じゅん☆ブログ

矢櫃温泉(矢櫃冷泉) 2009.09.20
矢櫃林道入口
厚沢部町(あっさぶちょう)の山奥にある「矢櫃温泉(やびつおんせん)」へ行ってきました。何だか分かりづらい矢櫃林道入口から景勝地矢櫃峡渓谷へと向かって行きます。
矢櫃林道入口に何やら気になる看板がありました。「積雪の場合は除雪をしてお湯を汲んで下さい」と書かれた謎の看板。お湯?と思って付近を探索すると謎の木枠がありました。この場所の詳細については不明なのですが、おそらく過去に温泉スタンドのようなものがあったのだと思われます。川へ延びる排湯管も確認できましたが、温泉の出ている気配はありませんでした。
矢櫃温泉
10分ほど林道を走ると道路脇に突然、写真のような場所が現れました。ココが矢櫃温泉のようです。さっそく探索してみるコトにしましょう。
温泉分析書
脇に「矢櫃温泉の効能」と書かれた看板がありました。それによると矢櫃温泉は単純硫黄冷鉱泉で糖尿病や痛風、便秘に効果があるとのコトです。付近には硫化水素臭が漂っていました。
湯温計測
パイプからチョロチョロと温泉が流れ出していたので、とりあえず湯温を計ってみると20℃ありました。資料によると源泉温度は20.4℃とのコトです。
ポリバス?
何やらフタがしてあったので開けてみると、小さなポリバスが埋め込まれていました。このポリバスが源泉貯湯槽のようになっていて先ほどのパイプと繋がっています。中には透明度の高い温泉が溜まっていて、硫黄泉らしく白いユラユラが揺れていました。
飲泉可?
飲泉用と思われるコップが備え付けられていました。ただし、飲泉する場合は先ほどの源泉貯湯槽の所にある湯口から新鮮なお湯を汲んだ方が良いかもしれません。
入浴♪
というコトで入浴してみました。よくある硫黄冷鉱泉な感じで冷たくて気持ち良いです。湯口のお湯はツルツル感たっぷりでした。資料によると成分総計637ミリグラム、pH値7.6とのコトです。湧かしたら良いお湯になりそうですね。この場所は景勝地へ続く林道脇にあり、シーズン中はクルマの往来もあるので、こんな風に入浴する際は細心の注意が必要です。あっ、普通の人はこんなところで入浴しないですね(笑)

●矢櫃温泉(やびつおんせん)
  場所 : 北海道檜山郡厚沢部町城丘 【地図】 【閲覧】
  料金 : 無料
  営業 : 24時間
  休み : 年中無休
  泉質 : 単純硫黄冷鉱泉(弱アルカリ性低張性冷鉱泉)
  備考 : 温泉スタンド
  感想 : ★★★☆☆

  

Comment
立派な温泉貯湯層の小屋ですね!
看板もきちんと立っているということは、ここを訪れる人も多いんでしょうか。この流れ出しているお湯を汲んで使う人とかもいるのかな~。お湯はほんとに綺麗な透明ですね。

お、今回も葉っぱ隊ですね☆シリーズ3作目でしょうか(笑)ごちそうさまですw

ところで温泉スタンドってどのような用途のものですか?温泉を汲むような場所でしょうかね。それこそ、それをタンクで自宅に持ってかえって沸かして入浴してください、というようなものなのでしょうか?
おみ | 2009/09/20 17:45
厚沢部あたりは今年5月末頃にうろうろしましたよ。
このような所があるとは知りませんでした。
おいしそうな出湯ですね。
再来年くらいまでに行ってみたいです。
旭温 | 2009/09/20 21:01
相変わらずの度胸の良さと言うか思いきりの良さに脱帽です。
夏の平日にビニールプール使用なら快適かも・・・
ん~やってみたいが・・・踏ん切りが・・・
北海昆布 | 2009/09/21 04:15
ここもどこかで見たことのあるところですねぇ~♪
それにしても、今回の旅で、じゅん☆さんのすごさを改めて感じました☆
あんなとここんなとこでスッポンポンになって撮影しちゃうなんてぇ~
1400キロ走って戻ってきましたぁ~!
うさぎ | 2009/09/21 23:39
★おみさん
この貯湯槽に浸かってみたい気もしましたが
怒られそうなのでやめておきました(笑)
温泉スタンドというのは専ら付近の住民が温泉を汲んでいって
浴用として利用するためのモノとのコトです
矢櫃温泉は冷泉なので沸かさなければならないと思うのですが
硫黄泉なので沸かすのも大変そうですね
硫黄成分によって湯沸器等が腐食してしまうのです
じゅん☆ | 2009/09/22 00:37
★旭温さん
今回の道南旅行では厚沢部町をウロウロする予定でしたが
前日に有用な情報を入手できたおかげで
ココや意養温泉跡などを探索するコトができました
鶉温泉の自然湧出泉も気になっているのですが・・・
じゅん☆ | 2009/09/22 00:50
★北海昆布さん
この入浴シーンが有るか無いかで
この記事の価値というのもずいぶん違ってくると思っているのです(謎)
虫が多いので快適ではないかもしれませんが
試してみる価値はあると思います♪
じゅん☆ | 2009/09/22 00:56
じゅんさんありがとうございました☆

やっぱり沸かすんですね~、温泉の成分を知っておかなきゃだめですね、ふむふむ。
おみ | 2009/09/22 00:59
★うさぎさん
ココはなかなか見つけるの大変でした
もうちょっと湯温があるとオモシロいのですけれどね~
うさぎさんは1,400キロも冒険しましたかー
良い思い出ができましたか?
じゅん☆ | 2009/09/22 01:01
★おみさん
そうなんですねー
硫黄泉なんかそのまま沸かしたら湯沸器がダメになってしまうので
あらかじめ高温にしたお湯に冷泉を足して入浴したりするようです
ボクは面倒くさいのでこういう感じで尻湯してしまいますが・・・(笑)
じゅん☆ | 2009/09/22 01:13
鶉の自然湧出泉ですか。
有るのですね、フレッシュな出湯が。
うずうず(鶉鶉?)ししてきます。(沈...)
旭温 | 2009/09/28 21:10
★旭温さん
鶉の自然湧出泉については
情報が皆無なので詳細は不明です
見つけたら教えてくださいね♪
じゅん☆ | 2009/09/29 23:56
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2010/07/03 21:56
★非公開(2010/07/03 21:56)さん
ココはなかなか興味深い場所ですよね
駒ヶ岳はどうでしたか?
あの周辺も興味はあるのですが詳しくはありません
なにしろ遠くてそう簡単には行けないものですから・・・
火山周辺にある川というのは何かしら温泉と関わりがあるのかもしれませんが
精進川については良くわかりません
ワールド温泉牧場の泉源でもあるのでしょうか?
この周辺の湯脈は深いところにあるらしいので
自然湧出している温泉は無さそうな気もしますね
じゅん☆ | 2010/07/04 21:12
じゅん☆さんこんばんは。駒ヶ岳は軽石だらけで水一滴見つけられませんでした。松の仲間のような植物の群落がありました。水分はほとんど土壌が吸い込み山麓に湧水箇所がたくさんあるのでしょうか?同じ活火山ながら川湯の硫黄山や道南の恵山とは違う植生だなぁと思いながら登山しました。下山後、七飯町史を参考に大沼小沼周辺の源泉を探しましたが収穫無しです。西大沼温泉旅館山水もゲートで封鎖されてましたが源泉垂れ流し状態?かと思われます。自分で新しい物を探すよりもじゅん☆さんの記事を参考に冒険気分に浸るほうがワクワクします♪(でも無理な場所は記事を見るだけにします。)
てっちゃん | 2010/07/06 02:07
★てっちゃんさん
大沼周辺はほとんどがボーリング井のこぼれ湯なのでしょうか?
ボクがあまり興味無いところを見るとそうなのかもしれませんね(謎)
じゅん☆ | 2010/07/07 22:12
コメントの投稿 (Japanese text only)
 Secret : 

Trackback
Trackback URL : http://505060.blog12.fc2.com/tb.php/729-e5d9b2fb
矢櫃温泉
以前から気になっていた、道南の矢櫃温泉へ行ってきました。 写真でしか見たことがなかったのですが・・果たしてどんな場所なのでしょう。 ... ≫More
+ GREEN WING + | 2009/09/20 17:56