じゅん☆ブログ

磯谷温泉(川原の湯) 2009.09.16
磯谷温泉入口
函館市臼尻町(はこだてしうすじりちょう)にある「磯谷温泉」へ行ってきました。ココは昨年の同時期にも訪れているのですが、前回は時間の関係から未探索な部分を残し、この場を後にしています。今回は再訪問して違う角度から磯谷温泉を見ていこうと思います。
磯谷温泉
こちらが磯谷温泉です。高さ2メートルほどある擁壁の上などから温泉がドバドバと流れ落ちていました。雰囲気自体は変わっていませんが、放置されている浴槽の位置が変わっているので、それなりに訪れる人が居るようです。ココでの入浴に関しては前回の記事を参照していただくとして、さっそく未探索の部分を探索していきましょう。
泉源地帯
先ほどの擁壁の上には磯谷温泉の泉源があります。擁壁をよじ登って草むらを分け入ると、モワモワと湯気の立ち昇る湿地帯のような場所がありました。自然湧出している泉源のようなモノもあります。そこからさらに上へ行くと写真のような人工物がありました。
磯谷温泉の泉源
ココが磯谷温泉の泉源です。木枠で囲まれた貯湯槽には相当量の温泉が湧き出していました。磯谷温泉の源泉温度は70℃近くあり、間違って落ちると危険なため屋根が付けられているものと思われます。なお、泉源付近では硫化水素ガスが発生するようです。無風な日などは濃度が高くなっていると思われるので近寄らない方がよいでしょう。
紅葉橋
泉源を探索した後は少し離れたところにある磯谷川の川原へと向かいます。磯谷川を渡る紅葉橋というのがあるのですが、すでに廃橋と化していて草が生い茂っていました。この橋を渡って対岸の川原へと向かいます。
磯谷川へ流れる温泉
対岸の廃道のような道を進んで行くと川原へと出ました。先ほどの泉源から湧き出した温泉が磯谷川へ流れ込んでいる部分が見えます。さっそく付近を探索してみるコトにしましょう。
湯温計測
磯谷川へ注がれている温泉の湯温を計ってみると27℃となっていました。泉源から距離があるのと、川の水が混ざるコトによって湯温が低下しているようですね。
入浴♪(その1)
さっそくスッポンポンになってみました。護岸の上から流れ落ちる温泉がまるで湯滝のようになっていて、浴びてみるとかなり気持ち良いです。もちろん川部分で浸かるコトも可能で、いろいろな体勢で浸かってみました。磯谷温泉にこういう場所があるというのは聞いていたのですが、やはり実際に体験してみると感動的ですね。
下流側へ
下流側には大きな岩が沢山あって川の流れが小さくなっていました。あれっ? 向こう側に池のようなモノが見えますね。ちょっと見に行ってみるコトにしましょう。
コバルトブルーの池
うわっ! 何なのでしょう? このコバルトブルーの池は! 手を入れてみるとぬるい感じで湯温は先ほどの場所と同じく27℃ほどでした。磯谷温泉にこんな場所があるとは全く知らなかったので驚きです。さっそく入浴してみるコトにしましょう。
入浴♪(その2)
うぉ~、この湯溜まりは想像以上に深いです。底が見えないので推測なのですが、この湯溜まりは護岸の方へ行くほど深くなっているようで、水深1.5メートル以上ありそうな感じでした。どうしてこんなに深くなっているのか不思議でしたが、溺れないように注意しながらプールのような温泉を楽しませていただきました。ココは夏だとかなり気持ち良いと思います。

★磯谷温泉(いそやおんせん)
 場所 : 北海道函館市臼尻町
 料金 : 無料
 営業 : 24時間
 休業 : 年中無休
 泉質 : 含食塩硫黄泉(中性低張性高温泉)
 成分 : 成分総計2,733ミリグラム(含S-Na-Cl)
 泉源 : 自然湧出(磯谷温泉)
 備考 : 混浴
 感想 : ★★★★☆

  

Comment
私も磯谷温泉再訪したいです!
それにしてもこの湯溜りは大きいですねぇ!
泳いじゃってますね♪
来年またいきたいとおもいます!
週末は道東なので、じゅん☆さんに近づけるかなぁっておもってます♪
うさぎ | 2009/09/16 07:52
磯谷温泉の源泉、すごいですね~! 感動しました!

ここの擁壁をよじ登っていくなんて、じゅんさん冒険家ですね!笑
でも、ケガ等しないように気をつけてくださいね♪

磯谷温泉って、自然も温泉ロマンもたくさんの場所ですね~!





かえる | 2009/09/16 10:01
★うさぎさん
磯谷川の護岸の上にも誰かが掘ったらしい穴があって湯船になるようなのですが
今回はお湯が入っていなかったので川原で遊びました♪
護岸の湯滝は想定していたのですが
コバルトブルーの温泉池は想定外でとても感動しました!
うさぎさんもぜひ再訪問してみてくださいね
道東旅行が有意義なモノとなるようお祈りしております♪
じゅん☆ | 2009/09/16 18:23
★かえるさん
前回は時間が無くてダーっと入浴して終わりだったのですが
今回はゆっくりと探索するコトができました
この泉源付近はちょっと危険なので
対毒ガス訓練を終了していない方は近寄らない方が良いと思います(謎)
今回のコバルトブルーの温泉池はもう少し湯温が高くて虫が居なければ
五つ星だったのになぁと思っています
じゅん☆ | 2009/09/16 18:28
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2009/09/16 20:19
対毒ガス訓練が必要なんですね!
私は対スズメバチ訓練とか、対ブユ訓練とかも受けてみたいです。笑
(上の投稿で誤って無駄な改行を入れてしまったようです。失礼しました‥)
かえる | 2009/09/16 21:58
じゅんさん、こんばんは。
すばらしいですね。
泳いじゃってるところが何ともいえない動画です。
今回は平泳ぎですが、
次回は是非、背泳ぎを見せてください。(笑)
ではでは。
kaz | 2009/09/16 22:57
函館にこんな場所が!?
と思いましたが、南茅部のほうなんですね~。わたしの一番好きな温泉、町民保養センターがある南茅部☆

は~。秘密の場所って感じですね。廃橋の橋を渡っていくなんて相当冒険心いりますよね、温泉探索って。毒ガス注意ってすごいですよね!!危険が危ない温泉通さんたち。

コバルトブルーの池は読んでいても感動しました。
じゅんさんまた大発見ですね、お仲間のみなさんにとっても収穫になったことでしょう。
キレイな池であるのはもちろん、深さにびっくりですね。こんな深い温泉なんてないんじゃないでしょうか。水温は温水プールくらいかな。

北海道は(アイヌ?)聖地がいっぱいあるそうですが、ここも不思議な場所ですね~。秘密の場所だ~。
おみ | 2009/09/17 00:54
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2009/09/17 22:58
★非公開(2009/09/16 20:19)さん
情報ありがとうです♪
しばらくは混みそうな感じもするので
忘れた頃に行ってこようと思っています
川北温泉はまだ通行止なのですか?
今冬はまたスノーシューで挑戦してみたいです♪
http://505060.blog12.fc2.com/blog-entry-344.html
じゅん☆ | 2009/09/17 23:11
★かえるさん
はい、訓練は必須項目です!
一番怖いのはやはりヒグマですが・・・
じゅん☆ | 2009/09/17 23:11
★kazさん
動画で見るとわかりやすいですよね♪
ただ、残念なコトにボクは泳げないので
背泳ぎをお見せするコトができません・・・(笑)
じゅん☆ | 2009/09/17 23:12
★おみさん
そうなんです、旧南茅部ですね
この背後には硫黄山という山があるので
他にも湧いてるところがありそうな気もしています
この池は掘り出し物って感じでしたね(笑)
ココには昔、温泉旅館があったようです
じゅん☆ | 2009/09/17 23:14
★非公開(2009/09/17 22:58)さん
情報ありがとうです♪
以前にKOBAN2さんのブログで見て
訪問予定リストに入れていたのですが
どこにあるんだかわからなくてほったらかしになっていました・・・
使用可能になるのであればぜひ訪問してみたいですね♪
今度は本気で探してみようかと思います
勝毎新聞って意外とオモシロそうですね!
あっ、意外とか言ったら怒られるか(笑)
じゅん☆ | 2009/09/17 23:14
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2009/09/17 23:52
こんにちは。
磯谷温泉。つい先月(8/14)に行ってきたんですよ。
バスダブがドロドロだったので、何回か横に倒して掃除して入りました。
吸血昆虫がブンブンだったのであずましくなかったですけど。
虫のいない時期に入り直したいです。
旭温 | 2009/09/18 18:33
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2009/09/19 01:18
★非公開(2009/09/17 23:52)さん
一般家庭の入浴用でもあるのですね!
源泉温度が気になるところですが
そのうち訪問して記事にしたいと思います
じゅん☆ | 2009/09/19 16:48
★旭温さん
ボクはその二週間後くらいに訪問しました♪
バスタブは前回入浴したので使いませんでしたが
アレに浸かると凄まじい硫化水素臭が付きますよね(笑)
夏場ですと川原の湯もオススメです♪
じゅん☆ | 2009/09/19 17:12
★非公開(2009/09/19 01:18)さん
呼んでましたぁ~(笑)
その節はおやつをいただきありがとうです♪
またお会いできる日を楽しみにしております!
 
そうなのです、その温泉の話をしていました
ピンポイントで教えてくれてありがとうです♪
これは教えてもらわないとわからないような場所ですね
こんな奥地にあったとは・・・
雪が降ったら行ってこようかな
じゅん☆ | 2009/09/19 17:38
川原の湯、気持ち良さそうですよね。
虫のいない秋では寒いでしょうか?
実は私、根っからのインドア派でして、虫とか苦手なんですよ。
なので川又も10月半ばに行こうと考えています。
旭温 | 2009/09/20 20:48
★旭温さん
今くらいだともう寒いかもしれませんね
この訪問は8月末でしたがそれなりに虫はいました
川又温泉も夏は虫が凄く冬は寒いです
秋頃は狙い目かもしれませんが
湯温が34℃くらいですから多分寒いと思います
http://505060.blog12.fc2.com/blog-entry-584.html
http://505060.blog12.fc2.com/blog-entry-473.html
じゅん☆ | 2009/09/22 00:45
奥にこんなパラダイスがあったんですね!
それにしても、じゅんさんの探究心は凄すぎです^^

ヘタレなおいらはバスタブで手湯のみでした(^^ゞ
のら | 2009/09/23 22:43
★のらさん
のらさんも磯谷温泉へ行ってきたのですね!
あのバスタブはいったん湯温が上がってしまうと冷ますのが大変です
冬なら雪を入れたりできそうですが
冬もあの林道を通るコトができるのかどうかは不明です
じゅん☆ | 2009/09/24 19:40
いえいえジャンジャンバリバリお奨めくだはいなー(笑)
おっ!大きな湯溜り!
へぇー水深1.5mもあるんだー
コバルトブルーのお湯って綺麗だなー
こんな色の温泉は硫黄泉の場合が多いんでしょうね
硫黄泉好っきやなー
あっ!泳いでる!!
野外でスッポンポンで泳ぐって
最高に気持ちいいよねー
夏のチョー穴場スポットだねー♪
和友 | 2010/03/27 17:10
★和友さん
いえ、前に紹介して良いのですか?との忠告があったものですから・・・
この湯溜まりはネット上では見たコトなかったのですが
かなり気持ちの良い湯溜まりで驚きました!
水深は確認できなかったのですが確実に150cm以上はあります
磯谷温泉の硫黄っぽさは天下一品ですから
硫黄泉好きな方にはたまらないでしょうねー
かなり臭くなるので覚悟して行ってください(笑)
じゅん☆ | 2010/03/28 21:55
へぇーそういう忠告があったんですかー
大丈夫ですよ!
ボクはマナーはキチンと守るほうのタイプですから~
あっ!酔っ払ってるとチョット騒ぐコトありますけどね(笑)
水深150cmだと泳ぐのにちょうどいいなぁー
それ以上深いとチョット怖いかも
そんなに泳ぎ得意じゃないので・・・
でもスッポンポンで泳ぐの大好き!
だったらヌーディストビーチへ行けってかー
それはちょっと恥ずかしい・・・(笑)
硫黄泉だし、夏には一度行ってみたいです♪
これからも穴場スッポトいっぱい紹介してね~
和友 | 2010/03/29 15:15
★和友さん
ヘビとか居るけど気にしないでくださいね♪
じゅん☆ | 2010/03/30 22:35
ヘっ!ヘビですか~!(汗)
でもキングコブラとかじゃないですよね
ハブでもないですよね
毒ヘビじゃなっきゃ大丈夫だと思いますが・・・
一度北海道でヘビに遭遇して叫んだコトあります(恥)
スッポンポンで泳げるなら
そのくらいのコトは我慢しなきゃいけませんよね
あースッポンポンで泳ぎてぇー!!
まぁ独りじゃなんだから誰か頼もしいヤツ誘って行きますよ(笑)
和友 | 2010/03/31 15:12
★和友さん
よし、頑張ってください♪
じゅん☆ | 2010/03/31 22:45
おっ!頑張って行ってくるぜ!
スッポンポン泳ぎは伊豆の海でやったコトあります
北川温泉にある波打ち際の黒根岩風呂に行った時の出来事
http://www.hokkawa-onsen.com/kurone/kurone.html
キャッチフレーズが「アメリカを見ながら入る野天風呂」
見えるわけないんだけどね(笑)
まあ方角的にはあっているのかも・・・?
太平洋を一望しながら入る野天風呂はすっげーいいよ
日の出も最高に綺麗だったなー
仲間と一緒にスッポンポンのまま
目の前の海に飛び込んで泳いじゃった!
気持ちよかったー!
これじゃまるでヌーディストビーチだよね(笑)
混浴なのでけっこう若い女の子もいたんだけど
全く恥ずかしくない感じだったよー♪
和友 | 2010/04/01 15:12
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2013/08/22 00:06
★非公開(2013/08/22 00:06)さん
こんばんは~♪
ほぉー、ココがNHKに出ていたのですかー
実は先日、近くまで行ってきたところです
 
3番目のところは超高温なので
おそらく川岸のところでしょう
先日、大船中の湯へ再訪しましたが
やはりアブが凄かったです
この時期は虫との戦いかもしれませんね(笑)
じゅん☆ | 2013/08/25 20:26
大船中の湯って?教えて~、です。
なんなん | 2013/08/27 12:58
★なんなんさん
大船中の湯は過去記事で紹介しております♪
http://505060.blog12.fc2.com/blog-entry-851.html
じゅん☆ | 2013/08/27 21:38
ごめんなさい、です。見た記憶あります。それにしても川底がいい感じですね。行くなら今頃ですかね。ひろめ荘に再訪予定なので来年かな?でも蛇に注意なんですよね、熊よりはいいけど・・・どうしよう(迷)。
なんなん | 2013/08/27 22:22
★なんなんさん
やはりご覧になっていましたかー
もうそろそろ訪問に良い時期ですが
まだ虫が多いかもしれませんね
ひろめ荘は先日の道南旅行でも目の前まで行ったのですが
なぜか入らなかったなぁ・・・
いつか泊まってみたいと思っております♪
じゅん☆ | 2013/08/31 19:59
コメントの投稿 (Japanese text only)
 Secret :