じゅん☆ブログ

登別漁港 かっぱ洗いの湯 2010.05.27
登別漁港
ある天気の良い日に登別市(のぼりべつし)にある登別漁港へ行ってきました。情報によるとこの漁港のどこかに「かっぱ洗いの湯」と呼ばれる怪しい温泉があるらしいのです。さっそく周辺を探索してみるコトにしましょう。
登別漁港の様子
沢山の船が係留されていて漁師の方々が作業をしています。それにしてもこんな港のどこに温泉があるというのでしょうか? なかなかそれらしい場所を見つけられません・・・。
困った時はネコに聞け!
ウロウロしていると可愛いネコちゃんに出逢いました。ココは漁港なので漁師から魚を貰ったりしているのでしょう。毛並みが良いので飼い猫なのかもしれません。
ネコ♪
おぉ! 何だかどこかへ連れて行ってくれるみたいですね。 って世の中、そんなに上手くはいきません(笑) ネコちゃんは別なネコちゃんのところへ行ってしまいました・・・。
かっぱ洗いの湯を発見!
ネコちゃんはココまで案内してはくれませんでしたが、ネコちゃんを見かけてクルマを降りたのが良かったようです。何とか「かっぱ洗いの湯」を見つけるコトができました。周囲にはゴム長靴やらゴム手袋やらカッパ?などが散らばっています。この場所で地元の人がカッパなどを洗うコトから「かっぱ洗いの湯」と名付けられたようですね。
湧き出る温泉
横にあるパイプから結構な量の温泉が注がれていました。ボクが現在所有している資料を見ても、この場所で温泉が湧いているというような記述は無いのですが、この温泉は一体どこから流れてきているのでしょう?
湯温計測(その1)
パイプから流れ出している温泉の湯温を計ってみると30℃となっていました。これはなかなか良い湯温ですね。泉質は不明なのですが赤茶けている部分もあるので、鉄分を含んでいるのかもしれません。
手湯♪
本来であればこの場所で入浴してみたいところなのですが、残念ながらこの場所は人目に付きやすい場所となっているので、今回は手湯を楽しませていただきました。結構な深さのある良い湯船なので洗い場にしておくのはもったいないですね。
違う場所
先ほどの場所から少し離れたところに怪しい穴がありました。この穴の周囲にもゴム手袋や長靴が散らばっています。穴の中には何があるのでしょうか?
湯温計測(その2)
土管のようになっている穴の底からボコボコと温泉が湧き出していました。湯温を計ってみると先ほどと同じく30℃となっています。このお湯はココが泉源なのでしょうか? それともどこかから引湯されているのでしょうか? 現時点ではこの温泉についての詳細は不明です。
柄杓
穴の横にさり気なく柄杓が置いてありました。ココのお湯を汲んで何かに利用しているのでしょうか? 何だかハテナマークだらけな記事となってしまいましたが、謎の多い温泉というのもオモシロいですよね。この土管の湯はさすがに入浴という感じではなかったので、こちらも手湯を楽しませていただきました。

●登別漁港 かっぱ洗いの湯(のぼりべつぎょこう かっぱあらいのゆ)
  場所 : 北海道登別市登別港町
  料金 : 無料
  営業 : 24時間
  休み : 年中無休
  泉質 : 不明
  備考 : 洗い場です
  感想 : ★★★☆☆
  

Comment
写真の構図といい、鮮やかな色合いといい、
目が醒めるような写真ですね!!
さすが温泉写真家じゅんさん
(ホントは秘湯探検家でしたっけね…)

写真撮影後にレタッチソフト等で
積極的に色合いの補正等をされているのでしょうか…

それにしても登別って不思議なお湯があるものですね~。
登別といえば硫黄泉のイメージなのですが
硫黄っぽい香りはしましたか?

かえる | 2010/05/28 00:03
こちらの湯はずっと気になっていましたが、
じゅん☆さん所有の資料で不明なら、
謎の湯ということにしておくのもいいですね♪
近くのアノ温泉も海中から湧いてますから、ちょっと掘れば
グングン湧いてくるのかもしれませんね!
うさぎ | 2010/05/28 00:42
じゅんさん こんにちわ~
”かっぱ洗いの湯”って見て ”河童”を想像してしまいました
が、カッパ違いでしたか~(^_^;)
それにしても湯の周りに散らばっているカッパやゴム手は
洗った後 回収されてるのでしょうかねぇ~
ミドリ | 2010/05/28 12:39
入浴するのに手ごろな大きさの湯船ですね
でもスッポンポンになれなくて残念でしたぁ~
登別はあちこちに温泉が湧いてそうです
きっとまだ誰にも知られていない温泉もあるんでしょうね
別府も凄いですよ~
温泉だらけです
かっぱ洗いの湯のかっぱは河童ではなくて合羽だったんですね(笑)
河童で有名なのは定山渓でしたっけ?
新之助 | 2010/05/28 14:32
おもしろい記事でした。
漁港の洗い場が実は温泉だったとか(@_@)。

さすが登別ですね~そこまで温泉なんて…。
どういった浴感かじゅんさんの感想を聞いてみたかったです。でもこの湯船に入ったらナイロン(かっぱ)の匂いがしそうですね(^^;)

ねこちゃんかわいー☆、まおみほどじゃありませんが…。



おみ | 2010/05/28 19:28
★かえるさん
どうもありがとうです♪
ボクのカメラは天気が良いと抜群の性能を発揮してくれます
ブログ掲載にあたり若干の補正を行っておりますが
参考までに元画像を期間限定で載せておきます↓
http://www.shinetworks.net/cgi-bin/img-up/src/1275042954703.jpg
硫黄の香りはしませんでしたね
海岸部は食塩泉系のお湯なのだと思われます
じゅん☆ | 2010/05/28 20:05
★うさぎさん
近くの小川が赤茶けていたのが気になりました
詳しく知っている人もいるかと思うので
そのうち誰かが教えてくれるかもしれません(笑)
近くのアノ温泉についてはノーコメントを貫きます・・・(謎)
じゅん☆ | 2010/05/28 20:06
★ミドリさん
ボクも最初は河童だと思っていました
散らばっているゴム手袋や長靴はどうなるのでしょうね?
たぶん回収されていると思うのですが・・・
じゅん☆ | 2010/05/28 20:06
★新之助さん
そうなんですねー
こういう人目に付くところは
スッポンポンになっていたとしても
スッポンポンになったと書いちゃけないのです・・・(謎)
ははは☆
じゅん☆ | 2010/05/28 20:08
★おみさん
こんなところにも温泉があるだなんて
さすが温泉地として名高い登別ですよね!
ココのお湯は意外と良い浴感らしいですよ
深夜とかなら入浴できるかもですね!?
おみさんはこのネコちゃんよりも可愛いのですね♪
う~ん、楽しみぃ~(謎)
じゅん☆ | 2010/05/28 20:09
じゅんさんこんばんわです
河童じゃなくて 合羽!!だったのですね 
恵山の温泉は 昆布漁で冷えた身体を温める為に
重宝されているのに 此処はなぜ… 
秘密の憩いの湯でもあるのでしょうか   笑つ
ゴム手袋 洗ってポイッ? 魚用?プラスチックの箱が浸かってる事も
ありましたよ  驚っ
地域密着型の湯なのですね  笑っ       

     

ひよこ | 2010/05/29 01:21
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2010/05/29 02:45
きのうじゅん☆の、資料みたいな作業するつもりだった?
だけど、マークしたかもー。
BlogPetのねこちん | 2010/05/29 15:35
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2010/05/30 00:04
★ひよこさん
ココはもう少し湯温が高ければ浴用として利用されていたかもですね
浜の湯はちょっと残念なコトになっていますが
まぁ、そうせざるを得ない事情があるのでしょう・・・
http://505060.blog12.fc2.com/blog-entry-426.html
じゅん☆ | 2010/05/30 13:03
★非公開(2010/05/29 02:45)さん
おぉ~、帯広温泉ですかー!
ボクの持っている怪しい資料にはその場所にバッチリと源泉井があります
源泉名が「湯元 帯広温泉」なのですね
ココは一度泊まってみようかと思って楽天で見ていたのですが
http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/50753/50753_onsen.html
お湯が白濁しているので何なんだ!?と思ったら入浴剤が入っているのですね
「豊富な湯量の天然温泉」と楽天で紹介されていますが
泉源からタンクローリーで温泉を運搬していると思われるので
実際は限りある温泉を循環させながら入浴剤で誤魔化しつつ使っているのでしょう
あっ、勝手な推測でこんなコト言っちゃって良いのでしょうか?(笑)
このお湯は以前、ホテルリーフ帯広にも運搬されていたようですが・・・
ボクのブログにはまだ帯広市内の温泉が4ヶ所くらいしか登場していないのですね
今年は帯広の記事を充実させたいなぁ~
って昨年も言っていたような気が・・・
 
ネコちゃん可愛いでしょー♪
もう一匹別なネコちゃんもいて
温泉撮影よりもネコ撮影に没頭したとかしないとか・・・
じゅん☆ | 2010/05/30 13:04
★非公開(2010/05/30 00:04)さん
そんなに細かくは調整していないのですが
一眼レフではちょっと困難かなぁと思うような撮影もこなしてくれるので
このカメラはとても気に入っています♪
 
ココの動画も撮影しているのですが
ちょっとネタバレな感じだったので今回は載せませんでした
動画で見ると湧出量の感覚もつかめて良いのですけれどね
 
某温泉についてはノーコメントです(封)
じゅん☆ | 2010/05/30 13:05
お久しぶりです。いつも感心しながら拝見してましたよ。ここの「湯」は気づきませんでしたが、近くの漁協か何かの集会所?の前に「水」が湧き出ているのを知っていますか?とても軟らかい水で美味しいですよ。ノーコメントの湯で地元の方に教えてもらいました。
なんなん | 2010/05/30 18:36
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2010/05/30 20:15
はじめまして☆
今年8月に知床に行くので検索していたらじゅんさんの記字がばぁ~っと出てきました。
とても参考にさせていただいております。
まだ全部読みきれていないのですが、ラブホの記字は全部読ませていただきました(!)
ホテルベルサイユは是非行って見たいなぁ(一人で^^;)

rose | 2010/05/31 00:12
みたいですね…  
子供の頃 何度か浸かってました  笑つ!!
昔とずいぶん様子が変わりました…

週中 猿払へ行く用事ができ 
日帰り700km 挫折しそうな距離ですが…
行ったからには どこか浸かりたい
道北は独特~
油系はきついので 初っ♪朝倉温泉に期待しています
    どうでしょうかねぇ~  笑っ



 

 
 






 
ひよこ | 2010/05/31 23:34
★なんなんさん
お久しぶりでした~♪
おぉ~、そんな湧き水もあるのですねー
この辺はまだ何かありそうな予感がしています・・・(謎)
じゅん☆ | 2010/06/01 21:04
★非公開(2010/05/30 20:15)さん
おそらく何かしらの施設があると思うので探索してみてください
パコはボクの行ってみたいリストのかなり後の方にリストアップされました
その前にボストンとか行ってこないと!(笑)
撮影困難なところは困っちゃいますよねー
何だか変なフラストレーションが溜まっちゃうし・・・
もう、写真撮らないで温泉を楽しむんだぁーと思って
カメラ持たないで行くと案外空いていたりして・・・
じゅん☆ | 2010/06/01 21:04
★roseさん
初めまして!
コメントありがとうです♪
知床訪問楽しみですねー
羅臼方面の野湯記事は結構充実しているかもしれませんので
参考になれば幸いです♪
ベルサイユはぜひとも挑戦してみてください!(笑)
じゅん☆ | 2010/06/01 21:05
★ひよこさん
えっ!?
ひよこさん浸かったコトがあるのですか?
すっげ~(笑)
あぁ、道北の濃い温泉に浸かりたいなぁ~
朝倉温泉はガブガブ飲んできてください
じゅん☆ | 2010/06/01 21:05
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2010/06/02 00:14
★非公開(2010/06/02 00:14)さん
おぉー! さっそく行ってきちゃったのですね!
やはりそんなのがありましたかー
こぼれ湯とかありませんでしたか?(笑)
 
アヨロの話は先日、某温泉ブロガーさんの対談で聞きました
う~ん、ちょっと残念かなぁ~
どういう風に改装されるのかちょっと心配です
あの寝湯や女湯と行き来できる通路が趣アリだったのですが・・・
実はお蔵入りしている写真もあったりするのですが
貴重な写真となってしまうのでしょうか?
5ヶ月間休業というコトで結構大規模な改装となりそうですね
http://blog-imgs-34.fc2.com/5/0/5/505060/1006021950.jpg
じゅん☆ | 2010/06/02 19:56
じゅんさん こんばんわです
湯の川の温泉銭湯で朝風呂~
それから 学校…
なんて事も中学の時はしてました 激笑っ
今、思うと…
早朝より 活動的だったと 感心します 笑っ
でも じゅんさんの行動力…   すっげぇ~ です   


 


ひよこ | 2010/06/02 23:47
★ひよこさん
えー、朝風呂の後で学校ですかー
しかも中学生の時とは・・・
やっぱり函館は良いですね♪
ボクもたまぁに朝風呂やるのですが
何だか一日が充実しますよね!
じゅん☆ | 2010/06/03 19:46
じゅんさんおひさ(^^)

わたしはにしき湯で朝風呂して大学に行ってました。変な場所にありますけど檜風呂がいいとこです。
家の都合でこれからしばらく函館に帰るのですが、最終日にラビスタに泊まってきます。高層階プランじゃありませんが、お風呂でじゅんさんが眺めた夜景を同じように眺めるのが楽しみです。
おみ | 2010/06/15 01:37
★おみさん
お久しぶりでした~♪
しばらく函館に里帰りですかー
ラビスタのお風呂はなかなか良いと思うので
楽しんできてくださいね!
じゅん☆ | 2010/06/16 03:35
コメントの投稿 (Japanese text only)
 Secret :