じゅん☆ブログ

銀婚湯(どんぐりの湯) 2011.07.17
どんぐりの湯の入湯札
銀婚湯の宿泊者専用露天風呂めぐりも今回が最終回となります。今回は3年ほど前に新しくできた「どんぐりの湯」を紹介しましょう。フロントで入湯札をもらい、吊り橋を渡ってどんぐりの湯をめざしました。
どんぐりの湯への道
落部川沿いの林の中にある小道を進んで行きます。秋にはドングリが転がっていそうな感じですね。途中には源泉小屋があって、その裏側には湯流れがありました。こういう湯流れを見つけてしまうと、子供用プールを広げて入浴してみたくなってしまいます・・・(笑)
どんぐりの湯へ到着
少し歩くと「どんぐりの湯」が見えてきました。こういった露天風呂が敷地内に点在しているというのはオモシロいですね。銀婚湯の魅力のひとつはこの野天風呂群と言っても良いでしょう。
隠れ家のようだ
入口の扉に鍵を掛けて先へ進むと、写真のような下り坂となっていました。これまた隠れ家のような雰囲気でワクワクしますね。下に小屋が見えます。
どんぐりの湯
坂を下ると「どんぐりの湯」が見えてきました。手前の小屋が脱衣所になっていて、その奥に円形の湯船が見えますね。
湯船
こちらがどんぐりの湯の湯船です。丸くて可愛らしい湯船ですね。横はちょっとした崖になっていて、その先に落部川が流れています。
入浴♪(その1)
さっそく入浴してみました。木の枝を刳り貫いて作ったと思われる変わった形の湯口から温泉が注がれています。湯口の温度を計ってみると47℃ありました。コンパクトな湯船が心地良いですね。
入浴♪(その2)
どんぐりの湯のお湯は、かつらの湯もみじの湯と同じモノで、川向1号(No.475-218)と川向3号(No.475-220)の混合泉となっています。泉質は成分総計7,606ミリグラムの含重曹食塩泉で、pH値は7.3とのコトでした。源泉温度が74.5℃もある高温泉なのですが、加水無しで上手く湯温調節されていますね。隠れ家的な露天風呂でとても気に入りました。

★銀婚湯 どんぐりの湯(ぎんこんゆ どんぐりのゆ)
 場所 : 北海道二海郡八雲町上の湯199
 電話 : 0137-67-3111
 営業 : 貸切露天風呂は日帰り入浴なし
 休業 : 冬期間
 宿泊 : 13:00-11:00
 泉質 : 含重曹食塩泉(中性低張性高温泉)
 成分 : 成分総計7,606ミリグラム
 泉源 : No.475-218・No.475-220
 備考 : 宿泊者専用
 感想 : ★★★★☆

  

Comment
こんばんわっしたぁ~!!じゅん☆さん♪
あららら、またヤッちゃいましたねぇ。
川沿いの林の中を歩きながら野天に向かう。
とってもあずましい感じの湯船。
そしてすんごい良い感じの湯口。
僕、ここ好きかも♪

めっちゃあずましそうですし。

ステキ過ぎますねぇ。

良いな!!

でもじゅん☆さんのステキな記事のおかげで目標が出来ましたね(笑)

あざっすm(__)m

今日も僕は週末恒例【芋焼酎】飲みながら楽しませて頂いてましたぁ♪♪
たっく | 2011/07/17 01:01
レポもこれが最後なんですか。さよなら銀婚湯(;□;)
入湯札は偽造できそう笑。

函館のお湯っぽいコンブ色のお湯ですね。ラビスタと根崎の漁火館を思い出します。漁火館のお湯は熱い…。

川沿いにあるのでなんだか蛇が入浴してそうです。いい温泉って蛇が入りにくるっていいますよね。でも野天風呂の中で一番凝った作りでいいです。脱衣所があつましい。
74.5℃の源泉が加水なしで利用できるなんてすごい手腕です☆。やっぱり旅行の一番のたのしみはお湯ですよね~。おみも夏に道南を巡るいくことに決めました☆
おみ | 2011/07/17 01:09
じゅん☆さん おはようです
ここもいいっすね~
森の中の秘湯っていう感じでしょうか
一人か二人で浸かるには最適な湯船ですね
ボクも一人か二人で浸かってみたいです(笑)
銀婚湯の宿泊者専用露天風呂の紹介ありがとうでした
どれも素晴らしかったです♪
確かに宿泊者専用にしなければ運営的に大変なことになっちゃいますね
道南で一番泊まってみたい宿ですがますます行きたくなりました!
じゅん☆さんは次回は子ども用プールを持参かな?(笑)

和友 | 2011/07/17 08:00
★たっくさん
こんばんは~♪
ココは坂を下って行く感じが楽しかったです
ボクも秋頃に再訪する目標をたてています
紅葉の野天風呂、
ステキだろうなぁ~ v-34
じゅん☆ | 2011/07/17 23:13
★おみさん
銀婚湯記事はまだ最後ではありませんよ
銀婚湯にはあと2つ浴室があるのです
もっともボクが紹介できるのは
あと1つだけですが・・・(謎)
 
あー、函館行きたいなぁ~
来月は連休取れそうなので
函館行こうかな?
 
漁火館って行ったコトなかったのですが
HP見てみるとこんな色のお湯ですね
函館の熱いお湯は大好きです♪
根崎湯も行ったのですが写真撮れなかった・・・
永寿湯の高温泉はリベンジしたいけれど
最近は熱いお湯に入るコトも少なくなったので無理だな
http://505060.blog12.fc2.com/blog-entry-733.html
 
銀婚湯の野天風呂は源泉100%とのコトなので
泉源からの距離とバルブ調節によって
泉温を調整しているのでしょうね
じゅん☆ | 2011/07/17 23:14
★和友さん
銀婚湯の宿泊者専用露天風呂特集
いかがでしたでしょうか?
ボク的には、かなり詳しく紹介したつもりなのですが
まだまだお伝えしきれていない面もありますね
この野天風呂というのは運営的には大変だと思いますよ
野天風呂と言えども料金取っている以上は
旅館業法の適用があるでしょうから
衛生管理だとか大変だと思います
じゅん☆ | 2011/07/17 23:15
再訪すかぁぁ~
じゅん☆さんよっぽど気に入ったんすね♪

秋の野天、ステキ過ぎるに決まってますよぉ!!

良いっすね☆
たっく | 2011/07/18 01:48
おはようございます♪
どんぐりの湯、やっぱり丸くて可愛い湯船ですね♪
銀婚湯には秋と冬にしか泊まった事が無いのですが、緑の濃い夏も素敵ですね☆
ただ、虫だけが心配。刺されるとパンパンにはれる体質なので・・・。
やはり、じゅん☆さんが再訪予定の秋にしようかなぁ~。
お庭の紅葉が本当に深紅で綺麗だし☆
でも、今すぐ行ってみたい気もします♪
紹介出来ない、もう一つのお湯も気になります!
たいやき | 2011/07/18 09:55
よかった!まだ銀婚湯の続きがあるんですね!
実は私、この土地で生まれて5歳まで過ごしたんですが、
あの頃は岩風呂の内湯しかなかった。
脱衣所は男女に分かれているんだけど
お風呂は混浴でした。
男女に分かれてそれぞれの露天風呂もできたのに、
こんな貸切露天まで!
そのうち、宿泊して制覇したいです~
じゅんさん、報告ありがとう~
ナースB | 2011/07/18 16:21
★たっくさん
秋が一番良いだろうなぁと思っています♪
じゅん☆ | 2011/07/18 23:02
★たいやきさん
銀婚湯は秋が一番良いのではないかと思います
今度行く時は旧館に泊まってみたいなぁと思っています
古い方が好きなモノですから・・・(笑)
紹介できないもうひとつのお湯は
ウロウロしていたら何となく分かるかもしれません(謎)
ただ、お湯がちょっと違う可能性はありますね
予想では源泉1号(No.475-147)のみかなぁと・・・
じゅん☆ | 2011/07/18 23:03
★ナースBさん
そうでした!
ナースBさんは道南育ちでしたね
おそらく上の湯小学校とかもご存じでしょうか?
http://blog-imgs-43.fc2.com/5/0/5/505060/1107182300.jpg
ほぉー、昔は銀婚湯にも混浴風呂があったのですかぁ~
それで、現在の渓流の湯には脱衣所が2つあるのかな?
http://505060.blog12.fc2.com/blog-entry-269.html
この辺りには温泉ボーリング井が結構あるので
今度はゆっくりとそちらの方も探索してみたいです♪
じゅん☆ | 2011/07/18 23:04
じゅんさん函館きてきて♡(^o^)

おみは来月の20日あたりから函館に居ます~。永寿湯や富岡温泉もいいと思いますが、陣川温泉やにしき温泉もいいですよ☆(西ききょう温泉グランドはよくいきましたが、いくたび笑ってました…。すごいところですよね。温泉痛じゃない人はびっくりです。)
 南茅部の町民保養センターにも来てほしいけど、すでに下の湯、しかもあたりの野湯まで制覇しているじゅんさんに上の湯をすすめるのは蛇足ですね。いつかおみはひろめ荘にも泊まってみたいです。
 函館からの帰りはなんと長万部のカニのホテルに泊まります!。安く泊まれることもできるみたいなんですが、もちろんかに2ハイのプランです☆えへへ節約がんばってます^^。

まだ銀婚湯のレポあるんですね~^^さすが大作です。銀婚湯今年は入りにいけるといいな~♪

泉温の調節の仕方の説明ありがとうございます☆わかりやすかったです~

おみ | 2011/07/18 23:31
銀婚湯素敵ですね♪
やはりじゅんさんみたいに宿泊して満喫しなくては!!
と、強く思いました。
素敵な湯船の写真にとても癒されました~。

そして言うまでも無くじゅんさんのおケツにも♪
ふ~ | 2011/07/19 02:20
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2011/07/19 14:18
★おみさん
うん!函館行く(笑)
西ききょう温泉も泉源が変わったようなので行きたいな
http://505060.blog12.fc2.com/blog-entry-251.html
ひろめ荘は入口まで行ったのですが
入らないで帰ってきてしまいました
大船中の湯の再訪もしたいので
ぜひとも泊まりで行ってみたいですね♪
http://505060.blog12.fc2.com/blog-entry-851.html
おみさんは長万部温泉ホテルへ泊まるのですね!
あそこは絶対オススメです
カニ食べたいなぁ~
毛ガニ2杯のインパクトは絶大でした!
http://505060.blog12.fc2.com/blog-entry-563.html
銀婚湯の記事は次回が最終回のようです
じゅん☆ | 2011/07/19 19:29
★ふ~さん
銀婚湯の良さは宿泊しないと分かりませんね
今回は野天風呂めぐりで忙しかったので
今度訪問する時は温泉はほどほどにして
ちょっとのんびり過ごしたいと思います♪
じゅん☆ | 2011/07/19 19:30
★非公開(2011/07/19 14:18)さん
あっ、どうもありがとうです♪
今日はちょっと具合悪いので
そのうち特典画像を用意します(笑)
じゅん☆ | 2011/07/19 19:33
わ~い♡

ひろめ荘は新しいからじゅんさんがお気に召すかわかりませんが、町民保養センターは古い浴場の雰囲気がいい感じです。
男子風呂はわかりませんが、女風呂の露天では春先には真っ白な硫黄の湯面に一本生えた桜の花びらが広がって風情があるんです。(でもたしか硫黄泉って白濁してるほうが新鮮じゃないんですよね(汗))車で帰らないので、今回も大船にはいけませんが、またいつか必ず見たいな~。

タイプど真ん中の長万部ホテルを知ることができたのはじゅんさんブログのおかげです(^□^)。じゅんさんのおかげでたくさんの行ってみたい温泉を知ることができました。もうじゅんさんは「北海道温泉協会」からお給料をもらったほうがいいです!笑


おみ | 2011/07/20 14:12
★おみさん
あぁ、町民保養センターの方が良さそうですね!
今、ちょっと本気で計画練ってます(笑)
長万部温泉ホテルも再訪したいなぁ~
じゅん☆ | 2011/07/21 01:32
コメントの投稿 (Japanese text only)
 Secret :