じゅん☆ブログ

養老牛温泉 ホテル養老牛(大浴場) 2012.06.24
中標津町(なかしべつちょう)の養老牛温泉(ようろううしおんせん)にある「ホテル養老牛」へ行ってきました。養老牛温泉では以前に隣の「湯宿だいいち」へ宿泊していますが、今回は「ホテル養老牛」へ宿泊してみたいと思います。ホテル前にある駐車場には温泉犬の「ふく」が居ました。おばあちゃん犬だそうです。
八畳和室
チェックイン手続きを済ませると、宿の方が客室まで案内してくれました。八畳のシンプルな和室で落ち着いた雰囲気ですね。部屋の窓からはチャチャ橋や遠くの山々が見えました。それでは室内の様子を見ていきましょう。
客室の様子
温泉宿らしい和室ですね。出入口部分には水洗トイレと洗面台があります。テーブルの上にはお茶セットお菓子が置いてありました。クローゼットの中には浴衣類タオルセットが収納されています。液晶テレビフリーの冷蔵庫電子ケトル等も設置されていました。それでは浴衣に着替えて温泉へ行ってみましょう。
温泉卓球
大浴場入口横に休憩場のようなスペースがあって、そこには卓球台がありました。ラケットや玉も置いてあるので温泉卓球を楽しめますね。ラケットは4つあるのでダブルスも可能です。その傍らにはレトロなUFOキャッチャーきゃっちまんというゲーム機も置いてありました(動作確認未済)。横にはマッサージチェアもあります。正面の壁にヒグマの毛皮が飾られていました。推定体重400キログラムのヒグマとのコトで、ボクの体重の8倍以上ありますねー!
男湯の脱衣所
男湯の脱衣所です。洗面台が2つあって、無料のドライヤーが設置されていました。体重計も置いてあります。大浴場はチェックインからチェックアウトまで24時間利用できるとのコトでした。それではスッポンポンになって浴室へ入ってみましょう。
大浴場
浴室の様子です。左側に大浴槽、右奥に小浴槽がありました。右側にはシャワー付きの洗い場があって、シャンプー等も備え付けられています。洗い場の手前にも小さな湯船らしきモノがありましたが、現在は使われていないようでした。
大浴槽
こちらは大浴槽です。ドバドバと温泉が注がれかけ流されていました。湯温は38℃から40℃とぬるめな感じになっているので、加水されているモノと思われます。奥の方が浅い感じとなっているので、寝湯みたいな体勢で入浴してダラダラするのも良いかもしれませんね。のんびりと入浴できる感じの湯船でした。
小浴槽
こちらは小浴槽です。こちらの湯船は湯温が44℃と熱めな感じとなっていました。熱くて気持ちイイ~♪ 左上には露天風呂の出入口が見えますね。カラダが熱くなったので露天風呂へ行ってみるコトにしましょう。
露天風呂
こちらがホテル養老牛の露天風呂です。こじんまりとした露天風呂ですが良い雰囲気ですね。外気に触れると火照ったカラダがスッキリします。湯船横にプラスチック製の掻き混ぜ棒が置いてありましたが、これは雰囲気的に木製の方がイイかなと思いました。
入浴♪
さっそく入浴してみました。塀の向こう側は女湯の露天風呂となっているようです。湯口から78℃もある高温の源泉が注がれているのですが、湯船の湯温はちょうど良い感じとなっていました。湯口の湯温からも分かるように、こちらの湯船は加水無しの源泉かけ流しですね。うっかり源泉に触れてヤケドしないように注意しましょう。脱衣所に掲示されている温泉分析書によると、泉質は成分総計1,786ミリグラムの含石膏食塩泉で、源泉温度は81.9℃とのコトです。養老牛温泉らしい無色透明な高温泉で、浴後は肌がスベスベになる良泉でした。
露天風呂からの眺め
露天風呂からは標津川の流れ対岸の様子を眺めるコトができました。朝方入浴していると対岸にキタキツネや野鳥が現れたりして癒される感じです。対岸にはもともと温泉宿があったようですが、現在は取り壊され池のようなモノが残されていました。源泉施設のような場所もあるので遠巻きに探索してみるのもオモシロいかもしれません。奥には今度泊まってみようと思っている「旅館藤や」があって、その横の道を上って行くと「からまつの湯」があります。都会から来た方は何も無い場所だなぁと思うかもしれませんが、自然豊かで何も無いのがイイのですよね。次回は楽しみにしていたホテル養老牛の食事を紹介したいと思います。

★養老牛温泉 ホテル養老牛(ようろううしおんせん ほてるようろううし)
 場所 : 北海道標津郡中標津町養老牛519
 電話 : 0153-78-2224
 料金 : 500円
 営業 : 12:00-21:00
 休業 : 年中無休
 宿泊 : 15:00-10:00
 泉質 : 含石膏食塩泉(中性低張性高温泉)
 成分 : 成分総計1,786ミリグラム(Na・Ca-Cl・SO4)
 泉源 : 自然湧出(養老牛温泉)
 備考 : 2019年6月2日をもって閉館
 感想 : ★★★★☆
  

Comment
じゅん☆さん、こんにちは♪
少し疲れたので、ふと拝見したら、
ホテル養老牛じゃないですか♪
こちら、凄く気になっていました☆
露天風呂、やはりステキですね☆
ふくちゃん、かわいい~~☆
でも、毎回だいいち宿泊になってしまうので、行けずにいました。
(実は今年も両親のリクエストでだいいちの新館を予約済みなんです^^)
お料理も評判だそうなので、次回の更新も楽しみにしています♪
あと少し、仕事頑張れそうです(^_^)v
たいやき | 2012/06/25 15:31
★たいやきさん
こんばんは~♪
ホテル養老牛が登場しましたねー
ボクも前々から気になっていました
露天風呂は湯宿だいいちの方が多彩ですが
こちらはとても空いているのでゆっくりできました
湯宿だいいちの新館は気になっています
新しい浴室もできたとか
ホテル養老牛の食事はかなり良かったですよ~
特集記事で紹介したいと思います♪
じゅん☆ | 2012/06/25 18:41
こんばんは~
こちらの近辺の温泉はすべて河川側にあるのですか?
だいいちもそうですよね?
ココら辺は行ったことがないので一度宿泊しに行きたいです♪
ふくろうさんも来るんですよね?!
温泉犬さんご老犬だけど、ふくよかだわ~
だから名前もふくちゃんなのかしら?!(笑)
はっく | 2012/06/25 19:30
★はっくさん
こんばんは~♪
この近辺の泉源は河川の近くにありますね
山中に廃井とかもあるので
もしかしたら何かあるのかもしれません(謎)
養老牛でフクロウは見たコト無いのですが
旅館藤やによく来るらしいですね
ボクは湯宿だいいちの露天風呂でエゾクロテンに遭遇しましたよ!
温泉犬ふくの名前の由来までは聞きませんでしたが
可愛らしい名前ですよね♪
じゅん☆ | 2012/06/25 21:31
毎週じゅんさんの裸楽しみにしています。
のり | 2012/06/26 00:30
じゅんさんおはようございます
ここゆっくり出来そうで良いなぁ~
空いているならのんびり入れますね
こういうお風呂大好きです
周りが自然で何もないのがイイですよね~
前回養老牛温泉に行った時にからまつの湯に入れなかったので
いつかまたチャレンジしたいと思っています!

・・・じゅんさんの体重見てビックリ!
お腹に内蔵入っているのかしら?と思うくらい(笑)

ご飯も美味しいようですね~
次の記事も楽しみにしています!
mio | 2012/06/26 09:55
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2012/06/26 15:01
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2012/06/26 16:07
★のりさん
毎週楽しみにしてくれてありがとうです♪
今、札幌の記事を作っているので
来月あたり登場するかもしれませんよ!
お楽しみに~♪
じゅん☆ | 2012/06/26 19:57
★mioさん
こんばんは~♪
ココはゆっくりできましたよー
混んでいないのが良かったですね
次の日の朝はからまつの湯へ行きました
 
体重計画像は久しぶりに登場しましたね
ボク的にはこの体重がベストなのです(笑)
 
食事はとても美味しかったので
食事だけの記事を作っています
お楽しみに~♪
じゅん☆ | 2012/06/26 19:57
★非公開(2012/06/26 15:01)さん
遂に出ましたよ!
あらためて養老牛温泉はイイなぁと思いました
次回は料理特集もありますよ♪
何だか見られなくなっていたようで
ゴメンなさい
じゅん☆ | 2012/06/26 19:57
★非公開(2012/06/26 16:07)さん
こんばんは~♪
湯宿だいいちも良いのですが
ホテル養老牛も違った良さがあると思いますね
部屋食の食事がとても気に入りました
次回は夕食を紹介しようと思います
じゅん☆ | 2012/06/26 19:58
懐かしいです。2005年の秋にバイク旅行の途中で泊まったことがありましたっけ。
ここってもっと以前は「養老牛荘」って言ったんですよね。
工事関係の方が長期に泊まることもよくあったとか。
新館とか旧館(本館?)とかいう区別もありましたが今はどうなんでしょ。

翌年には「D」に、去年は「F」にも泊まりましたが、私的にはやはり「D」が一番でした~w
のじじ。 | 2012/06/27 10:27
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2012/06/27 18:04
★のじじ。さん
ほぉー、養老牛温泉の全宿を制覇しているのですね
ホテル養老牛は小山旅館から始まり
養老牛荘→旅テル養老牛荘と歴史を重ねて
創業から80年以上経っているのですね!
http://youroushi.com/toukanrekisi.htm
旧館、新館の区別は今でもあるようで
ボクが泊まった客室は新館ですね
じゅん☆ | 2012/06/27 19:07
★非公開(2012/06/27 18:04)さん
今日は暑かったですねー
仕事が休みだったので
某日帰り入浴施設へ行って一日中ボーっとしていました
NHKは録画していましたよ
NHKの旅番組は結構好きです
 
励ましのお言葉ありがとうです♪
いろいろな人が居ますよね~
じゅん☆ | 2012/06/27 19:08
★お知らせ♪
ホテル養老牛から暑中お見舞いのハガキが届きました~
温泉犬の「ふく」ちゃんも登場しています
こういうのって嬉しいですよね
またいつか泊まってみたいと思います♪
http://blog-imgs-56.fc2.com/5/0/5/505060/1208151919.jpg
おしらせ♪ | 2012/08/15 19:35
なぁーっ?!
ニャンちゃんだ♡
お耳がピンとしていてチョーかわいい~♪
黄色のハウスだし!
じゅんさん、黒色はやっぱり赤が似合うと思う・・・
ちなみにうちの黒ちゃんは赤いイチゴのハウスです(笑)
あっ!写真に載っているふくちゃん、じゅんさんが写した時よりも
若干痩せているような・・・(謎)
はっく | 2012/08/15 23:18
★はっくさん
黒猫のザネリはツンデレなのです
赤いのあったら赤いの買ったのですが
この黄色いのが現品限りの安売りだったので
帯広土産に音更で買ってきました(笑)
ふくちゃんは痩せて見えますが
これは暑いのでトリミングしたのだそうです
御心配なく♪
じゅん☆ | 2012/08/17 18:31
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- | 2014/09/27 02:24
★非公開(2014/09/27 02:24)さん
ホテル養老牛はボクもお気に入りです♪
お料理が美味しいですよね!
Wifiが使用できるとは知りませんでした
家族風呂は全制覇しましたか?(笑)
連泊も良さそうだなぁ~
あぁー、ゆっくり温泉で過ごしたい・・・
 
ホテル養老牛のHPによると
湯宿だいいちの開業が昭和4年(旧第一旅館)
ホテル養老牛の開業が昭和5年(旧小山旅館)
旅館藤やの開業が昭和40年(旧温泉旅館藤屋)
とのコトですね
http://youroushi.com/
 
からまつの湯は先客が居ると何だか入りづらいですよね
雪が降ったら行ってこようかな?
http://505060.blog12.fc2.com/blog-entry-1027.html
じゅん☆ | 2014/10/04 21:34
コメントの投稿 (Japanese text only)
 Secret :