくないモノが見えちゃったりするので
「あ”~」とかなりますね・・・(謎)
まぁ、動いていなかったから良かったのですが
流石に何か動いていたらボクも入らないでしょう
男の裸は太陽の下ですか!?
うん、そうかもしれません
じゅん☆ | 2009/06/14 22:29
すごい。。

じゅんさん死んだら「温泉童子神」ってじゅんさんが石仏になって各地の野湯に建立されそうですね。

おみ | 2009/09/18 00:28
コメントの投稿 (Japanese text only)
 Secret :