じゅん☆ブログ

さわと温泉(冬) 2010.02.16
冬の糠平湖
前回の続きのような感じになりますが、今回は単独で冬の糠平湖(ぬかびらこ)へやってきました。めざす場所はこの氷上を真っ直ぐ行ったところにあるのですが、そのルート上には前回の記事でも触れたように、これだけ寒いにも関わらず湖水の浸み出している場所が数十メートルにわたって存在しています。何だか気持ち悪いのでその地点をかわして目的地をめざしました。(画像にカーソルを合わせるとルートが表示されますが安全を保証するモノではありません)
目的地周辺
40分ほど寒い氷の上を歩くと陸地へたどり着きました。勘の良い方だと左側の斜面に道の存在を確認できるかと思います。この道は糠平三股林道と呼ばれるモノで、昔はクルマでこの辺りまで来るコトができたのですが、現在は通年通行止となっています。その林道下の湖岸に目的の場所が見えてきました。
さわと温泉
こちらが今回の目的地「さわと温泉」です。3年ほど前に初訪問した時はホントに温泉が湧いているのか半信半疑で探索したのですが、この湯船を見つけてとても感動したのを思い出しました。3年経っても変わらず残っていて嬉しいですね。
源泉温度計測
湯船から少し離れたところの地面から温泉が湧き出しています。泉源部分で湯温を計ってみると50℃以上ありました。なかなか熱くて良い感じですね。
湯船
先ほどの源泉湧出孔から流れてきた温泉がこの湯船へと注がれるようになっていました。流れてくるうちに湯温が自然と下がって温度調節される仕組みです。詳しい泉質は分かりませんが食塩泉系なお湯となっていました。
湯温計測
湯船の温度を計ってみると37℃ほどになっていました。夏場だと入浴するのにちょうど良いくらいの湯温となっているのですが、今回のように気温が氷点下だと湯船の温度も低くなってしまいます。この日は天気は良かったのですが、気温はマイナス10℃ほどで、時折吹いてくる風がさらに体感温度を下げていました。
入浴♪
寒くてもやっぱり入浴しちゃいました。スッポンポンになると自然と笑いが込み上げてくるくらい寒い感じです。景色を見ている余裕はあまりありませんでしたが、こうして写真で見ると素晴らしい冬景色ですね。湯船はかなり浅くなっていましたが、この湯温では尻湯くらいがちょうど良いでしょう。足湯だけでも結構楽しめると思いますが、やっぱり寒いしお湯は結構汚い感じでした。
別な源泉湧出孔
気も済んだのでさっさと服を着て写真撮影などをしていると、気になる場所を見つけました。木の根のえぐれた部分から微かに湯気が出ています。調べてみると泉温19℃の冷泉が少しだけ湧き出していました。夏なら気が付かなかったでしょうね。ちょっとトクした気分でしたが残念な発見もありました。湯船の横に缶ビールの空き缶が捨てられていたのです。おそらく最近ココへ来た人が温泉へ入りながら気分良くビールでも飲んだのでしょう。ココへ来るくらいですから相当温泉好きな人なのかもしれません。もともとあった「さわと温泉」が撤去された要因の一つにマナーの問題があったそうです。ボクがマナーについて語るのも場違いだとは思いますが、こういった場所にゴミを放置してくるのは良くないコトですし、とても悲しいコトなのです。

●さわと温泉(旧熊谷温泉跡)
  場所 : 北海道河東郡上士幌町糠平 【地図】 【閲覧】
  料金 : 無料
  営業 : 24時間
  休み : 年中無休
  泉質 : 不明
  備考 : 混浴・増水期は入浴不可
  感想 : ★★★☆☆

  

Comment
★お知らせ♪
今回の記事では氷結した湖の上を単独で探索していますが
こういった場所での単独行は大きな危険を伴います
初心者の方が探索する場合は中級者以上の方と
複数で行動するコトをオススメします♪
おしらせ♪ | 2010/02/16 23:02
こんなところで湯気を見つけたら、雪原にオアシスを見つけたような感じですね!
マイナス10度で裸になるのも危険が伴うとおもうのですが、
ここはじゅん☆さんだからできることですね♪

よいこのみなさんはまねをしないように★笑

動画すごく見ごたえありました☆きのこも写ってましたね!

うさぎ | 2010/02/17 01:09
さわと温泉はこの時期は氷結した湖を渡らなければ行けないんですか?
それにしても危険がいっぱいですね
怪しいお仲間のお二人もじゅん☆さんの後に行かれたようですが・・・
皆さん、体をはっての命がけの探索ですね
軟弱なボクにはとてもできないです(爆怖)
本当に気をつ付けて下さいよ!
殆ど尻湯のようですが
気温マイナス10℃で全身浴ができないと凍えちゃいそう!
こういった場所はマナーを守ることが大切ですよね
ゴミが散乱しているとなまら悲しくなっちゃいます
今回の動画もブロックノイズがイイ感じですよ(笑)
新之助 | 2010/02/17 12:47
こんにちは~

この前行った時は危険地帯には気がつきませんでした。
既に凍結したのか、スキーを装着していたのでめり込まなかっただけかも。
それにしても全裸で入浴するとは凄すぎます。(驚)
僕が行った時はブリザード気味で強風が吹き荒れており、
低体温になりそうな勢いだったので、足湯もあきらめました。
露天風呂マニア | 2010/02/17 12:53
★うさぎさん
ホントにオアシスみたいな温泉ですよね♪
ボクは川又温泉の経験があるので
ココはまだまだ余裕です
あっ、記事中では余裕なかったとか書いていますねー
たぶん演出というやつです(笑)
http://505060.blog12.fc2.com/blog-entry-473.html
じゅん☆ | 2010/02/17 21:17
★新之助さん
糠平三股林道経由でも行くコトはできますが
糠平湖を渡った方が近いし楽なのです
全身浴も不可能ではないのですが
この気温で全身浴してしまうと
川又温泉の悪夢が蘇ってしまいそうです・・・(謎)
じゅん☆ | 2010/02/17 21:18
★露天風呂マニアさん
スキー装着であれば気が付かないと思います
長靴とかだと10センチ以上沈み込むので
なかなか気持ち悪いですよー
露天風呂マニアさんもリベンジ決定ですね!
じゅん☆ | 2010/02/17 21:18
すごい!全身浴できずとも入ったのですね!!
サムライですね~(笑)
去年風と寒さで敗退した思い出があります。
今年は行けるかなぁ~

ゴミの放置など、マナーが悪いのはホンマに悲しいですよね。
最近特に多いように感じます・・・
僕はゴミを見つけたらいつも拾って帰るようにしてるんですよね~
温泉・山・川などに行くときはゴミ拾い用のビニール袋は必須アイテムっす

ごま | 2010/02/17 21:56
★ごまさん
気分次第ではどんなところでも入ってしまいます
でも、やっぱり夏場の方がイイですねー(笑)
マナーの捉え方というのは人それぞれ違うと思うのですが
ゴミのポイ捨ては誰が見てもマナー違反です
ごまさんのようにゴミを見つけたら持って帰るくらいの
心意気で探索すると気持ち良いですね♪
じゅん☆ | 2010/02/17 22:10
スゴイです、尻湯の姿!
周りは-10℃の気温なんですよねぇ((;゜Д゜))ガクガク

それにしてもマナーの問題は深刻ですよね
他の地域ですが、ゴミ(など)の問題で林道が通行禁止になった場所を知っています
今後もそんな場所が増えそうな気がします
悲しいことです…
masa | 2010/02/18 01:32
なるほどなるほど
こういった状況で全身浴すると
体が温まっていないから出てからが大変なんですね
確かに川又温泉の記事を読むとこちらにも寒さがビンビン伝わってきます
とにもかくにも無事生還したみたいだし
風邪も引かなかったようだからよかったですねー♪
怪しいお仲間さんが入浴シーンを初披露したみたいですが・・・
この温泉に真冬に入るということはそれほど記念すべきコトなんでしょうね♪
新之助 | 2010/02/18 12:42
これは昔自転車で行ったという「試される温泉通温泉。」ですね(^U^)

幻の温泉に2回も行けるなんて嬉しいでしょうね。いいな~わたしも見てみたい~~☆

動画、やっと見られました☆
きのこに迫っていくじゅんさん、
きのこ意外におっきいんですね~!

さわと温泉はけっこういきなりあるんですね!
これは気づかないですよ~。
 前回より石組みが立派になってますね、上級の野湯ハンターさんたちがきっと来てるんでしょうね~いや~信じられない。

 お写真だけ見るとキレイな野湯にみえますが、お湯は汚かったのかな、それでも腰掛けるじゅんさん×糠平湖の風景は絶景ですね!
寒い中、全身浴おつかれさまでした。
じゅんさんが体を張ってレポしているんで記事もほんと見ごたえがあります。
他の人にはマネできませんよ。

ゴミの問題は心が痛くなりますね。
他人は変えられないので自分が気を付けるばかりです。そしてこうゆう場所や自然の中にゴミが落ちていたら拾って帰ることにいたします☆

おみ | 2010/02/19 00:01
私が入った時は-7、8度くらいの気温で暖かい日でしたが、尻湯しながらつい体にかけ湯したらさすがに冷えて、横になって全身浴して暖まりました^^;
その後施設系の温泉で体を流そうとも思ったのですが・・結局夜までそのままで・・
私は昼休みを利用して行きましたので、午後からは普通に仕事してました(笑)

ちなみに、私がいただいたアドバイスは右に振って危険地帯を交わし、湾の正面から入るようにというものでした。
連絡が遅くなりましたが、トラバさせて頂きましたのでよろしくです~。
のん | 2010/02/19 23:13
★masaさん
北海道でマイナス10℃というのはよくある感じです
そんな中でほぼ毎日のように某露天風呂へ入っている身としては
それほどでもない気温なのですが
ココは風がちょっと強かったですねー
風があるのと無いのとでは体感温度が全然違います
 
ポイ捨てゴミは見るだけでウンザリしますよね・・・
ペットボトルとか何で持って帰らないかなぁ~(怒)
じゅん☆ | 2010/02/21 08:37
★新之助さん
そうなのです
湯温があればある程度は何とかなるのですが
湯温が無いと悲惨なモノがありますから
やったコトのある人でないと分からない苦労があるのです(謎)
じゅん☆ | 2010/02/21 08:39
★おみさん
そうです! 自転車で行った時はかなり楽でしたが
現在はタウシュベツ橋梁までの林道も通年通行止になってしまったので
ちょっと難易度がアップしていますね
きのこはニョキっと2メートルくらいになるコトもあるそうです!
昔はこの場所に湯船があって沢山の人々が訪れたらしいのですが
ボクはその頃に訪問したコトは無いので夢物語な感じです
利用者のマナーが悪かったりいろいろな問題もあって
その湯船は撤去されてしまい現在の姿となっています
そのような場所だと知ってか知らずか空き缶を捨てていく人間が
いまだに存在するというのは何とも恥ずかしい話です・・・
まぁ、○有地で勝手にスッポンポンになっている人間に言われたくは無いでしょうが
それくらい恥ずかしい話だというコトです
じゅん☆ | 2010/02/21 08:48
★のんさん
氷点下でかけ湯したら寒いですよね
かけ湯しながら髪の毛凍っていたりしますから・・・(寒)
あの危険地帯は右からかわすのもアリですね
この日はかなり奥の方までテント村が広がっていたので
ボクはテント村の方へかわしながら探索してみました
あの場所以外はまったく危険を感じませんでしたので
やはりあの場所には何かあるような気がしています・・・(謎)
じゅん☆ | 2010/02/21 08:48
コメントの投稿 (Japanese text only)
 Secret : 

Trackback
Trackback URL : http://505060.blog12.fc2.com/tb.php/776-eedac361
熊谷温泉跡
北海道上士幌町。 ある晴れた日に、温泉仲間と待ち合わせて結氷した糠平湖へ行ってきました。 途中までは必要がありませんが、2人とも始めからスノーシューを装備して出発です。 ... ... ≫More
+ green wing + | 2010/02/17 22:08