じゅん☆ブログ

スポンサーサイト --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  

上の湯温泉 銀婚湯 2011.07.05
温泉旅館 銀婚湯
八雲町(やくもちょう)の上の湯温泉郷(かみのゆおんせんきょう)にある有名な「温泉旅舘 銀婚湯」へ行ってきました。銀婚湯へは過去にも日帰りで訪れたコトがあるのですが、今回は念願の宿泊利用です。1,000枚以上の写真を撮影してきましたので、何回かに分けて紹介していきましょう。
銀婚湯全景
銀婚湯はやはり周辺の様子が素晴らしいですね。横には落部川(おとしべがわ)が流れ、自然豊かな環境となっていました。春夏秋冬、どの季節に訪れてもステキな雰囲気を楽しむコトができるでしょう。
かたらいの湯
落部川の方へ行くと足湯がありました。かたらいの湯と呼ばれるこの足湯は無料で利用するコトができます。さっそく足湯してみましたが、湯温が30℃弱しかなく、ちょっとぬるすぎる感じでした。もう少し熱い方がボクは好きですね。
休憩所
館内へと入りました。入口には日本秘湯を守る会の提灯が吊り下げられていました。写真はフロントの横にある休憩所です。奥にある暖炉の前にロッキングチェアがあって、良い雰囲気を醸し出していました。浴室の近くにもちょっとした休憩処があります。
和室 石楠花
こちらが今回宿泊する客室です。室内には冷蔵庫やテレビなど、一通りのモノが揃っていました。奥には洗面台ウォシュレット付きの水洗トイレがあります。窓からは落部川の渓流を眺めるコトができ、見ているだけでも癒される感じがしました。この日は早めにチェックインしたので、銀婚湯名物の宿泊者専用露天風呂めぐりをしたのですが、ココの露天風呂は別々に紹介していきたいので、後日紹介予定の個別記事にご期待ください。
夕食(部屋食)
温泉へ入りまくって戻ってくると夕食の時間となりました。夕食はうれしい部屋食となっています。素晴らしいお料理が並べられました。献立をざっと紹介してみましょう。蝦夷舞茸の天麩羅刺身(まぐろ・イカ・タイ・甘エビ)鯛とメークインの手毬蒸し帆立のチャンチャン焼き行者ニンニクおひたしまいたけ御飯
前菜
こちらは前菜です。ふきのとう味噌、数の子土佐漬、鰻寿司、八雲の手作りチーズ、焼き海老などが並びます。部屋での食事を楽しみにしていたので、とても満足できました。プランによっては食事処での食事となるコトもあるので、部屋食にこだわりのある方は事前に確認しておきましょう。
北里八雲牛鍋
名物の鍋物もありました。こちらは北里八雲牛鍋です。北里大学の八雲牧場で生産された牛肉とのコトで、サッパリした食感でした。近くにある松永農場産の卵も美味しかったです。この卵は銀婚湯へ来る途中にある松永農場の無人販売所で売っているので、興味のある方は買ってみてください。食後にはデザート銀婚湯饅頭のサービスがありました。
こもれび湯(内湯)
夕食後は大浴場「渓流の湯」へ行って温泉を満喫しましたが、今回は他の湯客が居たので写真撮影は行いませんでした。渓流の湯については過去記事をご覧ください。写真は翌日の早朝に入った「こもれび湯」です。普段は女湯となっている浴室なのですが、深夜0時から翌朝までは男湯となっています。
開放的な浴室
窓の面積が多くて解放感のある浴室ですね。こちら側の洗い場は鏡が無く、外が見えるようになっていました。その横には露天風呂の出入口があります。さっそく露天風呂へ行ってみるコトにしましょう。
野天風呂
こちらが露天風呂です。屋根があるので多少天気が悪くても安心ですね。内湯と露天風呂で泉質が異なるというのもオモシロいところです。
野天風呂からの眺め
露天風呂からの眺めです。横には落部川が流れていて、その先の対岸には遊歩道がありました。対岸には宿泊客専用の露天風呂が点在しています。
入浴♪
早朝の露天風呂はイイですねー。小鳥のさえずりが清々しい感じです。対岸には謎の湯煙が立ち昇っていました。温泉分析書によると、露天風呂のお湯は川向1号(No.475-218)と川向3号(No.475-220)の混合泉で、泉質は成分総計7,606ミリグラムの含重曹食塩泉となっています。ちなみに内湯のお湯は川向1号と川向3号と源泉1号(No.475-147)と源泉2号(No.475-148)の4源泉混合となっていて、泉質は成分総計6,708ミリグラムの食塩泉となっていました。
朝食(食事処)
こちらは朝食です。朝食は1階にある食事処「静山」でいただきます。本日のメニューは自家精米のななつぼし御飯、みみのりの味噌汁玉子焼きほっけの西京焼き生野菜サラダ黒豆の蜂蜜煮ほうれん草のおひたしです。シンプルな和食で美味しくいただきました。かねてから銀婚湯へ宿泊してみたいと思っていましたが、やはり銀婚湯は素晴らしいですね。リピーターが多いのもうなずけるなぁと思いました。

★上の湯温泉 銀婚湯(かみのゆおんせん ぎんこんゆ)
 場所 : 北海道二海郡八雲町上の湯199
 電話 : 0137-67-3111
 料金 : 700円
 営業 : 12:00-16:00
 休業 : 年中無休(日帰り入浴は月曜休み)
 宿泊 : 13:00-11:00
 泉質 : 含重曹食塩泉(中性~弱アルカリ性低張性高温泉)
 成分 : 成分総計6,708ミリグラム~7,606ミリグラム
 泉源 : No.475-147(源泉1号)・No.475-148(源泉2号)
    : No.475-218(川向1号)・No.475-220(川向3号)
 備考 : 休憩所あり・ドライヤーあり
 感想 : ★★★★☆

  

Comment
おはようございます(^^)
大好きな銀婚湯だったので、朝から嬉しくなりました♪
スタッフのみなさんも素敵な方々ですよね♪お元気でしたか?
どんぐりの湯はまだ未湯なので、空室があれば泊まってみたくなりました☆
8月の都合の良い日、空いてないかなぁ~☆
たいやき | 2011/07/05 07:03
きゃ~!こちらも死ぬまでに宿泊したい銀婚湯!ぎゃぎゃ
最近のじゅんさんの記事はおみの憧れが詰まった場所ばかりでアドレナリンが出尽くしてしまいそうです…
しかも宿泊レポ!これは鼻血モノですよ。いつか銀婚湯に宿まる際に参考にさせて頂きます。
しかし銀婚湯はお高いのでは?じゅんさんってセレブ~。そういえばHOの道南特集にも銀婚湯ありましたね。なにげに食事が2人分じゃないですか!?誰と行ってきたの~(´∀`*へ)

春の記事でしょうか?落部川ってこんなにキレイだったんですね。なんだかお部屋もお料理も上品な感じですね。あこがれの温泉だっただけにきっとすべてに於いて完璧なんでしょうね。露天風呂と内湯で泉質が違うなんて。お湯にめぐまれた温泉宿なんですね。歩いて回る宿泊者専用露天風呂は魅力的すぎるし、ゆっくりこの宿にいて温泉を楽しむための一日にするしかないです。

でも八雲にいったらケンタッキーファームも行きたい…。おぼこ荘もいきたいし、長万部のカニが2ハイでる宿もいきたいし、もう八雲にみんな住むしかないです☆。

みみのりってなんだろう…













おみ | 2011/07/05 07:14
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2011/07/05 15:12
★たいやきさん
いきなり銀婚湯が出ましたね~
銀婚湯での野天風呂めぐりでは
宿の方がとても気を利かせてくれました
ボクは今度、旧館に泊まってみたいなぁと思っています♪
じゅん☆ | 2011/07/05 21:58
★おみさん
ぎゃっ!ぎゃっ!
死ぬまでにとは言わず
行きたい時が行き時ですよ
銀婚湯は高いというイメージがあるかもしれませんが
旧館だと一万円ちょっとで泊まれるので
なかなか良心的な価格設定だと思います
 
あれ、おみさん、なかなかチェックが厳しいですね
食事2人分ありますねー
誰と行ったのだろう?
彼氏かな?彼女かな?(謎)
 
宿泊者専用の貸し切り露天風呂は素晴らしかったですよ
今回は全露天風呂を制覇してきました!
露天風呂めぐりをする場合は早めのチェックインをオススメします
 
あー、おぼこ荘もイイですよね
http://505060.blog12.fc2.com/blog-entry-568.html
泊まってみたい温泉宿です
長万部の毛蟹2ハイのところもまた行きたいなぁ~
http://505060.blog12.fc2.com/blog-entry-563.html

みみのりって調べたら銀杏草という海藻らしいですね
じゅん☆ | 2011/07/05 21:59
★非公開(2011/07/05 15:12)さん
はい、行ってきました!
銀婚湯は行っておいて損は無いですね
銀婚式の年に泊まると何かあるらしいですよ
じゅん☆ | 2011/07/05 21:59
じゅんさんついに八雲妻の存在を認めましたね!( ゜Д゜)アワワッ!! 2011年のじゅんさんは違う…

みみのりの説明ありがとうございました♡。沖縄のミミガーみたいなものを想像してました…

ここの野天風呂を制覇するにはかなり時間がかかるんですね!聞いておいてよかった。ありがとうございます。もれなく貧乏なので旧館に泊まりたいと思います♪

あ、上のコメントで無駄に下側に余白入ってますね、すいませんでした~。節電の夏なのでムダも余計に省かなくては…
おみ | 2011/07/05 22:31
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2011/07/05 22:56
またまたこんばんわ~っすじゅん☆さん。

一度行ってみたい宿です。
やっぱ宿そのもの、お風呂、食事も一品一品に拘りがありそうで美味しそうです(*´∇`*)

ただ…

僕の住んでるとこからだと遠すぎて時間に余裕がないとなかなか行けなそうっす。
たっく | 2011/07/05 22:56
はじめてコメントさせていただきます。

多分、銀婚湯のあの夜、露天で真向かいだったのは私だと思います。

じゅんさんは、アクテビティ高いなぁと思います。

私たち夫婦は紅葉の頃を思って、「もみじの湯」はあえて未湯です。

また、お会いできたときは私の方から話ますね。
こやただ | 2011/07/05 23:59
★おみさん
またまたぁ~
ボクの妻はおみさんだけですよ e-266
人妻キラー・・・(謎)
あっ、人妻って禁止キーワードだった(笑)
 
沖縄のミミガーなんてあるのですね!
あぁ、沖縄行きたいなぁ~
沖縄はボクの思い出の地なのです♪
 
銀婚湯の野天風呂めぐりはそれなりに時間かかりますが
宿泊客が多いと順番待ちしなければいけないので
早めにチェックインして誰もいないうちに巡った方が良いです
じゅん☆ | 2011/07/06 19:43
★非公開(2011/07/05 22:56)さん
やっと銀婚湯へ泊まるコトができました
うわぁ~、充実した連休になりそうですねー
オソウシ温泉はいつか泊まりたいなぁと思っていました
トムラウシ方面は最近行っていないのですが
十勝辺りだと、池田清見温泉の泉質が変化したとかで
ちょっと気になっていました
 
手稲も薬湯が無くなってしまってからは
ほとんど行かなくなってしまいました
キャッツアイ→ドンキ→薬湯が黄金コースだったのですが・・・
千の湯は確か写真撮影禁止だったと思うので
どうも行く気がしません
月寒温泉とか行ってみたいと思っています
じゅん☆ | 2011/07/06 19:44
★たっくさん
純日本旅館といった雰囲気で良いですよ
食事も部屋食で豪華でした!
いつか行ってみてくださいね♪
じゅん☆ | 2011/07/06 19:44
★こやたださん
初めまして!
コメントありがとうです♪
えっ! 露天風呂でお会いしていましたか?
今度はいつ行けるか分からないので
全露天風呂を制覇してきました(笑)
紅葉時季は素晴らしいでしょうね
じゅん☆ | 2011/07/06 19:45
こんばんは~
銀婚湯イイですね♪温泉もすばらしいですが、部屋食での料理がおいしそうです!
うー、食べたい!(笑)
動画のネコちゃん、かわいすぎっ!じゅんさんに突進?!(笑)
はっく | 2011/07/06 23:58
じゅんさん初めまして。
温泉、畳の和室にマッサージチェアいいですね~!
私はしばらく日本に帰っていないので畳が懐かしく
じゅんさんのブログを見てほんのりさせて頂きました♪

夕食は部屋食なのはとても魅力ですね!
銀婚湯、いつか行きたい温泉の候補に挙げます♪

またお邪魔しますね。
Rose | 2011/07/07 02:57
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2011/07/07 10:38
>ボクの妻はおみさんだけですよ

にゃ!やっぱり?^(*^0^*)^>

じゃ、結婚式はコタン村のアイスチャペルで挙げて、その前に結納は函館の若松で☆、披露宴は網走の鶴雅、結婚一周年記念は江差町の「旅庭 群来 」、銀婚式はここ銀婚湯ってことで。きれいにまとまりましたね☆…


って、まるめこまれるところだった!ねこだけに…

妻がいてもガールフレンドがいても、夜のフレンドがいてもおかしくない、じゅんさんと言えども人の子。(;□;)

今月はじゅん☆ぶろファンの大失恋月間となりました!お~いみんなやけ酒だ~のむぞ~\(^O^)_U ☆。おみはクリアアサヒ

しかしじゅんさんの相方となるなら、麻生久美子以上中谷美紀以下、野湯は50以上巡り、ラブホは白老、映画村のリニューアル前をクリアしてないと許せない( ` ε ´ )ノ━ゥ!!!!

でもじゅんさんが結婚したらそれはそれで、「嫁はピラの湯Aに入っている間に、ぼくは夫婦の湯です。」とかのレポも楽しみです(・∀・)☆、でもラブホ記事は夫婦でレポすると違うジャンルになってしまうので無理強いできないです。えへへ
おみ | 2011/07/07 20:24
★はっくさん
銀婚湯、イイでしょ~
今度一緒に行きましょうね♪
やっぱり温泉宿は部屋食だなぁと思いました
動画のネコちゃん可愛いでしょー
ニャっニャって言って
ボクに突進してくる可愛いネコちゃんでした e-276
じゅん☆ | 2011/07/08 00:22
★Roseさん
遠いところからコメントありがとうです♪
やはり日本から離れると畳が恋しくなるのですね(笑)
銀婚湯はとてもオススメな温泉宿ですので
北海道へ来るコトがあったら
ぜひ、宿泊してみてくださいね♪
じゅん☆ | 2011/07/08 00:22
★非公開(2011/07/07 10:38)さん
以前に池田周辺の源泉井めぐりをやったのですが
やはり源泉井というのは私有地な場合が多く
そのほとんどがお蔵入りとなっていたりします
源泉井を記事にする場合は非常に気を遣いますね・・・
町有地とかの方がやりやすいです(笑)
 
札幌市内の温泉は、それはそれで好きなのですが
写真撮れないのでフラストレーションが溜まります
じゅん☆ | 2011/07/08 00:22
★おみさん
おみさん、まとめ方がうまいですね(笑)
まるめこめなくて残念・・・v-239
 
妻にガールフレンドに夜のフレンドとは
まさに桃源郷、絶倫野郎(謎)
 
おみさんはクリアアサヒですかー e-65
ボクは黒烏龍茶にしよっと♪
 
おみさんの基準、なかなか素晴らしいですね~
映画村のリニューアル前っていうのが
なかなか難易度高そう
ラブホ記事を夫婦でレポとか波乱の予感ですね
ラブチェアのレポとか実戦形式なのでしょうか・・・(謎)
あはは☆
じゅん☆ | 2011/07/08 00:23
こんには~♪
明日から北海道です!
今回は道南の温泉巡りを計画していますが
念願だった銀婚湯に泊まることになりました!
宿泊者専用の露天風呂をたっぷり楽しみたいと思っています♪
この時期だと虫がちょっと心配かな?

昨日は女満別で35℃もあったとか
今年の北海道は何だかとても暑そうですね~
和友 | 2012/08/23 17:19
★和友さん
こんばは~♪
おぉ、北海道へやってくるのですか!
道南めぐりとは羨ましいですねー
銀婚湯の宿泊者専用露天風呂は素晴らしいので
たっぷりと堪能してきてください
北海道は先週くらいから暑いですね
暑さに慣れていないので大変です・・・
じゅん☆ | 2012/08/23 21:52
じゅんさん初めまして★
先日念願の銀婚湯に宿泊してきました!
なんと去年の秋に「杉の湯」たるものができたということらしいので、さっそく入ってきました。一軒家みたいなつくりの素敵な野天でした。野天といってよいのか、内湯といってよいのか。女子たる者、野天風呂の中では、杉の湯が一番落ち着きました。ご存じでしたでしょうか。紅葉深まるこれから、虫もカメムシくらいになる頃、きっともみじの湯などは最高な雰囲気になるのでしょうね!
MOU | 2012/10/11 18:48
★MOUさん
初めまして!
コメントありがとうです♪
銀婚湯はイイですよねー
来月、道南旅行を計画しているので
銀婚湯にしょうかと思ったのですが
どうやら違うところになりそうな予感です
新しい宿泊者専用露天風呂ができたという話は聞いていました
また行かなければなぁと思っていたところです
今月下旬くらいが一番良い時期かもしれませんね
じゅん☆ | 2012/10/11 22:22
じゅん☆さま♪
お久しぶりです♪
銀婚湯さんに宿泊してきます。
じゅんさんのブログを拝読してからどうしても行きたくて、でもなかなかタイミングが合わずでしたが!やっと!
お昼ごはんも予約して、ゆったりのんびりしてきます。
ハイクラスのお宿に宿泊はできないので、じゅんさんのブログで堪能させていただきます♪
これからも楽しみにしております♪
なり | 2013/02/25 22:10
★なりさん
お久しぶりでした~♪
冬の銀婚湯も良さそうですね
冬期は閉鎖されている宿泊者専用露天風呂があるのでご注意ください
お昼ご飯付きというコトは連泊ですか?
イイなぁ、羨ましいなぁ~
もう少し近かったらスグにでも行きたいくらいです!
じゅん☆ | 2013/02/26 18:15
じゅん☆さま♪
たいへんな暴風雪でしたね。
大丈夫でしたでしょうか。

じゅんさんに教えていただいたので、お宿に問い合わせて3ヶ所入浴ができるとわかりました。
ありがとうございます♪
時間が2日しか取れなかったので、宿泊当日チェックイン前に昼食をいただきます。
23時間ゆっくり(謎)滞在いたします。
じゅんさんがすぐにでも行きたいと思うお宿!
選んでよかった!
自分への誕生日プレゼントなのです(笑顔)♪
来週が待ち遠しい。。。
なり | 2013/03/04 08:35
★なりさん
今回の暴風雪はビックリでした
開発局のHPをずっと見ていたのですが
次々と道路が通行止になって驚きましたね
ボクのところは陸の孤島と化していました・・・
結果的に9名の方が亡くなられたとのコトで
とても残念に思います
 
銀婚湯楽しんできてくださいね~♪
23時間もゆっくりできてイイなぁ
あぁ、道南へ行きたい・・・(笑)
じゅん☆ | 2013/03/04 22:26
ご無沙汰してます。最近お忙しいみたいですね。先月後半の連休で行ってきましたよ。落ち着く宿でした~。猫も元気にしてました(笑)。「杉の湯」という風呂が加わり、楽しみが増えてますよ。こちらは屋根付きの山小屋風の造りですが・・・。今回は水無海浜温泉、知内温泉、松前休養センター、見市温泉、磐石温泉、ここ、大船上の湯、函館の今ならタダで入れる湯(名前忘れました、確かパコの側で最近オープン)に入りました。あっ、見市のジュン君も元気でした。初日は松前の旅館Y荘に泊まりましたが、凄い食事だったね。温泉ではない分、サービス面で十分カバーしてました。機会あったら是非どうぞ。
なんなん | 2014/10/12 07:55
★なんなんさん
ご無沙汰でした~♪
最近更新していなくてゴメンなさい・・・
銀婚湯へ行ってきたのですかー
イイなぁ~
ネコちゃん達も元気なようで良かったです
新しい宿泊者専用風呂は「杉の湯」というのですね
いつかまた行ってみたいと思っております
今回も素晴らしい温泉を巡りましたね!
じゅん☆ | 2014/10/30 22:43
コメントの投稿 (Japanese text only)
 Secret : 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。