じゅん☆ブログ

阿寒川フレの湯A(春) 2009.07.06
阿寒川フレの湯A
釧路市阿寒町(くしろしあかんちょう)にある阿寒川フレの湯Aへ行ってきました。先日紹介した阿寒川フレの湯Bに隣接している野湯です。泉源の真上にステンレス製の浴槽が埋め込まれていて、底から鮮度の高い温泉が自然湧出しています。
湯温計測
お湯の温度を計ってみると45℃でした。これは見事に適温ですね。これ以上熱くてもぬるくてもダメといった感じです。さっそく入浴してみるコトにしましょう。
入浴♪(その1)
さっそく入浴してみました。う~ん、気持ち良いですね~♪ 何もない森の中にどうしてこんな場所があるのでしょう? ちょっと神秘的な感じもしました。
凄いお湯の色!
ココのお湯の色は凄いですね! ビックリするようなオレンジ色をしています。泉質は単純泉なのですが鉄分が多く含まれているようです。
入浴♪(その2)
やはりココのお湯は良く効きますね。時々休憩しながら楽しませていただきました。スグ横にはぬるめの阿寒川フレの湯Bがあるので、交互に浸かるのが効果的かと思われます。

●阿寒川フレの湯(あかんがわふれのゆ)
  場所 : 北海道釧路市阿寒町オクルシベ 【地図】 【閲覧】
  料金 : 無料
  営業 : 24時間
  休み : 年中無休
  泉質 : 単純泉
  備考 : 混浴・湯当たり注意!
  感想 : ★★★★★

  

Comment
おぉ~ 日曜日にこの周辺を探索していましたが、
突然の激しい雷雨により、フレの湯まで到達出来ませんでした。
近くに雷がガンガン落ちてやばかったです(汗)
露天風呂マニア | 2009/07/07 00:11
★露天風呂マニアさん
阿寒は雷雨でしたかー
何か突然気温が上がったり変な天気でしたよね
この辺も今時期は釣り人がいたりするのでしょうか?
今度は冬に訪れたいと思っています
じゅん☆ | 2009/07/07 00:54
な、なんなんですか~この温泉はっ
どらえもんの道具で出現させたみたいな湯船ですね。だってあなたほらこんな山奥にステンレスの湯船の下からコンコンとお湯が沸いてるって。

不思議ですね~不思議風呂桶です。

しかしずいぶん周りにゴミ?モノ?が錯乱してますね
これを作った人が作った時に使用した道具をそのまま置いてっちゃったんでしょうか。

45℃って適温なんですか?ちょっと熱めな気もしますが…

動画なんかおもしろかったです~。今回のじゅんさんは素な感じがして新鮮でした。
 じゅんさんってうつぶせで汲んだ手に顔のせて足を泳がす入浴スタイル、好きですよね~☆
おみ | 2009/09/08 22:43
★おみさん
この湯船を造った方は相当な温泉通だと思われます
造り方が半端無いですから
この湯船は普段、ゴミなどが入らないようにフタがされていて
周りに散乱しているモノはそのフタの道具のようです
散らばっていたので入浴後にフタの上へ載せてきました
45℃は熱めですね
この記事では適温と書いていますが
ココでは45℃が適温なんですよ!
何だか言ってるコトがわからないかと思いますが
実際に行って入ってみると何となく分かるかもしれません(謎)
 
入浴スタイルは長年の経験で編み出したモノです
この入浴スタイルで撮影すると変なモノが写る確率を低減できます(笑)
じゅん☆ | 2009/09/09 22:30
ゴミですか、なるほど。
そうですよね、野湯って大きいものじゃないと、虫やゴミが浮きまくりになってしまいますもんね。そんな配慮までして野湯で風呂桶創作した方、情熱半端ないですね。

じゅんさんの言ってることがわからないのでこれはもうわたしもこの不思議風呂桶に入ってみるしかないです。今度阿寒に行ったらマリモを無視して野湯探索。(そして迷って二度と帰ってこれずこれきりおみのコメントはなくなった…。)

入浴スタイルのポーズ好きです。うちはマス風呂なんでマネできないのが残念です。
おみ | 2009/09/10 00:45
★おみさん
ゴミと言うと語弊があるかもしれませんね
ゴミというか落ち葉とか鹿さんのウンコとか虫とかそういう感じです
この温泉はホント凄いですよ!
この周辺は聖地のような感じですから
迷うと別な世界へ行ってしまう可能性があります
くれぐれもご注意ください!(笑)
入浴スタイル、好評なようで良かったです
他に誰も居ない時はよくお尻をプカプカさせています♪
じゅん☆ | 2009/09/10 12:34
コメントの投稿 (Japanese text only)
 Secret :