じゅん☆ブログ

スポンサーサイト --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  

屈斜路原野ユースゲストハウス 2012.01.06
屈斜路原野ユースゲストハウス(YGH)
弟子屈町(てしかがちょう)にある「屈斜路原野ユースゲストハウス」へ行ってきました。和琴半島近くの原野にオモシロい形の建物があります。ココが今回の目的地です。ユースホステル系の宿って泊まるの初めてなのでワクワクしますね。ボクのように団体行動が苦手な人でも大丈夫なのでしょうか? さっそく中へ入ってみましょう。
多目的ホール
中へ入ると天井の高いホールがあります。この吹き抜けは素晴らしいですね。テレビやダーツマシーンがあり、旅人の交流の場といった感じとなっていました。食事もこのホールで提供されます。大きな窓があって、開放感のある空間となっていました。
客室エリア
二階は客室エリアとなっています。階段を上ったところに読書コーナーもありました。客室は全部で7部屋あって、それぞれに星座の名前が付けれられています。二階の廊下は回廊のようになっていてオモシロいですね。
ホール
二階部分からホールを見おろしてみました。夜はココで折り紙教室やムックリ教室、生キャラメル作り体験やダーツ大会などが開催されたりもするようです。それにしても、この建物のデザインはなかなか素晴らしいですよね。
客室の様子(その1)
こちらが本日宿泊する山小屋風ロフト部屋です。ユースホステルはドミトリーと呼ばれる相部屋が基本で、この部屋も相部屋なのですが、本日の宿泊者はボクだけなので、好きなベッドを利用できます。知らない旅人と相部屋でお話しするのもオモシロそうですが、プライベートな空間が無いので、そういうのが苦手な方は繁忙期を避けて、のんびり泊まった方が良いでしょう。
客室の様子(その2)
山小屋風というコトでロフトもありました。部屋の中央に梯子があってロフト部分へ上れるようになっています。客室内にトイレはありませんが、共同の洗面台があって、ドライヤーも用意されていました。
こちらはロフト部分です。どのベッドにしようか迷いましたが、せっかくなのでロフトのベッドを陣取るコトにしました。冬期間はロフト部分の方が暖かい感じです。こういうところって、何だか合宿とか宿泊研修みたいな雰囲気でオモシロいですよね。なお、知らない異性と同室になるコトは無いとのコトでした。客室内での飲酒と喫煙は禁止となっています。
共同トイレ
こちらは一階にある共同トイレです。二階の客室エリアにトイレは無いので、夜中にオシッコしたくなったら、一階まで降りてこなければなりません。横には30分100円で利用できるコインランドリーがありました。
浴室の様子
トイレの横には男女別の浴室がありました。写真は女湯です。女湯の方が男湯よりも広い感じとなっていました。湯温を計ってみると41℃ほどです。お湯は湯口に取り付けられたゴムホースを通って湯中へ直接注がれていました。湯船の中に循環用の湯口があるのですが、これは過去に水道水を利用していた時の名残と思われます。5年ほど前から温泉に切り替えたとのコトでした。
入浴♪
こちらは男湯です。さっそく入浴してみると、しっとりとした感じの浴感でした。脱衣所に掲示されている温泉成分表によると、この温泉(No.160-040)の源泉名はヌプリオンド温泉で、pH値は8.84、成分総計1,227ミリグラムの含石膏芒硝泉とのコトでした。源泉温度51.8℃のお湯を源泉かけ流しで利用しています。チェックイン直後に入った時はぬるめでしたが、夜になると湯温が上がっていました。数値ほどのツルツル感は感じられませんでしたが、硫酸イオンが多く含まれており、鎮静効果があるモノと思われます。無色透明無味無臭な感じでした。
夕食♪
さて、夕食の時間となりました。夕食は一階のホールにある食堂でいただきます。カジュアル懐石プランというコトで、一品づつ提供されました。左上の方から、スモークサーモン、天ぷら、茶碗蒸し、デザートのプリンです。この他にご飯とお吸い物が付きました。スモークサーモンは自家製というコトで美味しかったですね。天ぷらも揚げたてのモノが提供されました。茶碗蒸しはレアな感じのあつあつスープ感覚です。デザートのプリンも美味しくいただきました。今度宿泊する時は鹿肉の料理も食べてみたいですね。夜8時くらいからコーヒーと紅茶のサービス(無料)もあり、ボクは紅茶をいただきました。ご主人は関西出身の方で、いろいろお話をしてオモシロかったです。
就寝♪
夜になって部屋の窓から外を見ると星空が素晴らしくキレイでした。何だかボーっと30分くらい星空を眺めていたかな? 5人部屋を一人で占領するというのも贅沢な感じでしたね。お風呂は24時間入浴できるので、夜中も温泉へ入って温まりました。たっぷり温泉を楽しんだ後は、ロフトへ上って就寝です。
朝食♪
翌朝の朝食です。宿泊客の多い日はバイキングなのですが、今回はボク一人だったので一般的な和食となっていました。正面に外の景色が見えてキレイでしたね。
外の景色
チェックアウトは9時となっています。少し早目にチェックアウトしてクルマのところへ行くと、窓がガッツリ凍っていました。今朝は気温が低かったようで、氷点下15℃くらいになっていたようです。クルマが暖まるまで付近を探索してみました。ちょうど日が昇り始めていて清々しい感じですね。北海道のこういう朝って、なまら寒いんですよぉ~。この後は和琴半島へでも行こうかと思いましたが、あまりに寒かったので、真っ直ぐ帰るコトにしました。さて、屈斜路原野ユースゲストハウスですが、ユースホステル系の宿というのは相部屋が基本なので、なかなか行き難いという方も多いかもしれません。しかし、オフシーズンともなると、案外ゆったりと利用できるコトが多いような気がします。今回もどうなるのかなぁと思って予約したので、オフシーズンは一人部屋保障プランとかあるとイイのかなぁと思いました。

★屈斜路原野ユースゲストハウス(くっしゃろげんやゆーすげすとはうす)
 場所 : 北海道川上郡弟子屈町屈斜路原野443の1
 電話 : 015-484-2609
 営業 : 日帰り入浴なし
 休業 : 不定休
 宿泊 : 13:00-09:00
 泉質 : 含石膏芒硝泉(アルカリ性低張性高温泉)
 成分 : 成分総計1,227ミリグラム(Na・Ca-SO4)
 泉源 : No.160-040(ヌプリオンド温泉)
 備考 : シャンプー等あり・ドライヤーあり・相部屋
 感想 : ★★★☆☆

  

Comment
おお!
ユースホテルってこんなんなんだ~。よくわかってませんでした。
それにしても建物、新し目じゃないですか?じゅんさんも感動してましたが、内装もグッドデザインですね~。
ドミトリーってシステムもお恥ずかしながら初めてしりました。
ええ~、知らない人といきなり部屋が一緒て@@、とびっくり。
 変な目的で泊まりにくるような男性がいて、女性が二人きりで泊まらされたらどうすんだ~危険!っっ
 、、て思いましたが、相部屋になることはないんですね^0^ほっ。宿の予約受付でちゃんと部屋組を考えてくれてるんでしょうか。
 今は物騒な時代ですからね~。旅行で知らぬ人と、老若男女問わず仲良くなれるのは旅の一番の醍醐味ですが、「自己責任」をしっかり自覚しないと旅をする資格はない、と思います。
 いろいろ境界のない時代ですが、徳に女性はいつも被害に合うかもしれない、という危機感をもって、自分は自分で守る意識が必要だと思います。
 と、たまには真面目に書いてみました。=^Q^=にゃにゃ。
 なんだかいろいろ勘違いしてましたが、ちゃんと宿の方がいるんですね~。ご飯も自分で作り、掃除とかも自分でやるもんなのかと思ってました^^;。ドミトリー式なだけで、あとは普通のホテルと同じような感じだと思えば良いでしょうか。(宿泊料金はちょっと安いと。)
ごはんもおいしそうですね~。プリンが魅力的です☆
部屋の名前は星座っていいですね、夏の大三角形とオリオン座ですね。図書室の小部屋も良い感じです。単体の旅人同士でもいいけど、家族でわらわらきて、好きなベットを選びあって、も楽しい思い出になりそう。
温泉も悪くなさそうですね。ホースがポイントです。
小さな弟子屈にこんな魅力的な場所があるとは。
 おみは正月鶴雅デビューしてきましたよ~。正月の鶴雅(阿寒)は行くもんじゃないですね~。でもしっかり温泉は…♡。次のおみブロでレポ(できたら…)したいと思います。帰りは危険が危ない阿寒横断道路を避け、回り道して帰ってきたら、オーロラ温泉の前に出ました。あんなところにあるんですね~。雪が溶けたら行こうと思います。
「ロフトへ上って」の写真…今年初笑いです(笑)。
☆おみ☆ | 2012/01/06 23:55
じゅんさんこんばんは~
ユースホステル系なのにここはおしゃれな感じですね
しかも温泉付き(笑)
ホールの雰囲気がとてもステキですよね
でも相部屋になるとなんだか気まずいです~mioも苦手です
かなり前に増毛のユースホステルに泊まりましたが
その時も繁忙期ではなかったので1人で部屋を使わせてもらいました
ユースホステルは安く泊まれるので閑散期がいいかもしれません
閑散期の1人部屋プランっていいですよね
会員になると宿泊費が一般で泊まるより安くなったように思います
ここは違うのかな?
食事も温かいものが出て来るなんてちょっと魅力的です♪
温泉も貸切で良かったですね~
ここのお湯に何人もいっぺんに入るのはキツイでしょう(笑)
じゅんさんの足が写っている入浴写真のお湯がとろりと見えます
お知らせ画像もそうですが
じゅんさんが梯子を登る姿が女性に見えてしまいました(笑)
星空を眺めながら眠れるなんて素敵です!
mio | 2012/01/07 00:25
すばらしい!
じゅんさんは、ドミトリーでも全裸なんですね!
私もこの部屋に泊まればよかった!!!!
ではまた。
kaz | 2012/01/07 00:27
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2012/01/07 00:42
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2012/01/07 00:53
じゅん☆さん☆今年も宜しくお願い致します♪
昨日、遅めの正月南紀温泉旅行から無事帰って来ました♪
海沿いの温泉郷、泉質、ロケーション共に素晴らしかったです♪
ユースゲストハウスとは思えない、個性的でオシャレな空間ですね☆
貸し切りであったとは羨ましい~☆この時期ならではのご褒美ですね☆
そして、掛け流しの温泉!心づくしのお料理等、最高ですね☆
新年にふさわしい素敵なお写真、有難うございました☆
たいやき | 2012/01/07 10:39
じゅんさん、こんにちは
(・∀・)ノ
お尻写真久々にみました。パンツは撮影用ですか?
なんか気になります。
みなみん | 2012/01/07 11:44
会長も友人と泊まった事有ります。
道新ぶんぶんクラブカード持参で・・・(笑)
地味なユースのイメージとは異なり、開けたユースと言った感じでした。
会長の時は外国人まで来ていた気がします。
温泉の方も掛け流しで言うまでもないと思います。確か石膏に近い感じがします。
近くのコタン温泉とはずいぶん異なりますね。
料理も中々な物だと記憶しています。
会長 | 2012/01/07 18:02
ユースホステルが登場ですね
ボクも学生のころ貧乏旅行で泊まったことがありますよ
今もさほど裕福ではないですけど・・・(笑)
こちらのユースホステルは立派ですね~
それにとっても楽しそうな部屋です
朝は氷点下15℃ですか!
めっちゃ寒そう
最近は氷点下を体験する機会はめったにないので
寒さにめっぽう弱くなっているかもしれません

ロフトへ上ってる写真
おもしろいアングルですね(笑)
和友 | 2012/01/07 18:33
久しぶりにコメントします。
いつも楽しみにしていますよ。
今年もよろしくお願いします。
久々にきれいなおしりを見れて満足です。
今年もいい年になりそうです(笑)
| 2012/01/08 20:52
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2012/01/09 09:39
★☆おみ☆さん
ココは以前から気にはなっていたのですが
冬でも営業しているそうなので行ってみました
知らない人と相部屋というのが何とも楽しそうですが
ボクはオシリ出せないと困るので
閑散期を狙ったというワケです(笑)
さすがに男女相部屋は無いでしょうね~
ボクなんかは寝相悪いですから
朝起きたらスッポンポンで誰かの布団へ
潜り込んでいたりする危険性があります・・・(謎)
 
オフシーズンは普通の宿といった感じですが
シーズン中は「交流」がテーマかもしれませんね
まぁ、交流したくない人は放っておいてくれるものです
 
食事は鹿肉料理にしておけばよかったと思います
ネコちゃんがいるらしいのですが逢えなくて残念でした
 
部屋に星座の名前が付いているのは
夜の星空を見て納得できました
ホントに綺麗な星空だったなぁ~☆
 
ボクも正月に鶴雅デビューしてきましたよ!
ウワサに聞いていた正治6号源泉も飲んできました
微弱鉄味で美味しかったです♪
じゅん☆ | 2012/01/09 22:59
★mioさん
こんばんは~♪
ユースホステル系の宿は初めて泊まったのですが
なかなかオモシロい雰囲気でしたね
相部屋になったらどうしようとか思っていましたが
当日の宿泊者はボクだけで
嬉しいような寂しいような・・・(笑)
 
お湯は石膏泉系な感じで
他の弟子屈にある温泉とは違う感じでした
これだから弟子屈は侮れません!
 
梯子を登る写真は、この部屋の様子を体現したような感じです
イメージが伝わったでしょうか?(笑)
ロフトの下にあるベッドは星空を眺めながら眠るコトができますが
寝る前にカーテンを閉めないと風邪をひいてしまうかもしれません
じゅん☆ | 2012/01/09 22:59
★kazさん
kazさんと相部屋だったら
鎧を装着して眠るかもしれません・・・(笑)
じゅん☆ | 2012/01/09 23:00
★非公開(2012/01/07 00:42)さん
こんばんは~♪
料理は鹿肉料理にしておけば良かったなぁと思っています
ボクはロフトのある部屋が大好きなので
ココの客室はとても気に入りましたね~
ロフトの寝床は鉄パイプでガードされているので
余程、寝相が悪いとかでなければ落ちるコトはないでしょう(笑)
シングル保障プラン、イイですよね!
相部屋になるかもしれないとなると
躊躇してしまう人も多いと思うんですよぉ
 
この付近はヌプリオンド温泉の別荘地なので
他にも住んでいる人がいます
「ゲストハウス てぃんくる」っていうのもありますね
http://www.jalan.net/onsen/OSN_S_2797.html
じゅん☆ | 2012/01/09 23:00
★非公開(2012/01/07 00:53)さん
連休は温泉旅行へ行っていました♪
屈斜路湖周辺には沢山の温泉宿があるんですよー
今年は徹底的に泊まる予定ですのでお楽しみに~♪
じゅん☆ | 2012/01/09 23:01
★たいやきさん
今年もよろしくです♪
お正月の温泉旅行はイイですよね~
ボクもこの連休は温泉三昧しておりました
ヌプリオンド温泉というのは初めて入ったのですが
なかなか興味深い泉質でしたねー
じゅん☆ | 2012/01/09 23:01
★みなみんさん
こんばんは~♪
今回のパンツは非常用です!
じゅん☆ | 2012/01/09 23:01
★会長さん
ぶんぶんクラブだと少し安くなるのかな?
YHとYGHはちょっと違った感じかもしれませんね
温泉に興味があって宿泊してみましたが
やはり弟子屈の温泉は不思議だなぁと思いました
これほど多種多様な泉質の温泉地も珍しいでしょう
今年は南の方を攻めようかな?(笑)
じゅん☆ | 2012/01/09 23:02
★和友さん
ユースゲストハウスが登場です!
ロフト付きの部屋ってオモシロいですよね
寝るなら絶対ロフトです(笑)
じゅん☆ | 2012/01/09 23:02
★翔さん
今年もよろしくです♪
いつも楽しみにしていてくれてありがと!
今度、翔ちゃんと一緒に温泉へ行って
お尻ツーショット撮らないといけないなぁ~(笑)
じゅん☆ | 2012/01/09 23:04
★非公開(2012/01/09 09:39)さん
今年もよろしくです♪
当該箇所は管理者権限で修正させていただきました
対応が遅れたコトをお詫びいたします
じゅん☆ | 2012/01/09 23:04
★お知らせ♪
次回予告↓
http://blog-imgs-37.fc2.com/5/0/5/505060/1201092220.jpg
モール温泉ビール!?
おしらせ♪ | 2012/01/09 23:05
昨年11月に一人で旅行した際にこちらでランチをいただきました
エゾ鹿のロースト定食おいしかったです
屈斜路湖周辺の温泉とは泉質が違うんですね
また行きたくなりました
名古屋koh-chin | 2012/01/09 23:13
十勝川温泉かな^^

じゅんさんおかえり♪

じゅんさんも正月阿寒の鶴雅行ってたんですか~>0<あん。またニアミス★
その正治うんちゃらってお湯は存在すら知りませんでした(笑)。天然水しか飲まなかったよ~

☆おみ☆ | 2012/01/10 02:15
ところでじゅんさんア◯ィリエイト始めたんですか?
右のバナー前までありませんでしたよね・v・?
きわどい下着の広告とか載ってじゅんさんらしいです笑
☆おみ☆ | 2012/01/10 02:17
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2012/01/10 12:09
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2012/01/10 18:43
★名古屋koh-chinさん
ユーチンチェフォー♪
ココの鹿肉料理はぜひとも食べてみたいです!
泉質が興味深いですよね
屈斜路湖周辺とはまた違った感じです
弟子屈、オモシロ過ぎだなぁ~
じゅん☆ | 2012/01/10 22:03
このコメントは管理者の承認待ちです
- | 2012/01/10 22:04
★非公開(2012/01/10 12:09)さん
今回は三泊四日で温泉を満喫してきました~♪
凄いところへも行ってきたので
記事になるのを楽しみにしていてください!
じゅん☆ | 2012/01/10 22:04
★非公開(2012/01/10 18:43)さん
予告画像はおとなしめなのですよー
最初はスッポンポンで上っていましたから・・・
 
あー、500マイル、イイですね~♪
今年こそは泊まってみたいなぁ
いままで二回断られていますから・・・
ボクは今回の連休は勝負に出ましたよ!(謎)
今年は「ふる川」とかにも行きたいと思っております
 
非公開さんも今年一年、健やかに過ごされますよう
お祈りしております♪
じゅん☆ | 2012/01/10 22:04
なるほど食べログですね^^笑。

阿寒は知られざる10番目の鶴雅でしょうか。レポ楽しみにしてます♪
☆おみ☆ | 2012/01/10 23:21
お久しぶりです。。。
今年も宜しくお願いします。。
そしてたくさんの更新楽しみにしています♪
~ロフトへ上って~
下からリアルに見てみたいです(笑)
いつかじゅん☆さんに会いたいなぁ~
☆☆☆ | 2012/01/13 09:55
★☆☆☆さん
お久しぶりでした~♪
今年もよろしくです!
~ロフトへ上って~の写真は
リアルで見るとかなり滑稽なので
想像上の光景にとどめておいた方が良いらしいですよ!
いつか会ったら、見るチャンスがあるのかもしれません(笑)
じゅん☆ | 2012/01/13 20:01
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2012/01/13 22:33
★非公開(2012/01/13 22:33)さん
星空の写真も撮ったのですが
ただの真っ暗な画像でダメでした・・・
代わりにオリオンの写真を↓
http://blog-imgs-37.fc2.com/5/0/5/505060/1201140900.jpg
じゅん☆ | 2012/01/14 09:11
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2012/01/14 14:02
コメントの投稿 (Japanese text only)
 Secret : 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。